« 祝! 川村真樹さん主役デビュー | トップページ | 好き好き大好きナチョ愛してる。 »

2007年2月 2日 (金)

新国立劇場バレエ団『眠れる森の美女』

2007年2月2日(金) 新国立劇場 オペラ劇場

[振付]マリウス・プティパ [作曲]ピョートル・チャイコフスキー
[台本]マリウス・プティパ、イワン・フセヴォロジスキー(シャルル・ぺローの童話に基づく)
[改訂振付]コンスタンチン・セルゲーエフ [演出]オレグ・ヴィノグラードフ
[指揮]エルマノ・フローリオ [管弦楽]東京交響楽団

待ちに待った川村真樹の主役デビュー。全幕初主役が『眠れる森の美女』のオーロラ姫なんて、さぞかし緊張していることでしょう……と思っていたら、登場シーンから実に自然な笑顔を浮かべていてビックリ。舞台度胸あるのね〜。

オーロラ姫:川村真樹
デジレ王子:貝川鐵夫

カラボス:ゲンナーディ・イリイン
リラの精:湯川麻美子
国王:長瀬信夫
王妃:坂西麻美
優しさの精:本島美和
元気の精:寺島まゆみ
鷹揚の精:西山裕子
呑気の精:高橋有里
勇気の精:遠藤睦子

花婿候補:マイレン・トレウバエフ、冨川祐樹、中村誠、市川透
女官:寺島ひろみ、本島美和、丸尾孝子、寺島まゆみ
踊り子:遠藤睦子、さいとう美帆、西山裕子、大和雅美

伯爵夫人:楠本郁子
ガリフロン:石井四郎
村の娘:高橋有里
漁師:吉本泰久

フロリナ王女:さいとう美帆
青い鳥:江本拓
ダイヤモンドの精:大和雅美
サファイアの精:寺島ひろみ
金の精:大森結城
銀の精:前田新奈
白い仔猫:本島美和
長靴をはいた猫:陳秀介
赤ずきん:高橋有里
狼:奥田慎也

【プロローグ 宮殿の大広間】

あれ? コール・ドのレベル、また落ちた? 今日はやけに雑然としている。おまけに、リラの精の湯川麻美子の踊りが忙しなくて、舞台を包み込む優雅さや大きさが感じられない。なんつーか、下町の世話好きおばさんのような。

妖精たちはいつもとほぼ同じキャスト。皆さん安定しているが、中でも、鷹揚の精の西山裕子が素晴らしい。ちょっとしたニュアンスの違いで、ひとりだけ浮き出てくるような美しさ。

カラボスのゲンナーディ・イリインは観る度にマンガチックになっていく。あそこまでいくと、怖いを通り越して笑ってしまう。

王妃は牧阿佐美バレヱ団から坂西麻美。見慣れないせいか、鬘が似合っていないような。あと、少し若過ぎる気がしないでもない。

【第1幕 中庭】

やはりコール・ドがよくない。ワルツがすんごくバタバタしている。う〜む、ここは子供も加わるから仕方ないのか? いや、でも、今までそんな風に感じたことはなかったよな……などと、もやもやしていた気分も、オーロラ姫の登場で一気に吹っ飛ぶ。

ピンクのチュチュに身を包んだ川村真樹が現れた瞬間、舞台の空気がほんっとにローズピンクに染まった。美しい肢体と自然な笑顔。16歳という年齢を意識して、殊更、快活さを装うわけでもなく、程よい落ち着きが逆に育ちの良さを感じさせ、何とも魅力的なオーロラ。決してテクニックで魅せるタイプではないが、ローズ・アダージオも最後まで破綻なく踊る。さらに、指揮のエルマノ・フローリオが、川村の意図をきちんと理解して振っていたのもGood!

あちこちで小芝居している花婿候補のマイレン・トレウバエフ(笑)。前からこんなにやっていたかしらん?
女官に同じ顔があって、一瞬、ビビる。寺島ひろみ・まゆみ姉妹でした。

【第2幕 狩の場〜幻想の森〜目覚めの場】

デジレ王子の貝川鐵夫はノーブルさに欠ける。長身でプロポーションもいいのに、勿体ない。時々、素に戻るのも気になる。見た目がダメなら、せめて気持ちだけでも王子でいて下さい……ってゆうか、気持ちが王子なら見た目も王子になるか。いや、そんな簡単なものでもないか。

川村真樹は常に節度を守って踊っているのがいい。儚げな風情を湛えつつ、無理に王子を誘うわけではなく、あくまでも上品。途中でちょこっとよろけてしまったのが、返す返すも残念だわ。

今回は1階中央の席で観ていたせいか、コール・ドの列が乱れていたり、音の取り方がまちまちだったり、粗がいろいろ目につく。一体、どうしちゃったンでしょう???

【第3幕 宮殿の大広間】

冒頭の登場シーン。ロングドレスの川村は姫としての気品に溢れ、惚れ惚れするほどの美しさ。王子の貝川が従者に見えてしまったよ(泣)。

宝石たちは初めて観る組み合わせ。新鮮。銀の精の前田新奈が、一際、輝いておりました。狼のキレのいい踊りに、「これは誰?!」と、思わずキャスト表を確認する。奥田慎也でしたか。

グラン・パ・ド・ドゥは貝川のサポートがかなり不安定。フィッシュ・ダイブの最後、ふたりでポーズを決める瞬間も俯いたまま、ってのはどうよ? ま、でも、ヴァリアシオンは気合い入っていたかな。ただ、技の前になると緊張感が漂って、「これから回ります」とか、「これから飛びます」とか、思いっきりアピールしちゃうンだよね。王子のまま、すんなり技に入れるようになるといいのに。

そんなパートナーが相手でも、終始、落ち着いて踊っていた川村。舞台映えはするし、求心力はあるし、ますます好きになりました。

『眠り』らしい祝祭感はイマイチだったものの、川村真樹全幕主役デビューとしては、充分満足。次はいよいよ『白鳥の湖』のオデット/オディールだー!

|

« 祝! 川村真樹さん主役デビュー | トップページ | 好き好き大好きナチョ愛してる。 »

2007年鑑賞記録」カテゴリの記事