« あら、早い | トップページ | 大丈夫かしらん? »

2008年12月27日 (土)

新国立劇場バレエ団『シンデレラ』

2008年12月20日(土)〜27日(土) 新国立劇場 オペラ劇場(オペラパレス)
http://www.nntt.jac.go.jp/

[振付]フレデリック・アシュトン [作曲]セルゲイ・プロコフィエフ
[監修・演出]ウエンディ・エリス・サムス
[指揮]デヴィッド・ガルフォース [管弦楽]東京フィルハーモニー交響楽団

シンデレラ:西山裕子
王子:中村誠

義理の姉たち:保坂アントン慶、堀登
仙女:本島美和

父親:石井四郎
ダンス教師:吉本泰久

春の精:伊藤友季子
夏の精:湯川麻美子
秋の精:高橋有里
冬の精:厚木三杏

道化:八幡顕光
ナポレオン:伊藤隆仁
ウェリントン:小笠原一真
王子の友人:陳秀介、冨川祐樹、江本拓、マイレン・トレウバエフ

ビックリしたよ〜。1幕最後、馬車横転
スピード出し過ぎじゃ? と思っていたら……ぐわーっと片輪が持ち上がり、そのまま横倒しに。2幕のシンデレラ登場で、どんだけホッとしたか。いや、もう、ほんっとに怪我がなくてよかったわ。

では、気を取り直して。

シンデレラの西山裕子、踊りは文句なく素晴らしかった! クリアなパと優雅な上半身にうっとり〜。特に、アームスの美しさは絶品。
ただ、シンデレラの造型はイマイチだったかな。とことん健気でも善良でもないし、苦難に打ち克つ聡明さを持ち合わせているわけでもないし、運命を切り開いていく自立心があるわけでもない。ある意味、凡庸というか、「何故、シンデレラなのか?」が最後まで見えてこなかった。

王子の中村誠はメチャメチャ不調。アクシデントの影響もあって、2幕が始まってしばらくは落ち着かなかった舞台が、彼の登場でググーッと締まったまではよかったンだけど、踊り出したら、あちゃ〜。跳躍の着地は乱れるわ、回転の軸はぶれるわ、ついでに、シンデレラが王子に微笑みかけても、全然、違うとこ見てるわ、いいとこなしじゃんかよぉ。期待していただけに、ちょっと残念。

秋の精の高橋有里の精緻で音楽的な踊りに感嘆。
仙女の本島美和からは、すべてを統べる者の大きさや慈しみが感じられず(この手の役にはあまり向いていない?)。
あとは、1幕の仕立屋、洋服屋、靴屋、床屋、宝石屋とか、2幕の道化、ナポレオン、ウェリントンあたりが、もうちょっとハジけてくれると嬉しいかも。

ってことで、終わってみれば、そこはかとなく物足りなさが残る2008年の舞台納めでございました。トホホ。

|

« あら、早い | トップページ | 大丈夫かしらん? »

2008年鑑賞記録」カテゴリの記事