« NODA・MAP 第13回公演『キル』 | トップページ | バレエTAMA公演に行くことに »

2008年1月30日 (水)

3誌そろい踏み

昨日、シアターコクーンに行く前にチケットカウンターを覗いたところ、何やら見慣れたお顔が……

コルプだーーーーーっ!

『DDD』Vol.18 2008年3月号『ダンスマガジン』2008年3月号に続いて、『DANZA』第14号 2008年2月-3月号の表紙もあなたなのね〜。公演のプロモーション的には12月売りの2月号表紙を飾った方が効果はあったと思うけど、来日のタイミングとか、雑誌の〆切とか、大人の事情とか、いろいろあるし。ま、終了後でも載らないよりは載った方がいいわけで。頑張りましたね、光藍社。

ってことで、『DANZA』の表紙があまりにもセクスィなので、スキャンしちゃいました(フリーマガジンの表紙だからいいよね? と、自分で自分を納得させてみたり)。

Danza

ちなみにインタビューは、どのように作品を作り上げていくか、とか、バレエ学校の卒業試験でのエピソード、とか、現在のロシア・バレエ界や興味ある振付家について、とか、短いながらも読み応えのある内容になっておりました。左腕の時計は私物よね? いつもしているような。

公演レビューには、昨年12月のキエフ・バレエ『ライモンダ』だけでなく、レニングラード国立バレエ『バヤデルカ』も載っている。早っ! ンが、「2008年1月11日」の日付で写真もシェスタコワとコルプなのに、何故か「主演はマリインスキーからのゲスト・コンビ」。ま、いいけど。

ところで、「オシャレ感度の高いコールプさん」ですが、こんな時もあったのよ〜(一番下までスクロールして下さいね)。この写真の彼を、誰も「オシャレ感度が高い」とは言わんだろう。どっから見ても田舎者のあんちゃんだ(爆)。
「ファッションを楽しむことを自分に許すように」なってくれて、ほんっとに嬉しいっす。

ようやくボリショイ・バレエ2008の公演詳細発表。とりあえず、様子見かな。

◎本日の読書
 『現代短歌 そのこころみ』関川夏央

|

« NODA・MAP 第13回公演『キル』 | トップページ | バレエTAMA公演に行くことに »

イーゴリ・コールプ」カテゴリの記事