« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月30日 (日)

牧阿佐美バレヱ団『くるみ割り人形』キャスト

ここ最近、検索ワード「今勇也」でいらっしゃる方が増えているので、何でかなぁ? と思っていたンだけど、12月に牧阿佐美バレヱ団の『くるみ割り人形』で王子デビューするンですね!

※左から金平糖の精/雪の女王/王子

◆12月11日(金)19:00 伊藤友季子/青山季可/京當侑一籠
◆12月12日(土)14:00 田中祐子/吉岡まな美/菊地研
◆12月12日(土)18:30 坂本春香/日高有梨/清瀧千晴
◆12月13日(日)14:00 青山季可/笠井裕子/今勇也

[会場]ゆうぽうとホール
[料金]S席10,000円、A席8,000円、B席6,000円、C席4,000円
[発売]9月30日(水)10:00より発売

ん? 清瀧千晴さんも王子デビュー?

そうそう、今さんはNHK教育で始まった『スーパーバレエレッスン ロイヤル・バレエの精華 吉田都』にも出演するそうな。他の生徒役も牧阿佐美バレヱ団の団員らしい。う〜む、教える方も教わる方もやりにくい気がしないでもない。とりあえず、1回ぐらい録画してみるか。

検索ワード言えば、「ザ・グラン・パ・ド・ドゥ」も多いのね。こちらは、マリインスキー・ガラの演目が発表されたからかと。

前にも一度紹介いたしましたが、ロパートキナとコールプのYouTube動画っす。
http://www.youtube.com/watch?v=wCfHpLbbyCg

【追記】
ロパートキナとコールプの動画は削除されました。今後は著作権侵害の恐れがある動画は紹介しないよう気をつけます。

◎本日の読書
 『女流 林芙美子と有吉佐和子』関川夏央

|

2009年8月28日 (金)

PARCO PRESENTS / Team申 第3回公演『狭き門より入れ』

2009年8月17日(月)〜9月6日(日) PARCO劇場
http://www.parco-play.com

[作・演出]前川知大 [音楽]小林つん太 [照明・映像]原田保
[美術]土岐研一 [音響]原田耕児 [衣裳]山下和美

続きを読む "PARCO PRESENTS / Team申 第3回公演『狭き門より入れ』"

|

2009年8月27日 (木)

忙しい時に限って

情報が更新されるンだよね。
ってことで、マリインスキー・バレエの詳細キャストとガラの演目決定! だそうな。

私が持っている『白鳥の湖』は11/23(月)と11/30(月)で、ロットバルトと王子の友人たちは両日とも同じ。う〜む。

ロットバルト:イワン・シートニコフ
王子の友人たち:ヤナ・セーリナ、ヴァレーリヤ・マルトゥイニュク、マクシム・ジュージン

できれば、ロパートキナかテリョーシキナの日も観たいンだけど、仕事があるから、たぶん無理。

『眠れる森の美女』は12/3(木)が豪華っすね〜。

オーロラ:ディアナ・ヴィシニョーワ
デジレ王子:イーゴリ・コールプ
リラの精:エカテリーナ・コンダウーロワ
カラボス:イスロム・バイムラードフ
フロリナ王女:エフゲーニヤ・オブラスツォーワ
青い鳥:アントン・コールサコフ

これは、当然、買ってあります。あとは、テリョーシキナの日を追加できるか、だな。

『イワンと仔馬』は当日券でもいいかなぁ。

問題はガラですよ。予定していた仕事がなくなったのはいいけど(いや、ま、事務所としてはよくないけど)、S席の良席がもう残っていないのよね。適当なところで手を打つか、譲渡掲示板を探すか、あるいは、当日券に賭けるか……。
しっかし、ソーモアの『瀕死の白鳥』にはビックリだ。

◎本日の読書
 『女流 林芙美子と有吉佐和子』関川夏央

|

2009年8月24日 (月)

バレエ映画

シネマヴェーラ渋谷の《映画史上の名作 2》でジャン・ブノア・レヴィ監督『白鳥の死』を観る。

パリ・オペラ座のバレエ学校に通うローズ(ジャニーヌ・シャラ)は、ロシアからやって来たカリーヌ(ミア・スラヴェンスカ)が、自分の“お母さん”であるボープレ(イヴェット・ショーヴィレ)を差し置いて主役を踊ることに腹を立て、舞台の床をこっそり外す。奈落に落ちて脚を骨折したカリーヌは二度と舞台に立てなくなり、教師としてローズを教えることに……。

カリーヌのミア・スラヴェンスカは華やかな美貌の持ち主で、踊りも巧く、主役を踊るに相応しい特別なダンサーだということがすんなり納得できる。
ローズのジャニーヌ・シャラ(後年、ジャニーヌ・シャラ・バレエ団を創立し、振付家としても活躍したそうな)も、教師となったカリーヌがぜひとも育てたいと思わせる才能をきちんと感じさせてくれてよかった。ローズの親友ふたりも可愛いンだ、これが。

ってことで、さすがに画質や音声の劣化は否めないけど(1937年公開)、それなりに楽しめました。

ちなみに、タイトルの『白鳥の死』は劇中に出てくるバレエ作品のことで、王子の放った矢で死ぬ“瀕死の白鳥”って感じ。振付はセルジュ・リファールだったかな。

◎本日の読書
 『女流 林芙美子と有吉佐和子』関川夏央

|

2009年8月20日 (木)

忘れないように

気がつけば、銀座シネパトスの梶芽衣子特集も終わっていた……。果たして、ジョー・マ監督『さそり』は観に行けるンだろうか?

ってことで、とりあえずメモ。シネマヴェーラ渋谷の《映画史上の名作 2》にてジャン・ブノア・レヴィ監督『白鳥の死』。ミア・スラヴェンスカをぜひ観てみたい。その後は、お馴染みの《妄執、異形の人々 IV》が待っている〜。
シネマート六本木の《中川信夫 没後25周年レトロスペクティブ》も面白そう。

野田秀樹芸術監督就任記念展は『ザ・ダイバー』のついでに観るかな。

◎本日の読書
 『歌舞伎の見方』渡辺保

|

2009年8月16日 (日)

いよいよジークフリード王子!

先日貰ったチラシによると、菊地研さんもいよいよジークフリード王子デビューですね〜。

牧阿佐美バレヱ団『白鳥の湖』

11月28日(土)14:00開場 15:00開演
藤沢市民会館 大ホール

S席7,000円 A席6,000円 B席4,000円 C席2,000円(全席指定)

http://www.cityfujisawa.ne.jp/~geibnzai/new/2009event/2009event.jpg

やったー! と思ったのも束の間、仕事入ってるじゃん……(泣)。トホホ。
あ、オデット/オディールは伊藤友季子さんです。

◎本日の読書
 『ほかに誰がいる』朝倉かすみ

|

2009年8月13日 (木)

第12回 世界バレエフェスティバル ガラ・パフォーマンス

2009年8月13日(木) 東京文化会館
http://www.nbs.or.jp/

[指揮]ワレリー・オブジャニコフ [管弦楽]東京フィルハーモニー交響楽団  
[ピアノ]高岸浩子 [チェロ]遠藤真理

17時に始まって、終わったのは23時。ある意味、耐久レースのような。楽しかったけど、思うことも多々あり。

続きを読む "第12回 世界バレエフェスティバル ガラ・パフォーマンス"

|

2009年8月12日 (水)

三角関係

ようやくウディ・アレン監督『それでも恋するバルセロナ』を観る。
スカーレット・ヨハンソンにペネロペ・クルスという官能的な美人女優がふたりも出ていて、もうそれだけで満足。ハビエル・バルテムになりてー。いや、マヂで。

Barcelona

1人の男と2人の女。この三角関係は1対1の恋愛にはない安定感があって、案外いいかも。男とか女とか性的指向とか、どんどん取っ払われていくのも素敵。でも、ま、最後は落ち着くところに落ち着いちゃうンだけどね〜。それもまたリアルなり。
小粋な音楽と古色なナレーションもよろし。誰かにふれたくなるというか、ちょっとセクスィな気分になる1本でした。

しっかし、いろんな意味で現役なんだな、ウディ・アレンは。昔はあまり好きじゃなかったけど、ここ最近の作品は好き。本人が出演してないから?(笑)

◎本日の読書
 なし

|

2009年8月 9日 (日)

新橋演舞場八月歌舞伎公演 石川五右衛門 昼の部

2009年8月8日(土)〜27日(木) 新橋演舞場
http://www.kabuki-bito.jp/

[作]樹林伸 [脚本]川崎哲男、松岡亮 [監修]奈河彰輔
[振付・演出]藤間勘十郎

続きを読む "新橋演舞場八月歌舞伎公演 石川五右衛門 昼の部"

|

2009年8月 8日 (土)

本日初日

新橋演舞場『石川五右衛門』本日初日。

市川猿三郎丈のブログにここ数日の稽古の様子が書かれていますけど、やはり新作はたいへんそうですね〜。はてさて、一体、どんな作品に仕上がっていることやら?

◎本日の読書
 『タイム屋文庫』朝倉かすみ

|

2009年8月 5日 (水)

今頃になって追加券

TEAM申 第3回公演『狭き門より入れ』の追加券が出ていたから、思わずポチッとな。しばらく節約モードでいこうと思っていたのに……。

ま、いいか。

◎本日の読書
 『タイム屋文庫』朝倉かすみ

|

2009年8月 4日 (火)

仕事選ぼうよ

新橋演舞場『石川五右衛門』プロモーションのため、このところ急に露出が増えた海老蔵クン。ツタヤのCMもとうとう放映開始されましたけど、いいンですか、本当に、あれで? う〜む、もうちょっと仕事選ぼうよ……って、そうですか、余計なお世話ですか。

あー、でも、『パリ・オペラ座のすべて』の予告編ナレーションは素敵。

◎本日の読書
 『タイム屋文庫』朝倉かすみ

|

2009年8月 2日 (日)

コールプのインタビュー

たまに中京テレビ事業チケットオンラインでマリインスキー・バレエ『眠れる森の美女』の残席状況をチェックしてるンだけど、7/30付でイーゴリ・コールプ スペシャルインタビューがupされている〜。
愛知県芸術劇場も行きたいっ! でも、まともな席はもう残ってないのよね。

◎本日の読書
 なし

|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »