« 謹賀新年 | トップページ | NODA・MAP 第14回公演『パイパー』 »

2009年1月 2日 (金)

歌舞伎座さよなら公演 古式顔寄せ手打式

2009年1月2日(金) 歌舞伎座
http://www.kabuki-bito.jp/

Kabukiza

NHK教育『こいつぁ春から 〜大歌舞伎・初春の賑わい〜』の放映は、かなり編集されていたような。松竹の社長が「坂田藤十郎」と呼び捨てにしていたのも、巧く処理されていたし(笑)。

一、歌舞伎座さよなら公演 古式顔寄せ手打式
     休憩二十分
一、記録映像「歌舞伎座を彩った名優たち」上映
一、舞踊「老松」
中村芝翫
中村富十郎
坂田藤十郎

幕が開くと、ほぼすべての幹部俳優・名題俳優、松竹関係者、各スタッフ責任者などが総勢200人! いやいやいやいや、壮観だわ〜。開演前、司会の葛西聖司アナウンサーが「どこを見たらいいかわからないほど」と言っていたけど、ほんっとにそんな感じ。

まずは、河竹登志夫による壽初春大歌舞伎の狂言名題披露があり、附帳(必要な道具や衣裳、鬘などを記した帳面)を各スタッフの責任者に手渡す附帳渡し、列席者一同による手打ち、松竹株式会社会長・大谷信義の挨拶、俳優協会会長・中村芝翫の挨拶と続き、最後は坂田藤十郎の音頭で観客も一緒に手締め。

中村雀右衛門(黒衣がついていたけど、ひとりじゃ危険?)、市川猿之助、澤村藤十郎、中村又五郎(ますます小さくなっていた)の姿を目にして感激もひとしお。
海老蔵はメチャメチャ痩せていて、ひとまわり小さくなった印象。相変わらず、落ち着きないぞ〜(笑)。

休憩時間にロビーを散策。一階は見事に嫁だらけでした。皆さん、素敵なお着物をお召しで。

今日のお土産は紅白饅頭と四月までの狂言名題。二月までは歌舞伎美人に載っているので、三月と四月をスキャンしてみました(クリックすると大きくなります)。

March

April

【関連記事】
歌舞伎座さよなら公演古式顔寄せ手打式|歌舞伎美人

|

« 謹賀新年 | トップページ | NODA・MAP 第14回公演『パイパー』 »

2009年鑑賞記録」カテゴリの記事