« 萌えポイントがたっぷり | トップページ | 祭典開幕 »

2009年7月27日 (月)

引き続き

録画しておいた草刈民代のドキュメンタリーを観る。今回は「NHKにBS設置のご連絡をお願いいたします」のメッセージは出ていなかった。ほっ。

先日の『ワンダー×ワンダー』とは違って、スタジオトークは一切なし。カメラは、ファイナル公演に向けて奔走する草刈民代と、そんな彼女を撮り続ける夫・周防正行監督を、ただひたすら追い掛けるのみ。
牧阿佐美バレヱ団の公演で周防監督を見かける度に「映画撮ろうよ」と思っていたンだけど、こんなに嫁を撮っていたとは。そりゃ、映画撮っている暇ないわな。

ゲストダンサーへのインタビューがない(どころか、コルプ以外はまともに紹介すらされていない)とか、『ジゼル』のお相手はシヴァコフのみ(オーチャードホールがいつの間にか神奈川県民ホールになっている)とか、「聞かなかったことにしよう」的なナレーションや民代様発言とか、ツッコミどころ満載なんだけど、予想以上にコルプのリハーサル風景があって嬉しかった。こうして改めてカーテンコールでの薔薇一輪贈呈シーンを観ると、何かで読んだ「民代に感謝している」という彼の言葉も、あながちリップサービスではないような。

仕事柄、打ち上げの席順(ボニーノとムッルは草刈・周防夫妻の真向かいで、ロホとチャンとコルプは少し離れている)が気になったり。周防監督による乾杯の挨拶は、実に気が利いておりました(これぞesprit?)。
ま、最後まで人気(知名度と言った方がいいかも)と実力が結びつかないダンサーではあったけど、これだけの公演をやり遂げたのは立派だと思うわ。

それにしても、お母様はお綺麗ですね〜。

◎本日の読書
 なし

|

« 萌えポイントがたっぷり | トップページ | 祭典開幕 »

イーゴリ・コールプ」カテゴリの記事