« とりあえず | トップページ | ドラマなんていらない? »

2005年10月15日 (土)

牧阿佐美バレヱ団『ピンク・フロイド・バレエ』

2005年10月15日(土) 東京国際フォーラム ホールA

[演出・振付]ローラン・プティ [音楽]ピンク・フロイド
[照明]ジャン=ミッシェル・デジレ

チラシには「ヨーロッパツアー凱旋記念」の文字。今年9月、「牧阿佐美バレヱ団はフランスのパリ・シャンゼリゼ劇場とビアリッツ・ガール・デュ・ミディ劇場、スペインのバルセロナ・ティボリ劇場におきまして、3都市で15年ぶりの海外公演をおこない、全7回すべての公演で『ピンク・フロイド・バレエ』を上演いたしました」そうな。2004年の新制作版世界初演を観ている者からすれば、「何故この作品?」という気もするが……。結局、今回の海外公演はローラン・プティの肝煎りだったのか?

1) Run Like Hell
菊地研

2) Money
逸見智彦、塚田渉、保坂アントン慶、京當侑一籠、武藤顕三、佐藤洋介、徳永太一、今勇也、中島哲也、細野生

3) Is There Anybody Out There ?
シリル・ピエール

4) Nobody Home
アルタンフヤグ・ドゥガラー

5) Hey You
ルシア・ラカッラ、レモンド・レベック

6) One of These Days
Couples

7) Careful with That Axe, Eugene
田中祐子、吉岡まな美、橋本尚美
アルタンフヤグ・ドゥガラー、逸見智彦、菊地研

8) When You're In
アルタンフヤグ・ドゥガラー、菊地研

9) Obscured by Clouds
Couples

10) The Great Gig in the Sky
草刈民代、レモンド・レベック

11) Echoes
ルシア・ラカッラ、シリル・ピエール
今勇也、中島哲也
菊地研
田中祐子、アルタンフヤグ・ドゥガラー
Couples

12) Run Like Hell
スライド
辻本知彦(怪我により降板/代役不明)、佐藤洋介、柴一平、山田茂樹

13) Echoes
シリル・ピエール
菊地研
全員(Final)

ダメだ。私にはこの作品が全然面白いと思えない。
さすがに回数こなしてきただけあって、ダンサーたちはプティの振付がしっかり身体に入っていた。休憩なしの構成も、初演に比べてスッキリとまとまっていた。

ンが、CG映像やレーザー光線を使った演出センスは古臭いし(これで本当に「最新の照明と映像技術を駆使」しているの?)、曲繋ぎがほとんど暗転というのも単調でつまらないし、何より肝心のピンク・フロイドが単なるBGMにしか聴こえてこない……。

これはあくまでも勝手な想像だが、今のプティにはドラマもメッセージも必要なくて、客席に座っている2時間弱をそれなりに楽しく消化してもらえれば、それで満足のような。

もちろん、ピンク・フロイドをより深く理解していれば、そこに何らかのドラマを見出すことができるのかも知れない。自己模倣のようなプティの振付や傲慢とも思える音楽の使い方(途中でカットしたり、間に別の曲を挿入したり)からも、何らかのメッセージを読み取ることができるのかも知れない。

でも、そんなこと、何かもうどうでもいい。なんつーか、すんごく投げ遺りな気分。張り切って踊っていたダンサーにはたいへん申し訳ないっす。すみません。

ル・フィガロ紙で「トラボルタばりに腰を振る彼の官能的で卓越した踊りは日本人離れしていて驚かされた」と評された菊地研は、初演よりさらに出番が増えて大活躍。冒頭のRun Like Hellもいいが、Echoesの途中で見せた短いソロもいい。一瞬にして舞台の空気を変えてしまう踊りに改めて感じ入る。

ルシア・ラカッラの存在感はやはり圧倒的。ただ、シリル・ピエールもレモンド・レベックもサポートがイマイチだったのが残念。

そうそう、Echoesに関して言えば、初演の上野水香の無垢な存在感が不思議と思い出された。う〜む、あれはあれでよかったのねぇ。

初演で一番印象的だったマリ=アニエス・ジロによるRun Like Hellは、黒人ダンサーのスライドによるHIP HOPに変更。ジロとは方向性は違うものの、同じ効果(強烈な違和感によるアクセント)を発揮していた。

あとは、12月の『くるみ割り人形』で初主役が決まっている京當侑一籠は期待できそう、とか、若手の中島哲也がずいぶん頼もしくなっていた、とか。

しっかし、何故、5000人も入る東京国際フォーラムを借りたのかしらん? 私が行った日は客席ガラガラで、ダンサーが気の毒だったわ。そのあたり、主催者(朝日新聞社、テレビ朝日、財団法人橘秋子記念財団)は甘いというか、考えなしというか。いや、ま、初演からしてそんな感じだったからね。

|

« とりあえず | トップページ | ドラマなんていらない? »

2005年鑑賞記録」カテゴリの記事