« シアター・ドラマシティ ダンスアクトシリーズ vol.4『盤上の敵』 | トップページ | 東京バレエ団創立40周年記念公演『ドン・キホーテ』 »

2004年8月21日 (土)

東京バレエ団創立40周年記念公演《創立40周年記念ガラ》

2004年8月21日(土) 東京文化会館

[指揮]ミッシェル・ケヴァル [演奏]東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

今春、牧阿佐美バレヱ団から東京バレエ団に電撃移籍した上野水香の日本お披露目公演、もとい、東京バレエ団《創立40周年記念ガラ》。キャスト違いで両日観るつもりが、仕事の都合で2日目を放出。ま、そんなこともあるさね。
ロビーに置いてあるモニターでは海外公演のカーテンコールばかりを集めた映像を流し、柱や壁には過去の公演ポスターを展示。そうそう、『東京バレエ団のあゆみ』みたいなタイトルの豪華本(1冊15,000円也)も売っていた。かなり重たそうだったけど、買った人いるのかしらん?

『レ・シルフィード』
[振付]ミハイル・フォーキン [音楽]フレデリック・ショパン

プレリュード:斎藤友佳理
詩人:木村和夫
ワルツ:佐野志織
マズルカ:遠藤千春
コリフェ:大島由賀子、福井ゆい

「ショパンのいくつかのピアノ曲を用いた一幕のバレエ」だそうな。
幕開け、隣の客が「太田胃酸」と呟く(『24の前奏曲』より第7番)。やられたよ。今日はただでさえ舞台が遠いンだから、余計なツッコミせんでくれ。集中できないじゃないか。

斎藤友佳里、見るからにシルフィードはお手のもの、って感じ。ただ、ワタクシ的には、“悲劇を体現しているような踊り”というか、要するに、あの“泣き”が苦手。情感が入り過ぎるのかしらん? 踊りは軽いのに、醸し出す空気は重い。佐野志織、遠藤千春、大島由賀子、福井ゆいが、それはそれは軽やかで大らかな陽性の踊りだったので、余計そう思ったのかも。

木村和夫もどっちかと言うと悲劇タイプ? っていうか、生真面目タイプ? 何か、引率の先生みたい。
このコール・ドって、あまり踊らないのね。ほとんど背景と化していたぞ。

『パーフェクト・コンセプション』
[振付]イリ・キリアン
[音楽]ヨハン・セバスチャン・バッハ、ジョン・ケージ、レスリー・スタック ※テープによる演奏
[装置・照明デザイン]ミヒャエル・シモン

井脇幸江、吉岡美佳、飯田宗孝、大嶋正樹

今日の白眉はこれでしょう!
逆さ吊りされた樹木のオブジェ、天井からぶら下がる照明(途中から舞台上をゆっくり旋回する)、座布団みたいな着脱自由の青いチュチュ。ジョン・ケージやレスリー・スタックの現代音楽に、グレン・グールドの弾く『ゴールドベルグ変奏曲』with 唸り声(ピアノやベースには声を出す奏者が多い)。

イリ・キリアンって、喰えない人やね〜。不条理とユーモアが同居した、何とも興味深い作品だわ。
新加入の大嶋正樹、他の3人と比較すると消化不良な感がなきにしもあらず。そして、飯田宗孝のウエスト回り……。

そう言えば、途中で子供が騒いでいた? 速やかにロビーに連れ出しましょう。

『椿姫』
[振付]ジョン・ノイマイヤー [音楽]フレデリック・ショパン [ピアノ演奏]高岸浩子

斎藤友佳理、高岸直樹

あると思っていたソファがない、とか、ピアノの第1音の音色やタッチが記憶しているそれと違う、とか、こうくると思っていた予想が裏切られると修正するのに時間がかかる。ま、とりあえず、よくも悪くも“別物”ってことで。

作品に没頭できなかった代わりに、振付そのものをじっくり観察できた。いや、見れば見るほど、よくできている。音楽のスピードと振付の間に生じる微妙な齟齬すらも計算のように思えてみたり。

高岸直樹が若者特有の一途さ、性急さ、残酷さといったものを見事に表現していて驚く。若いってことは、ある意味、固いってことで、高岸にはちゃんとその固さがあるのだ(踊りが固いってことじゃないっすよ)。パートナーを振り落とさんばかりの荒っぽいリフトもよかった。
斎藤友佳理の“泣き”も、この手の作品だと生きる。

『バクチ III』
[振付]モーリス・ベジャール [音楽]インドの伝統音楽 ※テープによる演奏
[衣裳]ジェルミナル・カサド

シャクティ:上野水香
シヴァ:後藤晴雄

「ヒンズー教をテーマとし、ヒンズー音楽を用いた」作品。全体は3つのパートからなる。今回、上演されたのは3つ目のパート。なお、“バクチ”とは、ヒンズー語で“親愛”を意味するそうな。
作品自体が初見なので、ダンサーが悪いのか、振付が悪いのか、イマイチその判断に苦しむが、正直、全然面白くなかった。

少しふっくらした? とか、相変わらず、化粧は下手だわ、とか、その表情にその腰の振り方は萎えるだろ、とか、変なアクセントつけちゃダメだよ、とか、10秒に1回ぐらいのペースでツッコミ入れているうちに終わっちゃったよ。あらら、後藤晴雄の記憶がまったくないわ……。

それほどベジャールを観ていない私でさえ、「それはベジャールじゃないだろう」と、思う。バレエ団を変わったからといって、すぐに踊りが変わるわけではないからね(ってゆうか、むしろ下手になっていないか?)。おまけに、カーテンコールでは袖に入り損ねるというボケまでかましているし。緊張していた? う〜む、そういう問題でもないような。
移籍当初のインタビューによると、一度はバレエを止めようとまで思っていたそうだけど、もしかして、すでにダンサーとしての気構えを失っている? ホントにホントに大丈夫???

それにしても、他所様の古典音楽を扱うなら、もう少し謙虚になってくれ。>ベジャール

『エチュード』
[振付]ハラルド・ランダー [音楽]カール・チェルニー、クヌドーゲ・リーサゲル

エトワール:吉岡美佳、木村和夫、高岸直樹

特別なストーリーはなく、チェルニーの練習曲にのせて、ダンサーが次々とテクニックを披露していく作品。まさに、エチュード。もちろん、オケにとっても(笑)。

冒頭、少しだけ幕が開き、ひとりのダンサーが登場(たぶん、小出領子)。五つの足のポジションを見せ、最後にプリエ。ンで、幕が完全に開くと、舞台にはバーが置かれ、黒いチュチュのダンサーたちによる練習風景が始まる。しかも、脚だけに照明が当たるという念の入れよう。

その後は、大勢のダンサーが入れ替わり立ち替わりテクニックを披露し、加速度的にテンションを高め、最後は全員勢揃いした華やかなフィナーレ……って筈が、う〜む、全体的に詰めが甘い。コール・ドはバラバラだし、エトワールも後半みんな息切れ。うー、不完全燃焼だ。

すべて終わってみれば、斎藤、高岸を筆頭としたベテラン陣の健闘が目につく。もっと若手、特に男性陣の活躍が観たかったな。最後の『エチュード』なんかは、高橋竜太、古川和則、中島周あたりを器用して欲しかったような(メチャメチャ自分の好み入っています)。でも、こういうクラシックばりばりの作品は、彼らにはまだ厳しいのかしらん?
さらに言えば、太田美和と武田明子が出ていなかったのも、かなり残念。怪我?

指揮者のミッシェル・ケヴァル、かなり足腰ヤバそう。 出入りの時はスタッフらしき人がずっと付いていたし、椅子に座ったまま棒振っていたし。結局、ラストのカーテンコールも指揮者台から動かず、スタッフが迎えに来るまでじっとしていた。どうぞお大事に。

|

« シアター・ドラマシティ ダンスアクトシリーズ vol.4『盤上の敵』 | トップページ | 東京バレエ団創立40周年記念公演『ドン・キホーテ』 »

2004年鑑賞記録」カテゴリの記事