« 歌舞伎座昼夜通し | トップページ | 芸術祭十月大歌舞伎 夜の部 »

2005年10月24日 (月)

芸術祭十月大歌舞伎 昼の部

2005年10月24日(月) 歌舞伎座

うっわー、久しぶりの歌舞伎座だ。前回来た時は“蜷川歌舞伎”だったから、ちゃんとした歌舞伎は5月の勘三郎襲名以来かな? んー、やはり心浮き立つわ。ってことで、まずは恒例の甘味チェック! 昼の部限定ごま餡の人形焼き、これって前からあったかしらん? 「限定」という言葉に弱いワタクシ、ついつい買ってしまいました。お味はまずまず。

『廓三番叟』

傾城千歳太夫:中村芝雀
新造梅里:市川亀治郎
太鼓持藤中:中村翫雀

文政九年、四代目杵屋六三郎が演奏用に作った曲。所謂“三番叟もの”と言われる舞踊のひとつで、舞台を吉原の郭に移し、翁・千歳・三番叟を傾城・新造・太鼓持に見立てた趣向になっている。

短いながらも、充実した出来。しかも爽快。この後がずっしり重い通し狂言なので、この爽快感はよかったような。

新造の亀治郎、踊りも巧いし行儀もいい。決して見た目が美しいわけではないのに(すみません!>ファンの方)、観客の目を奪う存在感がある。

『通し狂言 加賀見山旧錦絵』

中老 尾上:坂東玉三郎
召使 お初:尾上菊之助
奴 伊達平:河原崎権十郎
牛島主税:坂東竹志郎 改め 薪車
息女 大姫:中村隼人
庵崎求女:尾上松也
剣沢弾正:市川左團次
局 岩藤:尾上菊五郎

天明二年に江戸薩摩座で初演された容楊黛作の人形浄瑠璃を歌舞伎化。原作は、加賀藩のお家騒動を描いた全十一段の大作だが、その中の六、七段目を独立させ、実際にあった女同士の敵討ちを取り込み、様々な補綴を加えたのが現行の台本。「いじめを苦にして自害した主人の仇を召使が討つ」という物語が、当時の奥勤めの女中に受けて、“女忠臣蔵”と呼ばれる人気狂言になったそうな。

町人の出でありながら姫君の信頼も篤い尾上、そのことを快く思わない岩藤、そして、主人・尾上を常に思いやる召使のお初。物語はこの3人を軸に進んでいく。主家を乗っ取ろうと企む岩藤と剣沢弾正、それを防ごうとする尾上。窮地に陥った尾上をお初の機転が一旦は救うものの、岩藤一派の策略により、尾上はとうとう自害へと追い詰められる。彼らの悪事を知ったお初は、無事、主人の仇を討つことができるのか!?

尾上の玉三郎は、裕福な町家に育ったおっとりした優しさと、それ故の鈍感さ、あるいは、武家に対する劣等感と、その裏返しのプライドなど、非常に複雑な人物像を描いて興味深い。また、《草履打》から花道の引っ込み、続く《長局》に至る場面の要所要所で見せる形の良さは絶品。玉三郎の身体そのものがドラマになっている。惜しむらくは、岩藤とのバランスの悪さか……。

本来なら“加役”として立役が演じる岩藤を菊五郎が演じたせいか、嫌らしさや凄みが足らず、せっかくの玉三郎の熱演も空回り。ま、必要以上に滑稽味が出たり、嫉妬や憎しみといった感情が希薄なところを考えると、この役は菊五郎のニンじゃないのかも。

お初の菊之助は明るいしっかり者で、主を思う気持ちも最後まで揺るぎなく感じられたが、キビキビとした動きが少年っぽい。もう少し可愛らしさや愛嬌があってもよかったような。

颯爽とした庵崎求女を松也が好演。大姫の隼人、声は不安定だが、その上品な佇まいは大健闘。

|

« 歌舞伎座昼夜通し | トップページ | 芸術祭十月大歌舞伎 夜の部 »

2005年鑑賞記録」カテゴリの記事