« 新国立劇場バレエ団 エメラルド・プロジェクトNo.1『カルメン』by 石井潤 | トップページ | 第47回 大阪国際フェスティバル2005 牧阿佐美バレヱ団《ローラン・プティ・ガラ》 »

2005年4月15日 (金)

第47回 大阪国際フェスティバル2005 牧阿佐美バレヱ団『ノートルダム・ド・パリ』

2005年4月15日(金) フェスティバルホール

[振付・台本]ローラン・プティ [原作]ヴィクトル・ユゴー
[音楽]モーリス・ジャール [衣裳]イヴ・サン=ローラン
[舞台美術]ルネ・アリオ [照明]ジャン=ミシェル・デジレ
[指揮]若杉弘 [管弦楽]京都市交響楽団 [合唱]京都市民合唱団

連日の激務&徹夜のチャンピオンズリーグ観戦。そりゃ眠いのも当然だわ。羽田空港へ向かう電車で爆睡、乗り換え駅を大幅に通り過ぎ、飛行機に乗り遅れるというアクシデント発生。ま、開演に間に合ったからいいけど、何か幸先悪い始まりだわ〜。

エスメラルダ:アンナ・アントニーチェワ
カジモド:ドミトリー・ベロゴロフツェフ
フロロ:菊地研
フェビュス:逸見智彦

会場に着いて、まずキャスト表を確認。
うん、当初の予定で変更なし。とりあえず、ホッ。まだ2003年のキャスト変更(牧阿佐美バレヱ団『ローラン・プティの世界 −ノートルダム・ド・パリ−』)が尾を引いている?>ぢぶん

ゴシック建築のシンボル、ノートルダム大聖堂を舞台に、美しいジプシー娘エスメラルダと醜い鐘撞き男カジモドの悲恋を描いた物語。原作はフランスの文豪ヴィクトル・ユゴーの同名小説。これまで何度も映画化されている。一番新しいのは、ディズニーがアニメーション化した『ノートルダムの鐘』(1996年)かな。

ノートルダムの司教代理フロロに拾われ、聖堂の鐘撞きとして暮らすカジモド。彼はその醜い容貌ゆえ、世間から疎まれ、孤立していた。そこへ現れたのが、美しいジプシー娘エスメラルダ。彼女に心を奪われたフロロは、カジモドを利用してエスメラルダを自分のものにしようとする。しかし、偶然通り掛かった美男の青年将校フェビュスが彼女を助け、ふたりは恋に落ちる。嫉妬に狂ったフロロは、フェビュスを刺して逃走。その場に残されたエスメラルダは殺人の罪に問われ、絞首刑を言い渡される……。

重厚な舞台美術、色鮮やかな衣装、緊迫感溢れる音楽(でも、変拍子は難しかったような)。迫力あるコール・ドも加わった壮大なスペクタクル作品……になる筈なんだろうね、ホントは。う〜む、今回は主要4人のバランスが悪かったかも。

エスメラルダのアンナ・アントニーチェワ、可憐な容姿と太すぎず細すぎず何とも健康的な脚が印象に残るも、ジプシーらしさは微塵もない。それに、振付家の意図とダンサーの意図がずれているというか、お互いの視点に違いがあるというか。結果として、ローラン・プティの振付を観たという印象が薄い。

カジモドのドミトリー・ベロゴロフツェフ、少しサル入ってる顔立ち(失礼!)が醜さゆえに虐げられてきたカジモドにぴったり。でも、首から下が裏切るのよ。あんなに威厳があってはダメでしょう。エスメラルダの亡骸を抱えて歩み去るラストにしても、振り回し方が美し過ぎる。あれはカジモドが不具だから巧く運べないンであって、あんなに華麗に振り回しては、哀れさも何もあったものではない。

フロロの菊地研、踊りはダイナミックで、全幕通しての安定感もグッと増してきた。初役だし、20歳という年齢を思えば、かなり健闘していたと言える。ンが、本音を言えば、この役はまだ早い。登場シーンの立ち姿など、その後を予感させるような不吉さが全然足りないし(ただ、動き出すと禍々しさが漂うような……これはたぶん、本人の演技力というより、プティの振付によるものだと思うが……)、エスメラルダを象徴する細かい手の動き(タンバリンを鳴らすみたいな)にも、もっともっと優美さが欲しい。この役は、肘から先と膝から下の表現力が特に大事だからね。

フェビュスの逸見智彦、脚も綺麗だし、あの妙な衣裳も意味不明な金髪も似合っていたが、ポーズのひとつひとつがノーブルで、青年将校のキャラじゃない。ま、それがこの人の持ち味なわけで(笑)。

コール・ドは前回の公演より格段に迫力が出た。2幕、大聖堂襲撃シーンの空気がねじれるようなうねり。圧巻。

|

« 新国立劇場バレエ団 エメラルド・プロジェクトNo.1『カルメン』by 石井潤 | トップページ | 第47回 大阪国際フェスティバル2005 牧阿佐美バレヱ団《ローラン・プティ・ガラ》 »

2005年鑑賞記録」カテゴリの記事