2017年6月25日 (日)

先週に引き続き

ヒューマントラストシネマ渋谷『嘆きの王冠 〜ホロウ・クラウン〜』を観る。

ここはやはり年代順に観ないとね……ってことで、本日は『ヘンリー四世 Part1 & 2』。ンが、監督も脚本も違うので、『リチャード二世』からの連続性はあまり感じられず。ただ、リチャード二世の呪詛を聞いた後だと、ヘンリー四世が王位簒奪に対して深い罪の意識を抱き、贖罪のためにエルサレム遠征を考えるのも当然かな、と。

ヘンリー四世のジェレミー・アイアンズはさすがの巧さ。若手を立てて自分は脇に回っているようで、持っていくところはしっかり持っていく。

ハル王子のトム・ヒドルストンは、放蕩息子にしては、少々、落ち着き過ぎの感がなきにしもあらず。反面、最後のフォルスタッフ(サイモン・ラッセル・ビールが好演!)の拒絶は苛烈で、切り捨てる側の残酷さがよく出ていた。

そして、今回は『刑事ヴァランダー』(トム・ヒドルストンがヴァランダーの同僚刑事役で出演)や『LAW & ORDER: UK』(コルヴィル役のドミニク・ローワンが検事役で出演)を思い浮かべたり。海外のミステリドラマばかり観てるからだよな。

ちなみに、昨年の新国立劇場の舞台(感想はここここ)がハル王子の成長物語なら、本作は王冠が主役というか、まさしく王位継承の物語だった。

◎本日の読書
 『ブラックボックス』マイクル・コナリー

|

2017年6月18日 (日)

聖セバスチャンのモティーフ

ヒューマントラストシネマ渋谷『嘆きの王冠 〜ホロウ・クラウン〜』の『リチャード二世』を観る。

同性愛の守護聖人である聖セバスチャンのモティーフが効果的に使われている。特に、最後のベン・ウィショーの姿には胸を衝かれた。

観ている最中、アガサ・クリスティを思い浮かべてしまったのは、ヨーク公のデヴィッド・スーシェ(エルキュール・ポワロ役で有名)とオーマール公のトム・ヒューズ(『ミス・マープル6/終わりなき夜に生まれつく』主演)のせい?

オーマール公と言えば、彼にリチャード二世を暗殺させたのにはビックリした! ま、あれはあれで説得力あるよな。

どうでもいいけど、実際には「ボリングブルック」と呼んでいるのに、字幕は「ヘンリー」となっているのが、気になって気になって。

予告編のナレーションは河合祥一郎先生。ご自分の声がいいことを、よ〜くわかってらっしゃる(笑)。

◎本日の読書
 『ブラックボックス』マイクル・コナリー

|

ウリヤーナ・ロパートキナが引退

マリインスキー劇場がウリヤーナ・ロパートキナの引退を発表。
https://www.mariinsky.ru/news1/2017/06/16_3

こちらはVKの記事。舞台写真もあり。
https://vk.com/wall-130074765_1202

今シーズンは怪我で休んでいたけど、結局、それが治らなかった、ってこと? そうなると、引退公演もなし? それもまた彼女らしい。

『白鳥の湖』、『瀕死の白鳥』、『ジュエルズ』のダイヤモンド、『シェエラザード』、『パ・ド・カトル』、『アンナ・カレーニナ』、『愛の伝説』……数々の名演が目に浮かぶ。でも、一番印象に残っているのはイーゴリ・コールプと踊った『パヴロワとチェケッティ』だったり。あ、コールプとは『ザ・グラン・パ・ド・ドゥ』もあったっけ。

何はともあれ、お疲れ様でした。

ってことで、本日観た映画については、別エントリーにて。

|

2017年6月15日 (木)

結局

ボリショイ・バレエの来日公演は1回も観に行けませんでした。

SNSで「バレエファンなら、絶対、行くべき!」なんて書き込みを目にするたびに、寂しさを禁じ得ない。こんな状態がいつまで続くのやら。やれやれ。

さ、深呼吸して頑張ろう。

◎本日の読書
 なし

|

2017年6月11日 (日)

ヴィレッヂ『クヒオ大佐の妻』

2017年5月19日(金)~6月11日(日) 東京芸術劇場 シアターウエスト
http://kuhiowife.com

[作・演出]吉田大八 [美術]伊藤雅子 [照明]佐藤啓 [音響]加藤温
[衣裳]高木阿友子 [ヘアメイク]二宮ミハル [殺陣指導]前田悟

» 続きを読む

|

2017年6月10日 (土)

牧阿佐美バレヱ団『ドン・キホーテ』

2017年6月10日(土)〜11日(日) 文京シビックホール 大ホール
http://ambt.jp/

[演出・振付]アザーリ・M・プリセツキー、ワレンティーナ・サーヴィナ(プティパ、ゴルスキー版に基づく)
[作曲]レオン・ミンクス [美術・装置]川口直次 [衣装]川口弘子
[指揮]デヴィッド・ガルフォース [演奏]東京オーケストラMIRAI

» 続きを読む

|

2017年6月 6日 (火)

マリインスキー・バレエの来日は2018年

リンク: 【速報!!】マリインスキー・バレエ 2018年来日公演!!|ニュース|音楽事務所ジャパン・アーツ.

<速報!>マリインスキー・バレエ2018年来日公演決定!!

2018年11~12月に来日が決定!!
≪プログラム≫
チャイコフスキー「白鳥の湖」
ミンクス「ドン・キホーテ」  ほか

主な予定ソリストは、ヴィクトリア・テリョーシキナ、エカテリーナ・コンダウーロワ、オクサーナ・スコーリク、レナータ・シャキロワ、ウワジーミル・シクリャローフ、キミン・キム、ティムール・アスケロフ、ザンダー・パリッシュ。

……全然、ワクワクしないンですけど。ま、1年以上も先の話なので、変更もあるでしょうね。

ってことで、本日はイーゴリ・コールプさんの誕生日でございます。

С днём рождения, Игорь!

何とまぁ、彼も40歳ですよ。いつまで踊る姿を観られるのかしらん?

それにしても、一昨年にサンクトペテルブルクへ行っておいて、ほんっとによかった。今にして思えば、親の介護が始まって、時間的にも経済的にも余裕がなくなることを予知していたのかも。

さてさて、来日公演真っ最中のボリショイ・バレエはどうしようかしらん? 『パリの炎』くらい観ておきたいンだけど、介護って何かとお金かかるし、この先のことを考えると……って、愚痴になってしまったわ。トホホ。

◎本日の読書
 『宿命の地』ロバート・ゴダード

|

2017年5月30日 (火)

赤坂文楽 #17 〜文楽の伝統を受け継ぐ 其の八〜

2017年5月30日(火) 赤坂区民センター 区民ホール
http://www.kissport.or.jp/

前回がとても面白かったので、再びの赤坂文楽。基本的に火曜日はLIVEの仕事を入れないことになっているので、火曜日開催は助かるわ〜。いや、今日もほぼ満員!

» 続きを読む

|

2017年5月28日 (日)

国立劇場 五月文楽公演 第一部

2017年5月13日(土)〜29日(月) 国立劇場 小劇場
http://www.ntj.jac.go.jp/

文楽の襲名披露口上は歌舞伎のそれよりやや堅苦しい印象。列座している全員が挨拶するわけじゃないンだ。知らなかった!(知らないことはまだまだありそう)

» 続きを読む

|

2017年5月13日 (土)

国立劇場 五月文楽公演 第二部

2017年5月13日(土)〜29日(月) 国立劇場 小劇場
http://www.ntj.jac.go.jp/

Roda_maneki

本日初日。ロビーには六代 豊竹呂太夫襲名披露を祝うまねき。華やかですね〜。でも、私が襲名披露口上と襲名披露狂言を観るのはもう少し先の話。まずは第二部から。

» 続きを読む

|

«團菊祭五月大歌舞伎 夜の部