« 映画の日 | トップページ | 「踊る人」の系譜 »

2007年12月 2日 (日)

十二月大歌舞伎 夜の部

2007年12月2日(日)〜26日(水) 歌舞伎座
http://www.kabuki-bito.jp/

久しぶりの歌舞伎座初日。朱色の空間に入り込んだ途端、しばらく前までバレエモード全開だったのが嘘のように、「あー、やっぱ歌舞伎座はいいわ、日本人に生まれて幸せ」と思うワタクシ。どうせ浮気者ですよん(笑)。

『菅原伝授手習鑑 寺子屋』

舎人 松王丸:中村勘三郎
武部源蔵:市川海老蔵
春藤玄蕃:片岡市蔵
涎くり与太郎:片岡亀蔵
百姓 吾作:市川寿猿
御台園生の前:尾上松也
源蔵女房 戸浪:中村勘太郎
松王女房 千代:中村福助

これって、ホントに『寺子屋』? いや、ま、観る前から予想はしていたけど、ここまで珍妙だとは。とにかく、やたらバタバタしていて、芝居がまったく噛み合っていない。それぞれがやりたいように演じているだけ。最悪。

とりあえず、海老蔵は眼を剥き過ぎ。あのデカい眼はただでさえ饒舌なんだから、そんなにギョロギョロしたら目立っていけません。それ以外は、初役の時と比べて格段に進歩していた……ってゆうか、8年前なんだから、進歩してくれないとね。

『粟餅』

杵造:坂東三津五郎
臼造:中村橋之助

気分が変わって楽しかった〜。
三津五郎の洒脱な味わいは言うに及ばず、橋之助がこれまたよかったのよ。ふたりのイキが合っていない瞬間もあったけど、そのあたりは日を追う毎に改善されていくと思われ。

『ふるあめりかに袖はぬらさじ』

芸者お園:坂東玉三郎
通辞藤吉:中村獅童
遊女亀遊:中村七之助
唐人口遊女マリア:中村福助
外人客イルウス:坂東彌十郎
浪人客 梅沢:河原崎権十郎
同   佐藤:市川海老蔵
同   堂前:市川右近
薬商人大種屋:片岡市蔵
幇間和中:市川猿弥
唐人口遊女チェリー:上村吉弥
同    メリー:市川笑也
同    バタフライ:尾上松也
同    ピーチ:坂東新悟
芸者 奴:市川笑三郎
同  太郎:市川春猿
帳場定吉:市川寿猿
旦那衆 三河屋:市川男女蔵
同   駿河屋:片岡亀蔵
同   伊東屋:大谷友右衛門
思誠塾 多賀谷:市川段治郎
同   飯塚:中村勘太郎
同   松本:市川門之助
同   小山:中村橋之助
同   岡田:坂東三津五郎
岩亀楼主人:中村勘三郎

いや、ま、一座勢揃いでと〜っても贅沢な舞台なんだけど、如何せん長過ぎる。しかも、これだけの時間を費やして、結局、何が言いたかったのさ……って、幕切れなんだものなぁ。

確かに、場面場面では笑わせてもらったし、思誠塾の面々を演じた三津五郎、橋之助、門之助、勘太郎、段治郎は好演していたし、薄幸な亀遊を演じた七之助も出色の出来だった。

ンが、ひとりの哀れな遊女が攘夷女郎に仕立てられていく哀れさがまるで伝わってこないンだよね。初日のせいか、玉三郎をはじめとする多くの役者が台詞を忘れたり噛んだりしてテンポが出なかったのが一番の要因かしらん? 芝居が熟れてくれば、深みも出てくるのかしらん? う〜む。

|

« 映画の日 | トップページ | 「踊る人」の系譜 »

2007年鑑賞記録」カテゴリの記事