« 東京バレエ団創立40周年記念公演『ドン・キホーテ』 | トップページ | 十一代目市川海老蔵襲名披露 第四十回記念吉例顔見世 夜の部 »

2004年9月18日 (土)

十一代目市川海老蔵襲名披露 第四十回記念吉例顔見世 昼の部

2004年9月18日(土) 名古屋御園座

東京、大阪と三ヶ月に及ぶ襲名興行の後、束の間の休息を挟み、今月は名古屋。チケットを成田屋後援会に申し込むも、一般発売開始後になって「お取りできませんでした〜」との連絡が入り、自力確保に右往左往。ったく、何のために後援会に入っているのか……。とりあえず、今回一番の目的は御園座名物手づくりアイスじゃー!(皮がサクサクで激ウマなのだ)

『源氏物語 −藤壷の巻/葵・六条御息所の巻/朧月夜の巻−』

光の君:市川新之助 改め 海老蔵
頭中将:尾上松緑
朧月夜:尾上菊之助
葵の上:市川亀治郎
六条御息所:中村扇雀
東宮:中村信二郎
惟光:河原崎権十郎
王命婦:上村吉弥
左大臣:市川團蔵
右大臣:片岡我當
弘徽殿女御:澤村田之助
藤壷女御:中村時蔵
桐壺帝:中村鴈治郎

駄作。こんな舞台を観るために、わざわざ名古屋まで遠征したのか?>ぢぶん

瀬戸内寂聴による現代語訳『源氏物語』が初演されたのが平成十二年五月歌舞伎座。脚本を担当したのは大藪郁子。暗転も多く、散漫で、なんつーか、大河ドラマの総集編でも観ているような大味な舞台だったが、それすらも、今回と比べれば上出来だと言わざるを得ない。

確かに、初演と比べて配役が一段落ちたのは否めない。ンが、それ以前に、脚本が酷い。「今度の作は、十一代目海老蔵襲名を記念する出し物として」瀬戸内寂聴が書き下ろした新作とのことだが、思わず、この人が本当に現代語訳を出したのか疑いたくなるような代物。

すべてのエピソードが中途半端。テーマもなければ、ドラマもない。案の定、暗転も多いし(緞帳を観に来ているンじゃないぞー!)、説明セリフや無意味な場面も多い。葵の上と六条御息所の車争いは、花道での光の君と頭中将の会話で語られるだけだし、六条御息所が『長恨歌』の一節を琵琶を奏でながら歌う場面は、「友右衛門、家橘、亀蔵、男女蔵、市蔵もいるので、とりあえず、出してみました」とでも言わんばかり。

だいたい冒頭からして、光の君が忍んで来ると藤壺が横になっているって、どういうことよ? 興醒めもいいとこじゃん。いくら何でも、これでは役者が気の毒だわ。

結局、舞台に登場する女たちを自分自身に脳内変換させた作者が、ひとり悦に入っているだけのような。観客を舐めているのか? あぁ、もう、いい加減にしてくれー!

|

« 東京バレエ団創立40周年記念公演『ドン・キホーテ』 | トップページ | 十一代目市川海老蔵襲名披露 第四十回記念吉例顔見世 夜の部 »

2004年鑑賞記録」カテゴリの記事