« 映画モード再び | トップページ | 本日の東京フィルメックス »

2007年11月17日 (土)

Team申 第2回公演『抜け穴の会議室』

2007年11月10日(土)〜24日(土) 赤坂RED/THEATER
http://team-saru.ocnk.net/

[作・演出]前川知大(イキウメ
[美術]加藤ちか [照明]原田保 [音楽]小林つん太
[音響]長野朋美 [衣裳]岡田敦之

仲村トオル
佐々木蔵之介

2005年のTeam申 旗揚げ公演『時には父のない子のように』にはかなりがっかりさせられた覚えがあるので(主に作・演出)、そこはかとなくゆる〜い気持ちで出掛ける。それが効を奏したのか、思いの外、楽しめた。

今世と来世の狭間に位置する男ふたり、ってゆうか、魂ふたつ。転世の記憶を共に辿る。ある時はビデオ屋の店員と客、ある時は難病の子供を抱える父親と医者、ある時は同じ女性を愛してしまった兄弟……。「袖すり合うも他生の縁」ってことで、どんなささやかな出会いも大切にしようと、珍しく殊勝な気持ちになるワタクシ。こんなふうに優しい気持ちになれる芝居も、たまにはいいね。

時代や場所を瞬時に切り替える照明が秀逸。
舞台経験はまだそれほどでもない仲村トオルが新鮮。身体の使い方など、気になるところもあったけど、佐々木蔵之介を相手に大健闘!

赤坂RED/THEATERは今年オープンした180席にも満たない小劇場で、前の席の背もたれに上げ下げできる小さなテーブルが付いていたり、座面の裏にポケットが付いていたりと(椅子を上げた状態にすると、あらかじめそこにチラシの束を入れておける)、座席にいろいろ工夫あり。
スペースがないから仕方ないとは言え、入口前に整列しての入場はちょっと面倒。しっかし、表にいた案内の女性、上半身はすんごく逞しいのに、何故かメチャメチャ美脚。あれは反則だよ〜。

|

« 映画モード再び | トップページ | 本日の東京フィルメックス »

2007年鑑賞記録」カテゴリの記事