« お正月のテレビドラマ | トップページ | 2006年成人の日コンサート »

2006年1月 7日 (土)

今年の初調整&初バレエ

午前中に歯列矯正の調整を済ませ、午後は初台でバレエ。新国立劇場バレエ団『白鳥の湖』を観る。
オデット/オディールにスヴェトラーナ・ザハロワ、ジークフリード王子にアンドレイ・ウヴァーロフ。ゲストはもういらないンじゃ? などと言いながら、観に行くのはゲストの日という体たらく。あはは。

昨年のディアナ・ヴィシニョーワ&イーゴリ・コルプが現代的な『白鳥』なら、今日のザハロワ&ウヴァーロフはお伽噺そのままの『白鳥』。それぞれがそれぞれのアプローチを徹底すれば、どちらもドラマティックな舞台になるということがよくわかりました。
ザハロワは1幕2場が一番よかったかな。完璧なフォルムが湛える悲劇性。不安に打ち震えるオデットから一瞬たりとも目が離せない。情感溢れる1幕に比べると、2幕3幕は妙にあっけらかんとしていたような。とは言え、すべてにおいて美しいダンサーというのは、それだけでもう感動的なんだよね。
ウヴァーロフは普通。大きくて頼りがいあって、でも、どこか情けない(笑)。脚を打ち付ける音がビシバシ響く。跳躍の時の後ろ脚がキレイだわ〜。

道化の吉本泰久は予想通りの小気味良さ。ただ、ちょっとメイクがオバさん臭かったかも。
パ・ド・トロワは真忠久美子、内冨陽子、マイレン・トレウバエフ。こういうのを踊らせると、トレウバエフは巧い。内冨は華やかな中にもどこか寂しげな風情がある美人なのに、コケちゃダメでしょう、コケちゃ。
白鳥はほとんど川村真樹しか観ておりませんでした。好きだわ、ホント。
ロートバルトの市川透、頼むから衣裳とメイクを何とかしてくれ。
しっかし、未だに江本拓、冨川祐樹、中村誠、陳秀介あたりの区別がつかない私って、一体……。
オケがヘロヘロで最悪。そう言えば、前回も酷かったような。バレエを観る人間にとってはオーケストラも大事な要素なんだから、もっと心して演奏してもらいたい。

今日貰ったチラシで気になったのは、ファルフ・ルジマトフ主演『ラスプーチン』とか、モナコ公国モンテカルロ・バレエとか。あ、そうそう、ここで服部有吉&首藤康之 PARTNERSHIP PROJECT 2006先行販売案内のアドレス登録やっているそうな。

松も取れたので、デザインを元に戻しました。

◎本日の読書
 『魔術師の夜』キャロル・オコンネル

|

« お正月のテレビドラマ | トップページ | 2006年成人の日コンサート »

イーゴリ・コールプ」カテゴリの記事