« 東京バレエ団創立40周年記念公演『白鳥の湖』 | トップページ | 彩の国シェイクスピア・シリーズ第13弾『タイタス・アンドロニカス』 »

2004年1月28日 (水)

レニングラード国立バレエ『バヤデルカ』

2004年1月28日(水) 東京文化会館

[振付]マリウス・プティパ [作曲]レオン・ミンクス
[演出・改訂振付]ニコライ・ボヤルチコフ
[指揮]アンドレイ・アニハーノフ [管弦楽]レニングラード国立歌劇場管弦楽団

初めて観るスヴェトラーナ・ザハロワ。スターのオーラというものを、まざまざと見せつける。本当に本当に素晴らしかった。やはり“格”が違いますなぁ。そして、一年ぶりのルジマトフ。ますます枯れてきたような……。
客席には、昨日、主役を踊ったイリーナ・ペレンの姿があった。かなり図々しい態度でサインを頼んでいる人もいたが、にこやかに対応。その少し後方の席には草刈民代(『ピンク・フロイド・バレエ』楽しみにしているよん)。

ニキヤ(バヤデルカ):スヴェトラーナ・ザハロワ
ソロル(騎士):ファルフ・ルジマトフ
ガムザッティ:オクサーナ・シェスタコワ

大僧正:アンドレイ・ブレクバーゼ
ドゥグマンタ(ラジャ):アレクセイ・マラーホフ
マグダヴィア(苦行僧):ラシッド・マミン
アイヤ:ユリア・ザイツェワ
奴隷:イーゴリ・フィリモーノフ

黄金の偶像:ロマン・ミハリョフ
太鼓の踊り:エカテリーナ・エフィーモア、アンドレイ・マスロボエフ、デニス・トルマチョフ
マヌー(壺の踊り):タチアナ・クレンコワ

幻影の場ヴァリエーション:タチアナ・ミリツェワ、オリガ・ステパノワ、イリーナ・コシェレワ

【第1幕】

登場した瞬間に舞台の空気を一変させるスヴェトラーナ・ザハロワ。
手足の隅々まで神経が行き届き、一瞬一瞬が完璧なまでに美しい。そして、さらに、ヴェールが取り払われると、舞姫としてのオーラ全開! これなら、大僧正じゃなくても恋に落ちるわ。実際、幕が開くまでは、「久しぶりのルジマトフ〜」な私だったのに、ザハロワを目にした途端、その神々しい美しさに圧倒されてしまい、その後は彼女ばかりを観ていたよ。
特に印象的だったのが、マグダヴィアから恋人の伝言(逢瀬の約束)を伝えられた時の光り輝くような笑顔。神に仕える舞姫から恋する乙女へ。いや、もう、ステキ(はあと)。

ニキヤとソロルのパ・ド・ドゥ。“身分違いの恋”というメロドラマ的テーマと情緒的な音楽。ふたりを待っている悲劇的な運命をたっぷりと予感させて終わる。

ガムザッティのオクサーナ・シェスタコワが、ザハロワに負けてなるものかと、高慢なお嬢を好演。敵役がよくないと、こういう物語は説得力なくなるからね。

【第2幕】

ガムザッティとソロルの婚約式。
あ、痛っ! 象に乗るルジマトフの表情を楽しみにしていたのに、天蓋付きだから見えないじゃんかよぉ(泣)。でも、列席者(で、いいのだろうか?)の中にマラト・シェミウノフ発見。相変わらず、背が高いなぁ。ディベルティスマンの間は、隣に座ったドゥグマンタのアレクセイ・マラーホフと密談してみたり。んー、女性の品定め(あ、もちろん役柄としてね)でもしていたのか?

黄金の偶像のロマン・ミハリョフ、今日も踊る踊る。でも、身体を金色に塗っているンじゃなくて、ぴったりした衣裳を着ているのね。ちょっと興醒め。
太鼓の踊りのエカテリーナ・エフィーモワが小気味いい。

ガムザッティとソロルのグラン・パ・ド・ドゥ。ふたりの踊りがぴったり揃っていて、何かそれだけで華やかな気分になる。シェスタコワはテクニックも安定していて、とってもいいねぇ。

ニキヤが踊り始めると、「一体、私はどこを観たらいいの?!」というぐらい、ガムザッティとソロルが細かい演技をしている。ガムザッティが窺うようにソロルを見ていたり(高慢さの奥にそこはかとなく不安を覗かせるシェスタコワの表情がいい!)、それに気づいたソロルが彼女の手を取ったり、ンで、その後、ガムザッティが勝ち誇ったようにニキヤを見たり……。

ニキヤが蛇に噛まれた後がまた凄い。彼女に駆け寄ろうとするソロルと、それを制止するガムザッティとドゥグマンタ。そして、大僧正から薬を渡されたニキヤは救いを求めるようにソロルを見るが、彼はなす術を知らず立ち竦むだけ。んー、ドラマティック。

【第3幕】

《影の王国》。
ニキヤとソロルが本当に美しい。思わず溜息が出てしまうほど神秘的。 まさに「幻影の場」。衣裳がシンプルな分、ザハロワ自身の美しさ、そして、踊りの美しさが協調されて、終始うっとり〜。

ルジマトフも、ここにきて一気に爆発したような(正直、1幕も2幕も印象がかなり薄かったのよ)。特に、アダージオの最後、下手に去っていくニキヤを長い長いアラベスクで見送るところや、着地後のキメをたっぷりと見せるところなど、何ともルジマトフらしい。
アラベスクでふらふらするダンサーも数人いたけど、コール・ドもよかった。

ガムザッティとソロルの結婚式。
花嫁と花婿の前にニキヤの亡霊(ヴェールを被っている)が現れる。ソロルはガムザッティに花を捧げるが、それを後から次々と奪っていくニキヤ。最後に、舞台中央で跪く新郎新婦。その手が合わさると、上から奪った花を降らせるニキヤ。我に帰るソロル。轟く雷鳴。神の怒りにより世界は崩壊、人々は滅びる……の筈が、一瞬の暗転の後、崩壊した世界を1枚の白いヴェールが飛び去り、それを追いかけるように登場する大僧正。それって、妙じゃないか?
白いヴェールまではいいよ、ニキヤを象徴しているンだろうから。でも、大僧正はマズいでしょう。だいたい、真っ先に滅ぶべきじゃないのか、彼奴は。

それはともかく、ここまでオケが押さえたペースだったので、「もっと歌ってくれよ〜」と、かなり欲求不満状態だった私。ンが、ここで一気に盛り上がる。なるほど。ラストを際立たせるために、あらかじめ押さえていたのね。

カーテンコールが激しかった〜。観客が舞台に向かって押し寄せている、って感じ。でも、それぐらい素晴らしい舞台だった。ただ、この作品はたくさんの出演者を必要とするため、日本人のエキストラがかなり混じっているンだけど、彼らの存在は微妙(笑)。

|

« 東京バレエ団創立40周年記念公演『白鳥の湖』 | トップページ | 彩の国シェイクスピア・シリーズ第13弾『タイタス・アンドロニカス』 »

2004年鑑賞記録」カテゴリの記事