« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月27日 (土)

ハイライト観てるなう

いつもは淡々と話す浅田真央選手が銀メダルで「悔しい」と大粒の涙……。同い年のライバルだなんて、まるで少女漫画のような。何はともあれ、お疲れ様でした。少しはゆっくりできるといいっすね。

ンが、私の心の琴線に触れたのは、ぢつはこっちでして。

米フィギュア・ジョニーウィアー選手が会見−「自分らしさ」をアピール

「外国メディアのジェンダーに関する心無い発言」ってどんな? と思いつつ、ググる気力がありませぬ。とりあえず、発言を読む限り、すっげーいい奴だな、ジョニー。

トラブルで1時間近く待たされた午前十時の映画祭の『ある日どこかで』についてはまた後日。

◎本日の読書
 なし

|

2010年2月26日 (金)

バレエとか歌舞伎とか

ジャパン・アーツの発売予定一覧によると、ボリショイ・バレエ&マリインスキー・バレエ 合同公演の発売日は4月25日(日)に変更になったみたいっす。少し猶予ができて助かったわ〜。ってゆうか、もっと先でもいいンですけど(笑)。

数日前に牧阿佐美バレヱ団から2010年度 年間公演ラインナップと年間セット券販売のお知らせが届く。

『眠れる森の美女』 5月22日(土)17:00、23日(日)15:00
『ラ・シルフィード』『セレナーデ』 10月23日(土)、24日(日)
『くるみ割り人形』 12月10日(金)〜12日(日)
『ドン・キホーテ』 2011年3月5日(土)、6日(日)
※会場はすべてゆうぽうとホール

料金は35,000円で、各公演のS席チケット(通常10,000円)1枚ずつのセットだそうな。もう発売が始まっている『眠れる森の美女』はともかく、それ以降は「一般発売前に希望日お申込みのご案内をお送りします」とあるので、キャスト未定で買わされるリスクは回避できそう。ま、買わないけど。

をを! 東京バレエ団の小出領子さん全幕主演復帰は『ドン・キホーテ』ですか。お相手はシムキンくん。これは観たい。
ニコラ・ル・リッシュの「ボレロ」/東京バレエ団「ドン・キホーテ」上演決定!

何気に松竹大歌舞伎ロンドン公演 公式ウェブサイトなるものがオープンしておりまして。凱旋公演として、8月に東京公演(新橋演舞場)、9月に京都公演(京都四條南座)があるそうな。南座は『伊達の十役』と思っていたので、ちょっと意外。

◎本日の読書
 『秘密』P・D・ジェイムズ

|

2010年2月23日 (火)

果たして、チケットは取れるのか?

成田屋から歌舞伎座さよなら公演 御名残四月大歌舞伎の案内が届く。
もちろん、ソッコーで申し込みましたですよ。「千龝楽はお取り扱いできません」とか、「ご本人様のご観劇を第一優先として」とか、いろいろ書いてあったけど、さすがにどこの後援会もたいへんなんでしょうね。何とか希望日が取れるといいな。

しばらく観ないうちに、フィギュアスケート混合アイスダンスはとんでもない次元に達していたわ〜。中でも、金メダルのバーチュー&モイヤー組にはビックリ! アクロバティックな大技の連続。それでいて、スケーティングはあくまで流麗。おまけに、美男美女だし。いや、もう、文句のつけようがない。完璧。

◎本日の読書
 『秘密』P・D・ジェイムズ

|

2010年2月21日 (日)

もうすぐお終い

ようやく歌舞伎座さよなら公演 御名残四月大歌舞伎の情報が出る。とりあえず、1部と3部は観たいけど、チケット取れるかしらん?

ついでに、海老蔵ロンドン公演の情報も。サドラーズ・ウェルズ劇場にて『義経千本桜 −鳥居前/吉野山/川連法眼館−』を芝雀と友右衛門で。地味だ……。

◎本日の読書
 『秘密』P・D・ジェイムズ

|

2010年2月20日 (土)

シェエラザード!

予告通り昨日は仕事を中断して……いや、仕事をしながら……フィギュアスケート男子シングルフリーを観戦いたしました(なんて呑気な職場なんだ)。

プルシェンコはまさかの銀メダル。でも、表彰式では誰よりもえらそー(笑)。金メダルはライサチェク。使用曲が『シェエラザード』だったから、コルプの奴隷が脳内リプレイされてしまって、ライサチェクを観ているのに、その実、まったく観ていなかったような。

高橋大輔クンの銅メダルは立派ですね。何より、一番魅せてくれました。正直に言うと、もうちょっと背が高くて、顔が小さくて、手脚が長かったら、もっともっと見栄えがするのにな……と、思うンだけど、あの体型だからこそ身体の隅々までコントロールできるのかも知れないし。
小塚崇彦クンは何気に4回転を決めて、メチャメチャ男前だわ。

う〜む、来週の女子シングルも楽しみになってきたぞ。

◎本日の読書
 『秘密』P・D・ジェイムズ

|

2010年2月18日 (木)

髭の剃り跡が濃い

昨日からよく目にするフィギュアスケートのプルシェンコ。こちらも昨日からよく目にする佐野稔情報によると、昨年結婚した奥さんから、「あなたが金メダルを取る姿を見たいわ〜 」と言われて復帰したとか。嫁の言いなりなのか、プルシェンコ。ってゆうか、それより何より、こんなに髭の剃り跡が濃い人だったっけか? 高麗屋親子並の濃さだぞ。

ま、そんなこんなで、明日のフリーは仕事を中断して観戦しちゃうンだろうな。

◎本日の読書
 『秘密』P・D・ジェイムズ

|

2010年2月16日 (火)

焦らなくても大丈夫?

スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念 国立モスクワ音楽劇場バレエ(長っ!)の主要キャスト出演スケジュール《オープニング・ガラ》演目がようやく決定したそうな。

ってことで、チケットを買おうと思ったンだけど、まだまだ残っているのね〜。焦らなくても大丈夫かしらん?

◎本日の読書
 『秘密』P・D・ジェイムズ

|

2010年2月12日 (金)

牧阿佐美バレヱ団『眠れる森の美女』主役発表

明日からの『三銃士』を前に、次回『眠れる森の美女』の主役が発表になってました。
http://www.ambt.jp/schedule.html

※左からオーロラ姫/フロリモンド王子/リラの精/カラボス

◆5月22日(土)17:00 伊藤友季子/京當侑一籠/田中祐子/保坂アントン慶
◆5月23日(日)15:00 青山季可/逸見智彦/吉岡まな美/森田健太郎

うー、代わり映えのしないキャスティングだ。今度こそ菊地王子を期待していたンだけど……これもパスかな。あ、でも、指揮がアニハーノフ氏なのよね。

◎本日の読書
 『秘密』P・D・ジェイムズ

|

2010年2月10日 (水)

今月は1公演だけ

今週末にうっかり予定を入れてしまい、牧阿佐美バレヱ団『三銃士』はパスすることに。ま、土曜日は全席完売、日曜日も当日券僅少だから、観たくても観られなかったかも知れないし、しゃーないか。

ってことで、今月の舞台鑑賞はルグリでお終い。2010 S/Sの立ち上がりで買い過ぎちゃったから、自粛自粛……とか何とか言いつつ、3月発売のワンピースも予約済みだったり(をいをい)。いや、もう、マヂで、お買いもの中毒の私! だわ。

◎本日の読書
 『狼花』大沢在昌

|

2010年2月 7日 (日)

《バレエの神髄》仮チラシ

昨日のルグリの公演で貰ってきました。

バレエ界の覇者たちが集う、夢のステージ!!
バレエの神髄

〈主な出演者〉
ファルフ・ルジマトフ(レニングラード国立バレエ芸術顧問)
吉田都(英国ロイヤル・バレエ ゲスト・プリンシパル)
岩田守弘(ロシア国立ボリショイ・バレエ ファースト・ソリスト)

ナタリヤ・ドラムチョワ(キエフ・バレエ ソリスト)
セルギイ・シドルスキー(キエフ・バレエ ソリスト)
ヴィクトル・イシュク(キエフ・バレエ ソリスト)  他
キエフ・バレエ 〜タラス・シェフチェンコ記念ウクライナ国立バレエ〜

◆7月8日(木)18:30開演
◆7月10日(土)15:00開演
◆7月11日(日)15:00開演

[会場]文京シビックホール
[料金]S席14,000円、A席11,000円、B席8,000円、C席5,000円
[お問い合わせ]光藍社 03-3943-9999

前売開始は3月19日(金)だそうです。
あ、地方公演もあります。

◆7月12日(月)18:30開演 大阪NHKホール
◆7月14日(水)18:30開演 アクロス福岡

“ロシア・バレエの帝王”ルジマトフに“ロイヤルの女王”吉田都に“ボリショイの魂”岩田守弘が一度に観られるなんて、贅沢だわ。

◎本日の読書
 なし

|

2010年2月 6日 (土)

マニュエル・ルグリの新しき世界 −ルグリと輝ける世界のスターたち−

2010年2月6日(土)〜9日(火) ゆうぽうとホール
http://www.nbs.or.jp/

それほど好きなわけでもないのに、何故か観に行ってしまうルグリ。これほど美しく踊るダンサーはそういないし、15年ぶりにギエムと共演するし、ってことで、やっぱり今回も行ってしまいました。でも、B席。だって、節約モードなんだもの。

続きを読む "マニュエル・ルグリの新しき世界 −ルグリと輝ける世界のスターたち−"

|

2010年2月 3日 (水)

《ルグリと輝ける世界のスターたち》キャスト変更のお知らせ

リンク: <マニュエル・ルグリの新しき世界>Bプロキャスト変更のお知らせ:What's New:NBS日本舞台芸術振興会.

<マニュエル・ルグリの新しき世界>Bプロキャスト変更のお知らせ

<マニュエル・ルグリの新しき世界>Bプロの出演者が下記のとおり変更となりました。
当初、「アザー・ダンス」に出演を予定しておりましたフリーデマン・フォーゲルはリハーサル中に首を痛め、「アザー・ダンス」に出演することができなくなりました。
そのため、マニュエル・ルグリの判断により「アザー・ダンス」はデヴィッド・ホールバーグが、また「ドニゼッティ・パ・ド・ドゥ」は上野水香のリハーサル・パートナーを務めていた高岸直樹が急遽出演することになりました。
何卒ご了承のほどお願い申し上げます。なお、「モペイ」は予定どおりフォーゲルが出演いたします。

「アザー・ダンス」はNGだけど、「モペイ」は差し支えない、と。ふむ。

昨日は起きたらすでに雪はやんでいて、道路はシャーベット状態。ンが、それも夜にはほとんど消えていた。

◎本日の読書
 『蛇の歯』フェイ・ケラーマン

|

2010年2月 1日 (月)

初積雪

降ってますね〜、雪。
都内もそれなりに積もってきて、明日の朝がちょっと心配。

◎本日の読書
 『蛇の歯』フェイ・ケラーマン

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »