« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

今日で8月も終わり

最近、頓に物忘れが激しくなっているので、9月にチケットが発売される公演をメモしておこうっと。

◆9月3日(水)発売 ※クラブ・デ・シャルドン会員先行

◆9月13日(土)発売

◆9月20日(土)発売

◆9月21日(日)発売

◆9月23日(火)〜26日(金)先行抽選販売エントリー

◆9月27日(土)発売

あと、NODA・MAP 第14回公演『パイパー』 の会員先行予約もありそうだし、全部は買えないな、たぶん。

◎本日の読書
 なし

|

2008年8月29日 (金)

取り急ぎ

光藍社からDM。2009年4月に草刈民代プロデュースで《エスプリ〜ローラン・プティの世界》が開催されるそうな。
出演は、草刈民代、ワン・チーミン、ルイジ・ボニーノ、マッシモ・ムッル、リエンツ・チャン、イーゴリ・コルプ、リー・チュンで、11月7日(金)一般発売開始予定。
う〜む、コルプがプティか……まったく想像できん。

東京バレエ団マラーホフ版『眠れる森の美女』の再演が決定したそうな。仕事の都合で、ルグリ−マラーホフの『ジゼル』(ってゆうか、小出領子のジゼル)は観られそうにないから、これ(オーロラ姫:小出領子、デジレ王子:後藤晴雄)は何としても観たいっ!

今日は久々のCM音楽録音。バレエファン的にはすんごく面白い仕事だったンだけど、情報管理で何も書けない。うー。

◎本日の読書
 なし

|

2008年8月28日 (木)

本日の台湾シネマ・コレクション

Spider Lilies
Tattoo - 刺青

Tattoo

昨年の東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で見逃してしまったので、台湾シネマ・コレクションで上映してくれて、とっても嬉しいっす。

ゼロ・チョウ監督はレズビアンであることを公言していて、レズビアン映画と言えばそうなんだけど、殊更、性的指向を強調するわけではなく、心に傷を持った孤独な少女たち──小緑と竹子──が愛を求めて足掻き苦しむ姿に焦点を当てている。
幼い竹子(ちなみに、母親が日本人という設定)に刺青を彫る刺青師が上手いんだか下手なんだかよくわからない日本語を話すシーンに萎えつつも、「磁石のように互いに惹きつけられていく」ふたりの少女が抱える孤独は、私の心に確かに染み入ってきた。

竹子の腕に彫られた彼岸花。日本では赤いけど、映画では黄色なんだよね〜。その分、禍々しさは薄いかな。

それにしても、イラベラ・リョンはやっぱ只者ではないわ。

◎本日の読書
 なし

|

2008年8月26日 (火)

シアターコクーン・オンレパートリー2008『女教師は二度抱かれた』

2008年8月4日(月)〜27日(水) Bunkamura シアターコクーン
http://www.bunkamura.co.jp/

[作・演出]松尾スズキ [美術]二村周作 [照明]大島祐夫
[音楽]星野源 [音楽監督]門司肇 [振付]振付稼業air:man
[音響]山本浩一 [衣装]戸田京子 [映像]ムーチョ村松
[ヘアメイク]大和田一美

続きを読む "シアターコクーン・オンレパートリー2008『女教師は二度抱かれた』"

|

2008年8月24日 (日)

そこはかとなく妖しい

草刈民代公式ウェブサイトでコルプの写真を発見。

http://www.suoz.com/ftr_popup035.html

民代様は「7月8日から一週間、ロシアのサンクトペテルブルクで、『華麗なるクラシックバレエ・ハイライト』のための稽古をして」きたそうな。
ポーズは美しいのに、着ているものが……何だかよくわからない柄のTシャツといい、ド派手な紫色のパンツといい……ったく、コルプ君ってばぁ(笑)。

北京オリンピック閉会式。楽しみにしていたフィナーレでは、ジャッキー・チェン、アンディ・ラウ、カレン・モク、ジョーイ・ヨン、ケリー・チャン、ワン・リーホン、RAINなどを確認。う〜む、ニコラス・ツェーはいたのかしらん?

◎本日の読書
 なし

|

2008年8月23日 (土)

歌舞伎座百二十年 八月納涼大歌舞伎 第三部

2008年8月9日(土)~27日(水) 歌舞伎座
http://www.kabuki-bito.jp/

チケットWeb松竹を覗いたら、たまたま「空席あり」だったので、条件反射でポチッとな(笑)。何はともあれ、野田秀樹作・演出による新作歌舞伎『野田版 愛陀姫』を観ることができてよかったわ。

続きを読む "歌舞伎座百二十年 八月納涼大歌舞伎 第三部"

|

2008年8月22日 (金)

早いもので

牧阿佐美バレヱ団から12月『くるみ割り人形』の案内が届きました〜。主なキャストはこんな感じ(左から金平糖の精/王子/雪の女王)。

◆12/12(金)19:00 伊藤友季子/中島哲也/田中祐子
◆12/13(土)14:00 青山季可/菊地研/田中祐子
◆12/13(土)18:30 橋本尚美/逸見智彦/吉岡まな美
◆12/14(日)14:00 笠井裕子/京當侑一籠/吉岡まな美

[会場]ゆうぽうとホール
[料金]S席10,000円、A席8,000円、B席6,000円、C席4,000円

◎クラブ・デ・シャルドン先行発売は9/3(水)より、一般発売は9/17(水)より、牧阿佐美バレヱ団公演事務局 03-3360-8251にて。

ようやく中島さんが王子デビューっすね。もしかして、青山さんも金平糖は初めて?

◎本日の読書
 『フロスト気質』R・D・ウィングフィールド

|

2008年8月20日 (水)

J×J

ロブ・ミンコフ監督『ドラゴン・キングダム』を観る。

F_kingdom

ジャッキー・チェンとジェット・リー、夢の初競演。「ハリウッドの手によって」というところが、少々、残念ではあるけど(だって、ふたりとも英語を話しているンだもの)、何はともあれ、めでたいっ!

中国の民間伝承をベースに、香港映画の精鋭たちを惜し気もなく投入したハリウッド製作のファンタジー映画。主人公は“カンフーおたく”の少年ジェイソンで、ジャッキーとジェットは彼の師匠。
オープニングタイトルのポスターといい、「師を敬え!」という言葉といい、作り手たちのカンフー映画に対するリスペクトが感じられるのが、実にいいな、と。

一番の見所は、やはりJ×Jの対決でしょう。達人同士、ワイヤーアクションは極力抑えて、手技足技の応酬で魅せる魅せる。
孫悟空に扮したジェットが、これまたキュート。
普段はあまりお目にかかれないコミカルな一面が見れて、ちょっと得した気分っす。

ってことで、映画も世界も“おたく”が救うのかな(笑)。

◎本日の読書
 『フロスト気質』R・D・ウィングフィールド

|

2008年8月17日 (日)

彩の国ファミリーシアター 音楽劇『ガラスの仮面』

2008年8月8日(金)〜24日(日) 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
http://www.saf.or.jp/

[原作]美内すずえ [脚本]青木豪 [演出]蜷川幸雄
[音楽]寺嶋民哉 [美術]中越司 [照明]室伏生大
[衣装]宮本宣子 [音響]井上正弘 [音楽監督]井上知嘉子
[振付]広崎うらん [ヘアメイク]佐藤裕子

続きを読む "彩の国ファミリーシアター 音楽劇『ガラスの仮面』"

|

2008年8月16日 (土)

最近のヘビロテ

国際ファミリーフェスティヴァル2008『ロメオとジュリエット』は所用でパスするため、バレエは《華麗なるクラシックバレエ・ハイライト with 草刈民代》までお預けなのですわ。

ってことで、最近、毎日↓を観ています。
http://jp.youtube.com/watch?v=v6rogfQfuIM

はい。タマラ・ロホとイーゴリ・コルプによる黒鳥のパ・ド・ドゥですね。YouTubeについては如何なものか? と思いつつ、でも、止められません。

それはさておき、八月納涼大歌舞伎『野田版 愛陀姫』の幕見をどうしようかしらん?
野田秀樹の新作歌舞伎だけど、苦手な勘三郎(と愉快な仲間たち)だしなぁ……なんて迷っているうちに、完売になってしまったわけで。ま、そのうちシネマ歌舞伎でやりそうな気もするンだけどね。

ハードディスクレコーダーが戻ってきたので、ざっくりデータ確認。とりあえず、どれも無事に残っている様子。ちゃっちゃとDVDにダビングしておかねば。
ついでに、スカパー! の安心サポートサービスを申し込む。機器故障サポートキャンペーン実施中につき、チューナー1台3,000円也。安い。

【追記】
ロホとコルプの動画は、現在、再生できません(アカウントが停止されたようです)。

◎本日の読書
 『フロスト気質』R・D・ウィングフィールド

|

2008年8月14日 (木)

まさに奇跡

シネマート新宿台湾シネマ・コレクションの前売り券を購入。ついでに、貯まったポイントでカーステン・シェリダン監督『奇跡のシンフォニー』を観る。

August_rush

ニューヨークの養護施設で暮らす11歳の少年エヴァンと、自分たちの子供がこの世に存在していることも知らず、仲を引き裂かれたまま、シカゴで傷心の日々を送るチェリストのライラと、組んでいたロックバンドを辞めサンフランシスコで別の道を歩むルイス。
離れ離れになっていた親子3人が音楽を通じて再び出会うという、まさに“奇跡”のようなお話でございました。

とりあえず、音楽の持つ不思議な力、ってゆうか、人間は音楽に対してそういうものを求めたがるンだな、ってことはよくわかった。

フレディ・ハイモアは実に達者な子役っすね。ギターの演奏スタイルなんて、マイケル・ヘッジスか押尾コータローか、って感じで、それはそれは素晴らしかった。
あと、ジョナサン・リース=マイヤーズは意外と歌が巧いな、と。

成田屋から新秋九月大歌舞伎のチケットが届く。物凄く久しぶりに頼んだンだけど、昼夜どちらも最前列だわ。ありがたや〜。
……あ、もしかして、チケット売れてないのか?(爆)

◎本日の読書
 『フロスト気質』R・D・ウィングフィールド

|

2008年8月12日 (火)

今後の歌舞伎公演

都民劇場の2008年度下期ラインナップより。

【10月】

芸術祭十月大歌舞伎|歌舞伎座
芝翫、菊五郎、玉三郎、左團次
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/2008/10/post_31.html

大老|国立劇場大劇場
吉右衛門、梅玉、魁春、歌六、芝雀、歌昇
http://www.ntj.jac.go.jp/performance/2075.html

【11月】

吉例顔見世大歌舞伎|歌舞伎座
芝翫、藤十郎、菊五郎、仁左衛門、梅玉

十一月花形歌舞伎|新橋演舞場
松緑、菊之助、海老蔵、獅童、愛之助

江戸宵闇妖鉤爪|国立劇場大劇場
幸四郎、染五郎
http://www.ntj.jac.go.jp/performance/2103.html

【12月】

十二月大歌舞伎|歌舞伎座
幸四郎、梅玉、三津五郎、福助

遠山桜天保日記|国立劇場大劇場
菊五郎、時蔵、松緑、菊之助
http://www.ntj.jac.go.jp/performance/2173.html

【1月】

壽初春大歌舞伎|歌舞伎座
菊五郎、幸四郎、吉右衛門、梅玉、玉三郎、勘三郎

初春花形歌舞伎|新橋演舞場
海老蔵

初春歌舞伎公演|国立劇場大劇場
芝翫、福助、橋之助

新春浅草歌舞伎|浅草公会堂
亀治郎、愛之助、勘太郎、七之助

【2月】

二月大歌舞伎|歌舞伎座
芝翫、玉三郎、梅玉、時蔵、三津五郎

【3月】

三月大歌舞伎|歌舞伎座
藤十郎、富十郎、幸四郎、吉右衛門、仁左衛門

三月歌舞伎公演|新橋演舞場
右近、笑也、猿弥、笑三郎、春猿、段治郎

あー、やっぱり成田屋親子でお正月の国立劇場は無理だったのね。とりあえず、團十郎にはゆっくり治療に専念していただくとして、雀右衛門の名前がないのが寂しいわ。
ところで、演劇サークルのラインナップで未定になっている2月松竹特別公演@日生劇場は何かしらん?

◎本日の読書
 『フロスト気質』R・D・ウィングフィールド

|

2008年8月10日 (日)

悪いことは続く

ハードディスクレコーダーが直ったと思ったら、いきなり玄関の鍵が壊れ、それが直ったと思ったら、今度はスカパー! が「受信できません」。あー、凹む凹む。

ってことで、新宿の伊勢丹と高島屋をハシゴして(地下通路ができたので行き来しやすくなりましたね〜)、tricot COMME des GARCONSのニットワンピースとシャツと長袖Tシャツと靴をお買い上げ。

……またやってしまった。己に猛省を促したい。

そんなこんなで、結局、《エトワール・ガラ2008》は行きませんでした。

◎本日の読書
 なし

|

2008年8月 9日 (土)

すげー豪華キャスト!

リンク: パイパー情報解禁 !!! - ニュース - 野田地図.

野田地図 第14回公演 パイパーの全キャストが公開になりました!

松たか子 
宮沢りえ
橋爪 功 
大倉孝二
北村有起哉 
小松和重 
田中哲司
佐藤江梨子
コンドルズ
野田秀樹

2009年1月4日(日) - 2009年2月28日(土)
Bunkamura シアターコクーン
一般前売開始日:2008年11月22日(土)
S席:9,500円 A席:7,500円
コクーンシート:5,500円

うはっー! 男性陣は私の好きな役者ばかり。今からメチャメチャ楽しみ。
ンが、その前にチケット取れるかな?

北京オリンピック開会式はCGと見紛うばかりの人海戦術。さすがはチャン・イーモウ監督ですのぉ。

◎本日の読書
 なし

|

2008年8月 7日 (木)

北京オリンピック開会式前夜

なのに、サッカーの試合はもう始まっている。しかも、0-1でアメリカに負けてるし。ちえっ。

ぼちぼち問い合わせしようかと思った矢先に、修理のおっさんから電話。ハードディスクレコーダーは直ったらしく、データもちゃんと残っているとのこと。はぁ、よかった。

◎本日の読書
 『還らざる日々』ロバート・ゴダード

|

2008年8月 5日 (火)

夏バテ気味

何もする気にならん。ってことで、《エトワール・ガラ2008》は行かないような。ま、何気に仕事も忙しいンだけど。イベント準備とか、決算処理とか。

とりあえず、『SISTERS』の感想追記しました〜。すぐ下の記事っす。

◎本日の読書
 『還らざる日々』ロバート・ゴダード

|

2008年8月 1日 (金)

PARCO PRODUCE『SISTERS』

2008年7月5日(土)〜8月3日(日) PARCO劇場
http://www.parco-play.com

[作・演出]長塚圭史 [美術]二村周作 [照明]小川幾雄
[衣裳]伊賀大介 [ヘアメイク]河村陽子 [音響]加藤温

続きを読む "PARCO PRODUCE『SISTERS』"

|

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »