« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

危ない危ない

すでに来年1〜2月のブッキングが始まっていて、某ライヴハウスから出てきた候補日が、見事にジョン・ノイマイヤー/ハンブルク・バレエと重なっている! 何とか他の日で調整ついたからよかったけど、まだまだ油断はできませぬ。

◎本日の読書
 『限りなき夏』クリストファー・プリースト

|

2008年9月26日 (金)

複雑な心境

草刈民代公式ウェブサイトに《華麗なるクラシックバレエ・ハイライト》のツアー裏話。コルプの写真も1枚ありました。

http://www.suoz.com/ftr_popup036.html

民代様はコルプ君を気に入ったようでございます。う〜む。

あわわ。コルプのサイト、トップページが変わっていてメチャメチャ焦った〜。

◎本日の読書
 『限りなき夏』クリストファー・プリースト

|

2008年9月25日 (木)

そんなこともある

今年は、全然、盛り上がらないっす、東京国際映画祭。何でだろう? オープニング作品はジョン・ウー監督『レッド・クリフ Part1』だというのに。う〜む。とりあえず、菊之助が出ている林海象監督『THE CODE/暗号』ぐらいは観ておこうかな。
他にも、シネマヴェーラ渋谷の《RURIKO:浅丘ルリ子の映画たち》とか、シアターN渋谷の《香港エンタテインメントシネマ・ウィーク》とか、ケイズシネマの《中国映画の全貌 2008》とかあるけど、どうしようかしらん???

◎本日の読書
 『限りなき夏』クリストファー・プリースト

|

2008年9月23日 (火)

シス・カンパニー公演『人形の家』

2008年9月5日(金)〜30日(火) Bunkamura シアターコクーン
http://www.siscompany.com/

[作]ヘンリック・イプセン [演出]デヴィッド・ルヴォー
[英訳版]フランク・マックギネス [翻訳]徐賀世子
[美術]礒沼陽子 [照明]小川幾雄 [音響]高橋巌
[衣装]伊藤佐智子 [ヘアメイク]鎌田直樹

続きを読む "シス・カンパニー公演『人形の家』"

|

2008年9月21日 (日)

新秋九月大歌舞伎 昼の部

2008年9月1日(月)〜25日(木) 新橋演舞場
http://www.kabuki-bito.jp/

《義賢最期》から《実盛物語》までを通して上演するのは、いいアイデアっすね。物語の全体像がよくわかるし。ちなみに、このふたつに挟まれた《竹生島遊覧》は七十七年振りの上演だそうな。

続きを読む "新秋九月大歌舞伎 昼の部"

|

2008年9月20日 (土)

台風一過

今日はジョン・ノイマイヤー/ハンブルク・バレエのチケット発売日なのに、午前中はガス給湯器の交換工事で自宅待機(泣)。ってことで、『椿姫』狙いの私は、県民ホールチケットセンターに電話をかけまくる。意外と早く繋がって、1日目は希望の席をget。2日目はまだ休めるかどうかわからないので、とりあえず保留。

その後、ガス給湯器の交換も無事に終わり、昨日のライヴの物販やら何やらの精算を事務所でサクッと片付けると、青空に誘われて横浜までチケットを取りに出掛ける。ついでに友人と飲みに行こうかと思ったら、昨日からツアーだった。残念。

◎本日の読書
 『双生児』クリストファー・プリースト

|

2008年9月17日 (水)

パラレルワールド

ジェイ・チョウが監督・脚本・音楽・主演を務めた『言えない秘密』を観る。
何を考えているのかわからない、ってゆうか、ぢつは何も考えていないンでは? とすら思ってしまうほど惚け倒した外見の奥に、一体、どれだけの才能を秘めているのやら。

Secret

読んでいる小説(クリストファー・プリーストの『双生児』)にも通じるSF的設定だったこともあって、終盤の驚きは薄かったかな。そう思って観れば、映像処理や伏線の張り方も、結構、そのまんまだし。整合性が保たれていないのは、未熟なのか、意図的なのか、そのあたりの判断は保留。

謎のヒロインを演じるグイ・ルンメイの、なんと魅力的なこと! 対するアリス・ツォンも、正統派美少女って感じで、ほんっとに可愛らしい。もうねぇ、このふたりを見られただけで満足っすよ、私は。あと、ジェイのピアノ演奏。これが半端なく巧いの。もちろん、秋生さんも素敵よん。

……ってなこと書いているうちに、UEFAチャンピオンズリーグ08/09シーズンのグループリーグは開幕するわ、新国立劇場バレエ団の契約ダンサーに新しい階級ができるわ、完全に後れを取ってしまった。そのうえ、登録ダンサーにはオノラブル・ダンサー(名誉ダンサー)というのができていて、酒井はな、小嶋直也、逸見智彦、森田健太郎が名を連ねていたり。ふーん。

◎本日の読書
 『双生児』クリストファー・プリースト

|

2008年9月15日 (月)

新秋九月大歌舞伎 夜の部

2008年9月1日(月)〜25日(木) 新橋演舞場
http://www.kabuki-bito.jp/

久しぶりに後援会にチケットをお願いしたら、昼夜とも最前列を取っていただきまして。何気に楽しみにしていたので、ありがたや〜。関係ないけど、成田屋の番頭、変わった?

続きを読む "新秋九月大歌舞伎 夜の部"

|

2008年9月13日 (土)

働け、ぢぶん

この連休は

仕事

仕事

歌舞伎

でございます。はい。
ってことで、ルグリ−マラーホフの『ジゼル』はやっぱ行けそうにないなぁ。残念。

◎本日の読書
 『双生児』クリストファー・プリースト

|

2008年9月 9日 (火)

本日の台湾シネマ・コレクション

Silk
シルク

Silk

これも見逃していたので、台湾シネマ・コレクションでの上映は嬉しかったンだけど……。

ったく、江口洋介にちゃんと中国語を喋らせろや。でなけれりゃ、ハリウッドみたいに国籍関係なく英語を喋らせるとか。無駄に中国語と日本語を混在させる意味がわかりません。あー、やっぱ大人の事情なんだろうか。
映画自体は、ホラーサスペンス、母と息子の愛情物語、幽霊に取り憑かれた男の物語、そのどれもが中途半端な印象で、もしチャン・チェンが出ていなければ目も当てられなかったような。

ってことで、チャン・チェンは相変わらず男前でした〜。あ、でも、額はかなりきてたかな(笑)。

◎本日の読書
 なし

|

2008年9月 7日 (日)

『アラジン』スペシャルトーク

急に思い立って、新国立劇場バレエ団『アラジン』スペシャルトーク@新国立劇場 オペラハウスホワイエに行く。もしかしたらランプの精ジーンの出演日がわかるかな、と。主役ペアでは決めかねていたので、ジーン役で決めようと思ってさ。

山田美也子さん(文化キャスター・エッセイスト)の司会で、演出・振付のデヴィッド・ビントレー氏に質問していく構成。通訳は早坂和佳子さん。他に、牧阿佐美芸術監督と出演ダンサー6人(本島美和さん、八幡顕光さん、小野絢子さん、湯川麻美子さん、吉本泰久さん、中村誠さん)。例によって、記録ではなく記憶です。

続きを読む "『アラジン』スペシャルトーク"

|

2008年9月 4日 (木)

南座の顔見世

リンク: 京都新聞.

師走彩る東西名優競演
南座・顔見世、11月30日幕開け

 11月30日に開幕する京都・南座「吉例顔見世興行」の出演者と演目が3日、発表された。坂田藤十郎、片岡仁左衛門ら上方勢に加え、中村吉右衛門、坂東玉三郎、市川海老蔵ら東西人気役者が顔をそろえ、源氏物語千年紀にちなんだ新作舞踊劇「源氏物語」など多彩な演目で師走を彩る。

 今年は、5年ぶり出演の玉三郎が仁左衛門や海老蔵と共演。”仁左玉“や顔見世初の”海老玉“の舞台もあり、話題を呼びそうだ。

記事では演目と配役がわかりにくいので、改めて書いておきます〜。

【昼の部】

『正札附根元草摺』
曽我五郎時致:愛之助
小林妹舞鶴:孝太郎

『八陣守護城』
佐藤正清:我當
斑鳩平次:進之介
正木大介:愛之助
雛衣:秀太郎

『藤娘』
藤の精:藤十郎

『梶原平三誉石切』
梶原平三景時:吉右衛門
青貝師六郎太夫:歌六
娘梢:芝雀
囚人剣菱呑助:由次郎
飛脚谷山早助:錦之助
俣野五郎景久:歌昇
大庭三郎景親:我當

『ぢいさんばあさん』
美濃部伊織:仁左衛門
宮重久右衛門:翫雀
下嶋甚右衛門:海老蔵
宮重久弥:愛之助
久弥妻きく:孝太郎
伊織妻るん:玉三郎

【夜の部】

『傾城反魂香』
おとく:藤十郎
狩野雅楽之助:扇雀
土佐修理之助:亀鶴
将監北の方:吉弥
土佐将監:竹三郎
浮世又平:翫雀

『元禄忠臣蔵』
大石内蔵助:吉右衛門
おみの:芝雀
磯貝十郎左衛門:錦之助
細川内記:種太郎
久永内記:桂三
荒木十左衛門:歌昇
堀内伝右衛門:歌六

『信濃路紅葉鬼揃』
鬼女:玉三郎
平維茂:海老蔵
鬼女:門之助
同:吉弥
同:笑也
同:笑三郎
同:春猿
山神:仁左衛門

『源氏物語千年記念 源氏物語』
光の君:海老蔵
夕顔:扇雀
六條御息所:玉三郎

演目も演目だけど、この値段は何すか?

一等席25,000円、二等A12,000円、二等B9,500円
三等席7,500円、四等席5,500円、特別席27,000円

1月のコルプ祭に向けて、体力と財力、共に温存。あっさりパス決定。

コルプと言えば、昨日貰ったチラシによると、《奇才コルプの世界》に草刈民代も出演するそうな。い、いつの間にそんなことに……(泣)。

◎本日の読書
 『ウォリス家の殺人』D・M・ディヴァイン

|

2008年9月 3日 (水)

レニングラード国立バレエ −ミハイロフスキー劇場−《華麗なるクラシックバレエ・ハイライト with 草刈民代》

2008年8月16日(土)〜9月3日(水) ゆうぽうとホール ほか
http://www.koransha.com/

数日前から猛烈アピールして、30分ほど早く事務所を出させてもらう。それでもギリギリ。
撤収時間の都合だか何だか知らないけど、普通の勤め人に開演18:30は厳しいっす。結局、1部は舞台に入り込めないうちに終わってしまったよ。トホホ。

続きを読む "レニングラード国立バレエ −ミハイロフスキー劇場−《華麗なるクラシックバレエ・ハイライト with 草刈民代》"

|

2008年9月 1日 (月)

一寸先は闇

福田首相が辞任表明。あら、ビックリ〜。

◎本日の読書
 『ウォリス家の殺人』D・M・ディヴァイン

|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »