« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月29日 (火)

牧阿佐美バレヱ団『白鳥の湖』のキャスト

いつの間にか、牧阿佐美バレヱ団『白鳥の湖』のキャストが発表になっておりました。
http://www.ambt.jp/schedule.html

これ、どうしようかしらん? 行くとしたら24日なんだけど、伊藤友季子さんのオデット/オディールも、逸見智彦さんのジーグフリード王子も、飽きたような……って、何、贅沢言ってンだか。あー、でも、菊地研さんも、最近、全然観てないからな。パ・ド・トロワとスパニッシュか。う〜む。

一昨日から、頭の中で『ラ・バヤデール』の音楽が鳴りっぱなし。今まであんまり意識したことなかったけど、ミンクス好きなのかも。だからかな。ランチベリーによる3幕の似非ミンクスが、すっげー気持ち悪かったンだよね。そのあたりも、マカロワ版を受け入れられない理由かと。

◎本日の読書
 『江戸演劇史』渡辺保

|

2009年9月26日 (土)

東京バレエ団創立45周年記念公演VII『ラ・バヤデール』

2009年9月25日(金)〜27日(日) 東京文化会館
http://www.nbs.or.jp/

[振付・演出]ナタリア・マカロワ(マリウス・プティパ版による)
[音楽]ルドヴィク・ミンクス [編曲]ジョン・ランチベリー(マリオ・ボワ出版)
[舞台美術]ピエール・ルイジ・サマリターニ [衣裳]ヨランダ・ソナベント
[リハーサル指導]オルガ・エヴレイノフ 
[指揮]ベンジャミン・ポープ [演奏]東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

続きを読む "東京バレエ団創立45周年記念公演VII『ラ・バヤデール』"

|

2009年9月22日 (火)

大人計画『サッちゃんの明日』

2009年9月18日(金)〜10月11日(日) シアタートラム
http://www9.big.or.jp/~otona/

[作・演出]松尾スズキ [舞台監督]舛田勝敏 [照明]佐藤啓
[音響]藤田赤目 [舞台美術]HOSHI [音楽]星野源
[衣裳]戸田京子 [ヘアメイク]大和田一美

続きを読む "大人計画『サッちゃんの明日』"

|

2009年9月20日 (日)

秋の風物詩

映画祭の季節がやってまいりました。

第22回 東京国際映画祭

上映作品とスケジュールをざっくり眺める。今年はパス決定。その代わり、提携企画の2009 東京・中国映画週間(今のところPDFファイルのみ)に興味津々。

第10回 東京フィルメックス

ソイ・チェン監督『意外』とパク・チャヌク監督『サースト 〜渇き〜(仮題)』が観たい。早くスケジュール出ないかな。

◎本日の読書
 なし

|

2009年9月18日 (金)

モナコ公演開幕

一昨日、松竹大歌舞伎モナコ公演が開幕したそうな。写真で見る限り、かなり美麗な劇場ですね。
ンで、ぴあのニュースによると、海老蔵クンは「来年には自分が座頭として海外に挑戦する予定もある」と語っている。マヂっすか?

酒井法子の保釈と会見でマスコミは大騒ぎ。ある意味、アイドルはたいへんだな、と。ミュージシャンの場合、「××さん、薬で捕まったらしいよ」「トラ(エキストラ=代役)探さなきゃ」で、終わっちゃうもの。

◎本日の読書
 なし

|

2009年9月15日 (火)

『ヘンリー六世』連続上演

10月に新国立劇場が『ヘンリー六世』を上演すると思ったら、来年3月に彩の国さいたま芸術劇場でもシェイクスピア・シリーズ第22弾として上演するのね。

初台の三部作一挙上演9時間に対し、埼玉は前後編二部構成6時間ですか。どちらかを観るとするならば、翻訳とキャストで埼玉の方かな。

さてさて、早いものでUEFAチャンピオンズリーグ09/10シーズンも開幕でございます。初日ですし、27:30起床で頑張りますか。

◎本日の読書
 なし

|

2009年9月13日 (日)

どれにしようかな?

東京バレエ団『ラ・バヤデール』はマカロワ版なので1回ぐらいは観たいと思っているンだけど、主要キャストだけでは日程を決められず。そうこうしているうちに、全公演の予定キャストが発表されたわけで。

う〜む、マグダヴェーヤで選べば高橋竜太さんの26日だし、ヴァリエーションで選べば高村順子さん、吉川留衣さん、西村真由美さんの27日だし。とりあえず、25日はなくなったな、と。

◎本日の読書
 なし

|

2009年9月11日 (金)

写真集『歌舞伎座』

予約しておいた写真集『歌舞伎座』が、数日前に届いておりまして。
歌舞伎座の日常を捉えたフォトドキュメンタリーとでも言いましょうか。値段も手頃だし(定価2,500円)、歌舞伎ファンにはオススメでございます。

しっかし、この建物がなくなってしまうのかと思うと、どうにもやりきれない……。

◎本日の読書
 『P・G・ウッドハウスの笑うゴルファー』P・G・ウッドハウス

|

2009年9月 8日 (火)

今後の野田芸術監督

  • 2010年夏 NODA・MAP 第15回公演 東京芸術劇場 中ホール
  • 2010年秋 NODA・MAP 番外公演 東京芸術劇場 小ホール1

どちらも新作だそうな。楽しみ。

あと、2010年2月〜3月に小ホール1にて『農業少女』上演。野田戯曲を松尾スズキが初演出。出演は多部未華子、吹越満、山崎一、江本純子。

◎本日の読書
 『P・G・ウッドハウスの笑うゴルファー』P・G・ウッドハウス

|

2009年9月 7日 (月)

NBSから速報

リンク: 【速報!】ルグリ&ギエム 15年ぶりの共演が実現!:What's New:NBS日本舞台芸術振興会.

【速報!】ルグリ&ギエム 15年ぶりの共演が実現!

来年2月下旬、<マニュエル・ルグリの新しい世界>を上演することが決定いたしました。
この公演では、マニュエル・ルグリとシルヴィ・ギエムが共演が実現!バレエ界をリードし続けてきた二人が共演するのは、実に15年ぶりのこととなります。
発売日は10月下旬を予定しておりますが、プログラム、公演日程等の詳細は決定次第、このホームページでお知らせいたします!

15年ぶりですか……。一体、何を踊るンでしょう?

そして、パリ・オペラ座バレエ団ブログもスタート。料金は出てないみたいだけど、S席20,000円超えは当然?
ちなみに、予定される来日メンバーは……

アニエス・ルテステュ(エトワール)
マリ=アニエス・ジロー(エトワール)
クレールマリ・オスタ(エトワール)
デルフィーヌ・ムッサン(エトワール)
エミリー・コゼット(エトワール)
ドロテ・ジルベール(エトワール)
イザベル・シアラヴォラ(エトワール)

ジョゼ・マルティネス(エトワール)
マチュー・ガニオ(エトワール)
バンジャマン・ペッシュ(エトワール)
マチアス・エイマン(エトワール)
カール・パケット(プルミエ・ダンスール)
ステファン・ビュヨン(プルミエ・ダンスール)

エトワールって、人数だけは結構いるのね。

◎本日の読書
 『P・G・ウッドハウスの笑うゴルファー』P・G・ウッドハウス

|

2009年9月 5日 (土)

東京芸術劇場 野田秀樹芸術監督就任記念プログラム『ザ・ダイバー』日本バージョン

2009年8月20日(木)〜9月20日(日) 東京芸術劇場 小ホール1
http://www.geigeki.jp/

[作・演出]野田秀樹 [英語版共同脚本]コリン・ティーバン
[翻訳協力]河合祥一郎 [美術]堀尾幸男 [照明]小川幾雄
[作調]田中傳左衛門 [音響・演出補]高都幸男

続きを読む "東京芸術劇場 野田秀樹芸術監督就任記念プログラム『ザ・ダイバー』日本バージョン"

|

2009年9月 3日 (木)

成田屋からのお知らせ

成田屋の定紋“三升”をモティーフにしたピンブローチが販売されるそうな。受注生産なので、詳しくは下記をご覧下さい……って、まだ準備中だけど(笑)。

ジュエリー・コンシェルジュ大倉

大・中・小とあって、それぞれ653,100円、270,900円、140,700円。高っ!

それはそれとして。

数日前に京都南座 吉例顔見世興行の演目が決定しておりました。仁左衛門の助六、ちょっと観てみたいかも。

◎本日の読書
 『百鬼夜行抄』今市子

|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »