« 『ザ・グラン・パ・ド・ドゥ』いろいろ | トップページ | マリインスキー・バレエ 2009年日本公演《オールスター・ガラ》 »

2009年12月 9日 (水)

マリインスキー・バレエ 2009年日本公演『イワンと仔馬』

2009年11月22日(日)〜12月11日(金) 東京文化会館 ほか
http://www.japanarts.co.jp/

[音楽]ロジオン・シチェドリン [振付]アレクセイ・ラトマンスキー
[台本]マクシム・イサーエフ [音楽監督]ワレリー・ゲルギエフ
[装置・衣裳]マクシム・イサーエフ [照明]ダミール・イスマギロフ
[指揮]アレクセイ・レプニコフ [管弦楽]マリインスキー歌劇場管弦楽団

姫君:ヴィクトリア・テリョーシキナ
イワン/皇子:ミハイル・ロブーヒン
仔馬:イリヤ・ペトロフ
侍従:イスロム・バイムラードフ
皇帝:アンドレイ・イワーノフ
父親:ロマン・スクリプキン
雌馬/海の女王:エカテリーナ・コンダウーロワ
大きな馬たち:アンドレイ・エルマコフ、カミーリ・ヤングラゾフ
ダニーロ:ソスラン・クラーエフ
ガヴリーロ:マクシム・ジュージン
娘たち:ヤナ・セーリナ、エカテリーナ・イワンニコワ、クセーニャ・ロマショワ、ヴァレーリヤ・マルトゥイニュク、エリザヴェータ・チェプラソワ、オリガ・ミーニナ
ジプシーたち:ラファエル・ムーシン、フョードル・ムラショーフ、カレン・ヨアンニシアン、エレーナ・バジェーノワ、アナスタシア・ペトゥシコーワ、ポリーナ・ラッサーディナ、リュー・チヨン、アリサ・ソコロワ

DVDで観た時よりも、ずーっと、ずーーーっと、面白かった!
何がいいって、まず、オケですよ、オケ。音に厚みがあって、リズムが強力で、しかも、無駄にノリノリ(笑)。このメンバーで来日公演をやり直してもらいたい気分。いや、マヂで。

そんな素晴らしい演奏で踊るバレエが悪いわけがない。テリョーシキナも、ロブーヒンも、ペトロフも、バイムラードフも、イワーノフも、コンダウーロワも、みんなみんな素敵。
中でもペトロフの可愛さと言ったら! 映像より実物の方が何倍もキュートで、思わずお持ち帰りしたくなってしまった(笑)。それに、ロブーヒンと一緒に踊ると、いかにも“バディ”って感じで、微笑ましいンだな。

コンダウーロワの空間を切り裂くような踊りもすっげー格好よかったし、テリョーシキナの音楽性、ロブーヒンの豪快さ、バイムラードフの怪しさ(ちょっとジム・キャリー入ってる?)、イワーノフの稚気(『白鳥の湖』の道化も踊って欲しかったよ)……などなど、見どころ満載だし、コール・ドもガシガシ踊るし、いや、もう、あっという間の2時間半でした。

ただひとつ残念だったのは、私自身の体調がよくなかったこと。仕事が忙しくてメチャメチャ疲れていたものだから、ふと意識が飛ぶことも……。あと2日、無事に乗り切れるかしらん?

|

« 『ザ・グラン・パ・ド・ドゥ』いろいろ | トップページ | マリインスキー・バレエ 2009年日本公演《オールスター・ガラ》 »

2009年鑑賞記録」カテゴリの記事