2018年1月14日 (日)

オールスターキャスト

ケネス・ブラナー監督『オリエント急行殺人事件』を観る。あまり期待はできないけど(だって、ケネス・ブラナーはサスペンスの演出が下手なんだもん)、アガサ・クリスティー好きとしては観ないわけにはいかないっしょ。

Orient_express

登場人物が、総じて、原作より若くなっている印象。ポアロのアクションもあるし(ま、サービスとしてちょっと入れてみました、程度だけど)。そのせいか、やたら忙しないというか、優雅さに欠けるというか。

オリエント急行が立ち往生する雪崩がこれまたド派手で、しかも、場所が山腹の高架橋だったりして、些かやり過ぎな気も。やり過ぎと言えば、ポワロの髭も如何なものかと。

アーバスノット大佐を若い黒人の医師に変更したのはユニオンの関係ですか? それ以外にも人種差別問題を入れてきてたし、そのあたりは非常に今時だな、と。

印象的だったのは、容疑者たちをガラス越しに写して二重に見せることで、彼らの二面性を表現していたこと。あと、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画《最後の晩餐》を思わせる容疑者横並びのクライマックスも。あそこのミシェル・ファイファーはさすがでしたね〜(エンディングで流れる「Never Forget」を歌ってたのは彼女なのか)。

キャストに関して言えば、デイジー・リドリーの聡明さ、ジョニー・デップの悪どさ、ウィレム・デフォーの変身ぶりもよかった。

そうそう、ダンサーのセルゲイ・ポルーニンがアンドレニ伯爵役で出ていたンだけど、序盤で華麗な回し蹴りを披露しただけで、その後はほとんど出番なし。う〜む。

それにしても、ドラマ版『オリエント急行の殺人』(『名探偵ポワロ』シーズン12)は傑作だったよのぉ。凍てつく風景に陰鬱な雰囲気。罪と罰、法と秩序、信仰と贖罪……ロザリオを手にポワロが神と対話する姿は忘れられません。

◎本日の読書
 なし

|

2018年1月 6日 (土)

久しぶりのヒッチコック

シネマヴェーラ渋谷で《アルフレッド・ヒッチコック監督特集》を観る。『見知らぬ乗客』と『パラダイン夫人の恋』の二本立て。ヒッチコック作品は数が多いせいか、記憶がごっちゃになってしまい、いつも途中から細部を思い出すのよね。今回もそんな感じ。

『見知らぬ乗客』は原作(パトリシア・ハイスミスの同名小説)の新訳を読んだばかりだったので、序盤では違和感を覚えたものの、中盤から、俄然、面白くなり、終わってみればこれはこれでありかな、と。

主人公ガイ・ヘインズ(ファーリー・グレンジャー)の職業、ライターや眼鏡、ネクタイといった小道具、クライマックスでの暴走するメリーゴーラウンドなどなど、映画オリジナルのあれやこれやがサスペンスを効果的に盛り上げる。冒頭のガイとブルーノ──原作ではチャールズ・アンソニー・ブルーノ、映画ではブルーノ・アントニー──(ロバート・ウォーカー)の出会いを足元だけで見せていくあたりも巧い。

何気にブルーノの母親(マリオン・ローン)が怖かったり。あの母親なら息子がサイコパスになっても不思議はないさね。

『パラダイン夫人の恋』は、なんつーか、そのまんまやん、ってお話。自分でもよくわからないンだけど、勝手に「ラトゥールは夫人の息子」と思い込んでいて、終わった瞬間、え? これで終わり? となってしまったよ。トホホ。

どちらの作品にも出演していて、何気にレオ・G・キャロル特集でもあったな(『見知らぬ乗客』ではモートン上院議員、『パラダイン夫人の恋』ではジョセフ検事)。

◎本日の読書
 なし

|

2018年1月 2日 (火)

謹賀新年

新しい一年が始まりました。
心身共に健やかに。
観劇はゆるゆると。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

◎本日の読書
 なし

|

2017年12月26日 (火)

焦った〜

イーゴリしゃんの右目の下に炎症らしきものを見つけて、急いでとおる(掛かりつけの動物病院の先生)のところへ。

Cat_igor_11

診察の結果、単なる引っかき傷と判明し、軟膏を処方してもらって帰宅。とおるに「ずいぶん大きくなったね」とか「コミュニケーションが取れてるみたいだね」とか言われて、何となくhappyな気分。

イーゴリしゃんについて、たまにメールをいただくのですが、個別に対応できなくてすみません。ちゃんと読んでおります。これからもよろしくお願いいたします。

◎本日の読書
 『見知らぬ乗客』パトリシア・ハイスミス

|

2017年12月20日 (水)

俯せ寝

うちのイーゴリしゃんはよく俯せで寝ています。

Cat_igor_10

眩しいのかしらん?

今週を乗り切れば、年内の仕事はほぼ終わったも同然。がんばろー!

◎本日の読書
 『見知らぬ乗客』パトリシア・ハイスミス

|

2017年12月11日 (月)

国立劇場 社会人のための文楽鑑賞教室

2017年12月7日(木)〜19日(火) 国立劇場 小劇場
http://www.ntj.jac.go.jp/

文楽を観てみたいという友人と一緒に。ここ最近、チケットを取るのが難しくなってきていて(実際、『ひらかな盛衰記』は取れなかった)、取れるかどうか心配だったンだけど、何とか無事get。本日も「満員御礼」。

» 続きを読む

|

2017年12月10日 (日)

スターダンサーズ・バレエ団『くるみ割り人形』

2017年12月9日(土)〜10日(日) テアトロ・ジーリオ・ショウワ
https://www.sdballet.com/

[音楽]P. I. チャイコフスキー [演出・振付]鈴木稔
[舞台美術・衣裳]ディック・バード [照明]足立恒
[マスク・小道具]ロバート・アルソップ 
[指揮]田中良和 [管弦楽]テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ
[コーラス]ゆりがおか児童合唱団

» 続きを読む

|

2017年12月 5日 (火)

もう12月

さすがに今月は、イベントやらコンサートやら仕事が立て込んでいる。12月22日(金)の研修発表会も行けそうにない。せっかく米吉クンが八重垣姫をやるというのに……。ちえっ。

とりあえず、どこのバレエ団でもいいから、『くるみ割り人形』は観たいぞ。

◎本日の読書
 『湖の男』アーナルデュル・インドリダソン

|

2017年11月21日 (火)

日本バレエ協会の『ライモンダ』

日本バレエ協会の2018都民芸術フェスティバル参加公演『ライモンダ』のチケット発売がひっそりと始まっておりました。
http://www.j-b-a.or.jp/stages/2017tomin-fest_bayadere/

発表されているキャストは主役のみ。

3月10日(土) 午後5時15分開場・午後6時開演

ライモンダ:下村由理恵
ジャン・ド・ブリエンヌ:橋本直樹

3月11日(日) 午後12時15分開場・午後1時開演

ライモンダ:米沢唯
ジャン・ド・ブリエンヌ:芳賀望

3月11日(日) 午後5時15分開場・午後6時開演

ライモンダ:酒井はな
ジャン・ド・ブリエンヌ:浅田良和

今年1月に上演した『ラ・バヤデール』はプレイガイドとかでも発売していたのに、今回は日本バレエ協会(03-5437-0372)だけらしい。

酒井はなさんの古典は見逃せないので、是が非でも行きたいけど、週末介護をしていると、こんな先のスケジュールはそうそう決められないのよね。

【追記】
チケットぴあでも11月27日(月)10:00より発売するようです。
http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1756356

【さらに追記】
チケット情報が追加されてました。

チケットのお求めは;日本バレエ協会 03-5437-0372 (発売中)
          インターミューズ・トーキョウ 03-3475-6870(発売中)
          東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650(発売中)
          チケットぴあ(Pコード:483-388) 0570-02-9999
           発券入力中:11月27日(月)午前10時より販売可
          eプラス eee.eplus.co.jp
           発券入力中:11月29日(水)午前10時より販売可

※一部プレイガイドでの販売が遅くなりました事、お詫び申し上げます。

◎本日の読書
 『ドクター・マーフィー』ジム・トンプスン

|

2017年11月17日 (金)

イーゴリ・コールプの出演情報

リンク: 第5回公演 of BALLET TRADITION.

◉公演情報

【日時】2018年4月12日(木)
    18:30開演(18:00開場)
【会場】新宿文化センター 大ホール(予定)

【演目】
《白鳥の湖》第二幕より
《ラ・バヤデール》第二幕より
《カルメン》  ほか
※演目は予定です。変更になる場合もございます。

【チケット】
 席種により7,500〜9,500円を予定
※チケットの発売は、2018年2月を予定しております。

やったー! 来年またコールプを観られる!!!
彼を呼んでくれるのは、今では田北さんくらいしかいないよな。おまけに、キエフ・バレエのニキータ・スホルーコフも一緒だなんて。これは何が何でも行かねばなるまい。

◎本日の読書
 『罪責の神々』マイクル・コナリー

|

«〜躍動〜 牧阿佐美バレヱ団 よみうり大手町ホール特別公演