« 秋の風物詩 | トップページ | 東京バレエ団創立45周年記念公演VII『ラ・バヤデール』 »

2009年9月22日 (火)

大人計画『サッちゃんの明日』

2009年9月18日(金)〜10月11日(日) シアタートラム
http://www9.big.or.jp/~otona/

[作・演出]松尾スズキ [舞台監督]舛田勝敏 [照明]佐藤啓
[音響]藤田赤目 [舞台美術]HOSHI [音楽]星野源
[衣裳]戸田京子 [ヘアメイク]大和田一美

墨田サチコ:鈴木蘭々
墨田カズ、沼田:小松和重
墨田三千男:松尾スズキ
れい子、リリー:家納ジュンコ
道灌、ノムロ:宮藤官九郎
カチガネゴロー、ヤス:星野源
ヅケヤマテビイチ、ポーチお化け:皆川猿時
つぐみ、キヨ:猫背椿

下町と障害者と覚醒剤。何とも松尾スズキらしい組み合わせ(時事ネタになってしまったのは「たまたま」だそうな)。取り分け、障害者とその周辺の描き方。普段から思っていてもなかなか口に出せないことをさらりと表現していて素敵。痺れました。

ただ、登場人物の追い詰め方がヌルいというか、優しいというか。確かに、かなりとんでもない状況に陥ってはいるンだけど、昔はもっと容赦なかったような。いや、ま、昔のことを言い出したら切りないし、ある意味、作家としての老成なのかも知れないし。とりあえず、後味はよかったな、と。

劇団サモ・アリナンズのふたり、小松和重と家納ジュンコの振り切れっぷりが素晴らしい。
宮藤官九郎の「恐さ」も忘れ難い。作・演出もいいけど、ワタクシ的には、役者として舞台に立つ姿が観たいわけで。だって、松尾の世界観を誰よりもリアルに具現しているンだもの。
サチコの鈴木蘭々は、もう少し陰翳が出るとよかったかな。
そして、何気にキュートな星野源。好きだーっ!

ちなみに、上演時間は休憩なしで2時間5分ぐらいです〜。

|

« 秋の風物詩 | トップページ | 東京バレエ団創立45周年記念公演VII『ラ・バヤデール』 »

2009年鑑賞記録」カテゴリの記事