« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月31日 (日)

十一代目市川海老蔵襲名披露 松竹大歌舞伎 夜の部

2005年7月31日(日) 相模原市民会館

全国公立文化施設協会主催 松竹大歌舞伎(所謂、巡業)東コース千穐楽。客席は7割程度の入り。後方はかなり空席も目立つ。開演直前にいきなり上品なご婦人から声をかけられ、前方のチケットを譲っていただく。一緒に観る予定だった娘さんが病気で来られなくなり、空けておくのも勿体ないから、とのこと。端の方ではあったが、やはり間近は迫力ある。どうもありがとうございました〜。

続きを読む "十一代目市川海老蔵襲名披露 松竹大歌舞伎 夜の部"

|

2005年7月25日 (月)

シアターコクーン・オンレパートリー2005『キレイ 〜神様と待ち合わせした女〜』

2005年7月25日(月) Bunkamura シアターコクーン

[作・演出]松尾スズキ [音楽]伊藤ヨタロウ [美術]高野華生瑠
[振付]康本雅子 [照明]大島祐夫 [音響]山岸和郎 [衣裳]戸田京子

続きを読む "シアターコクーン・オンレパートリー2005『キレイ 〜神様と待ち合わせした女〜』"

|

2005年7月24日 (日)

七月大歌舞伎『NINAGAWA 十二夜』

2005年7月24日(日) 歌舞伎座

[原作]ウィリアム・シェイクスピア [訳]小田島雄志 [脚本]今井豊茂
[演出]蜷川幸雄 [装置]金井勇一郎 [照明]原田保

続きを読む "七月大歌舞伎『NINAGAWA 十二夜』"

|

2005年7月20日 (水)

《エトワール・ガラ》特別オープニングガラ

2005年7月20日(水) Bunkamura オーチャードホール

公演名の「エトワール」って、パリ・オペラ座を象徴する意味で使われているのかしらん? 実際、エトワールと呼ばれるダンサーはマリ=アニエス・ジロとレティシア・プジョルのふたりだけなわけで。う〜む、看板に偽りあり? ンが、若手を揃えたコンテンポラリー中心のプログラム構成が面白そうだし、バレエ公演には珍しいビジュアル戦略にも興味あるし……ってことで、当日券でオープニングガラを観る。

続きを読む "《エトワール・ガラ》特別オープニングガラ"

|

2005年7月17日 (日)

英国ロイヤル・バレエ団『マノン』

2005年7月17日(日) 東京文化会館

[振付]ケネス・マクミラン [音楽]ジュール・マスネ
[編曲]レイトン・ルーカス、ヒルダ・ゴーント
[装置・衣裳]ニコラス・ジョージアディス
[指揮]グラハム・ボンド [演奏]東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

続きを読む "英国ロイヤル・バレエ団『マノン』"

|

2005年7月 6日 (水)

パルコ・プロデュース公演『LAST SHOW −ラストショウ−』

2005年7月6日(水) PARCO劇場

[作・演出]長塚圭史
[音楽]岡崎司、松崎雄一 [美術]小松信雄 [照明]佐藤啓

長塚圭史、30歳。昨年は、阿佐ヶ谷スパイダース公演『はたらくおとこ』の作・演出とマーティン・マクドナーの最新作『ピローマン』(パルコ劇場)の演出で、第4回 朝日舞台芸術賞と第55回 芸術選奨文部科学大臣新人賞をダブル受賞。今、「演劇界の期待を一身に背負う男」だそうな。

続きを読む "パルコ・プロデュース公演『LAST SHOW −ラストショウ−』"

|

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »