« 牧阿佐美バレヱ団『白鳥の湖』 | トップページ | 第10回 世界バレエフェスティバル ガラ・パフォーマンス »

2003年6月28日 (土)

新国立劇場バレエ団『ラ・シルフィード』『パキータ』

2003年6月28日(土) 新国立劇場 オペラ劇場

ディアナ・ヴィシニョーワ&イーゴリ・コルプの『パキータ』目当てで出かけた新国立劇場でしたが、やや期待外れの結果に……。

ヴィシニョーワはどうみても調子悪そう(それでも、新国のダンサーと比べると、テクニックも存在感も何もかも別格)。コール・ドもソリストも安定感が全然ないし、そのうえ、コルプまで、何だかなぁ、って感じ。
唯一慰められたのが、パ・ド・トロワのグレゴリー・バリノフの存在。踊りがとても陽性なので、観ているとHappyになれます(笑)。

順番が前後しましたが、先に観た『ラ・シルフィード』は意外と楽しめました。

志賀三佐枝のシルフィードは本当に可憐。動きも軽やかで、着地の音もほとんどしない。
小嶋直也のジェームスは頭悪そうな感じ(ホント、何なのでしょうね、このジェームスって奴)がよく出ていました。キルトを翻しての跳躍もダイナミックで素晴らしかったです。やはり巧いダンサーですね。
エフィの中村美佳が好演。マッジの西川貴子もよくやっていたと思いますが、占い師(ってゆうか、魔法使い?)の怪し気な雰囲気はイマイチなかったかなぁ。

|

« 牧阿佐美バレヱ団『白鳥の湖』 | トップページ | 第10回 世界バレエフェスティバル ガラ・パフォーマンス »

イーゴリ・コールプ」カテゴリの記事

2003年鑑賞記録」カテゴリの記事