« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

松橋登さまの妖僧 その弐

今朝のクラシコ、ありゃ何ですか? 5-0っすよ、5-0。いくらカンプ・ノウだからって、今季無敗のレアル・マドリーがバルセロナに5点も取られちゃいかんでしょう。いや、もう、がっかりだよ。

ンで、がっかりの次はびっくりな話題。

リンク: チャイコフスキー記念 東京バレエ団.

高岸直樹・上野水香、入籍のご報告

このたび、東京バレエ団に所属しております、高岸直樹(芸術監督補、プリンシパル)と上野水香(プリンシパル)が、入籍いたしました。ここにお知らせいたします。

噂は本当だったンですね。おめでとうございます〜。

では、気を取り直して(?)、『服部半蔵 影の軍団』でまったりと盛り上がってまいります。

続きを読む "松橋登さまの妖僧 その弐"

|

2010年11月29日 (月)

松橋登さまの妖僧 その壱

来週に迫った松橋登さんの《師走のふたり会》に向けて、今度は『服部半蔵 影の軍団』のあまりにも妖し過ぎる妖僧でございます。

三代将軍家光の一周忌の大法要を前に、幼君家綱が行方不明に。それは、次期将軍の座を狙う紀州頼宣(成田三樹夫)、徳川家への怨念に身を焦がす御台所孝子(三浦真弓)、邪悪な野心に燃える妖僧浄空(松橋登)の三人が結託して、家綱を暗殺し天下を我がものにせんとする陰謀だった……。

続きを読む "松橋登さまの妖僧 その壱"

|

2010年11月28日 (日)

初春花形歌舞伎も危ない?

この記事によると、海老蔵は全治2ヶ月だそうな(ちなみに、怪我は左側に集中しているから、相手は右利きだね)。
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/101127/tnr1011272111018-n1.htm

ってことは、1月の座頭公演も中止になる可能性あり?
そもそも歌舞伎役者の場合、“見得”という独特な表現方法があるわけで、顔にメスを入れる影響はかなり大きいと思われ。
何はともあれ、一日も早い回復を祈るばかりでございます。

ただ、体調不良で翌日の記者会見をキャンセルしたその日に飲み歩き(しかも、翌日夜には後援会向けのパーティーもあった)、トラブルに巻き込まれ大怪我を負い、舞台を降板したことに弁解の余地はないよな。破天荒なのは芸だけにしてくれ。

◎本日の読書
 『家族の昭和』関川夏央

|

2010年11月26日 (金)

市川海老蔵休演につき

南座の吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎の配役が変更になったそうな。

【昼の部】

『阿国歌舞伎夢華』

名古屋山三:片岡仁左衛門

【夜の部】

『外郎売』

曽我五郎:片岡愛之助
小林朝比奈:市川猿弥
梶原景時:市川寿猿

2007年7月の松竹座に続き、またまた松嶋屋さんに迷惑をかけることになるとは……。はあぁ。

◎本日の読書
 『家族の昭和』関川夏央

|

2010年11月25日 (木)

どうした、海老蔵!?

リンク: asahi.com(朝日新聞社):海老蔵さん、顔などけが 「酒を飲んでいて殴られた」 - 社会.

海老蔵さん、顔などけが 「酒を飲んでいて殴られた」

 25日午前7時15分ごろ、東京都目黒区の歌舞伎俳優市川海老蔵=本名・堀越孝俊=さん(32)方から、「(市川さんが)けがをして帰ってきた」と110番通報があった。目黒署員が駆けつけると、市川さんは顔などにけがを負っており、救急車で都内の病院に運ばれた。市川さんは「飲食店で酒を飲んでいた時に殴られるなどした」と話しているといい、同署は詳しい状況を調べている。

ったく、今日は《二人を祝う会》だというのに、何をしているンだ、海老蔵。やるやると思っていたけど、ここまでやるか。
さっそくお仲間にメールしてみたところ、主役不在で会は行われるそうな。ふーん。

ちなみに、案内が届いた頃、思いっきりバレエモードだった私は、早々と欠席の返事を出しておりまする。

【追記】
続報いくつか。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101126k0000m040028000c.html
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101125/crm1011251445021-n1.htm

「ほお骨にひびが入る大けが」で「前歯も欠けていた」となると、南座の吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎もヤバくね?

【さらに追記】
團十郎の記者会見。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101125/crm1011252227031-n1.htm
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101125-OYT1T00968.htm?from=main3

◎本日の読書
 『家族の昭和』関川夏央

|

2010年11月24日 (水)

世田谷パブリックシアター 現代能楽集V『「春独丸」「俊寛さん」「愛の鼓動」』

2010年11月16日(火)〜28日(日) シアタートラム
http://setagaya-pt.jp/

能「弱法師(よろぼし)」「俊寛」「綾の鼓」より

[企画・監修]野村萬斎 [作]川村毅 [演出]倉持裕
[美術]堀尾幸男 [振付]小野寺修二 [衣装]半田悦子
[ヘアメイク]宮内宏明 [挿入歌作曲]伊藤ヨタロウ
[照明]杉本公亮 [音響]尾崎弘征

続きを読む "世田谷パブリックシアター 現代能楽集V『「春独丸」「俊寛さん」「愛の鼓動」』"

|

2010年11月23日 (火)

民間人にも犠牲者

疲れが溜まっていたのか、ひたすら寝る。目が覚めたら「南北で砲撃戦」のニュース。北はやることが極端だな。韓国はよく自制しているね。

◎本日の読書
 『家族の昭和』関川夏央

|

2010年11月20日 (土)

【第二回 午前十時の映画祭】開催決定!!

「数多くの皆さまの熱いご要望を頂き、【第二回 午前十時の映画祭】の開催が決定」したそうな。

【第二回 午前十時の映画祭】では、50本ずつ2つの作品群が全国を回ります。

■今回新たに選ばれた50本(Series2/青の50本)を、1年目からの25劇場で上映。
■1年目に上映し好評の50本(Series1/赤の50本)を、新たな25劇場で上映します。

ワタクシ的には、今度の50本の方が観たい作品が多いわ。『エイリアン』『風と共に去りぬ』『華麗なる賭け』『キャリー』『禁じられた遊び』『サンセット大通り』『情婦』『タクシードライバー』『ディーバ』『ひまわり』『ブラック・サンデー』『M★A★S★H』『真夜中のカーボーイ』『ミツバチのささやき』『夜の大捜査線』などなど、観たい観たい。

……と言っても、上映は午前十時だけだから、そんなには観られないンだけどね。

◎本日の読書
 『家族の昭和』関川夏央

|

2010年11月17日 (水)

松橋登さまの足利義昭 その弐

昨日に引き続き、『黄金の日日』から松橋登さまの足利義昭を。

いいのかなぁ、こんなに載せちゃって。

……と言ったところで、もう遅い。やってしまえばそれですべてやってしまったことになるなら、早くやってしまうに限る(違うってば)。

続きを読む "松橋登さまの足利義昭 その弐"

|

2010年11月16日 (火)

松橋登さまの足利義昭 その壱

仕事が一段落したので、松橋登さんの《師走のふたり会》に向けて、まったり盛り上がっていこうかと。
まずは、『黄金の日日』での室町幕府最後の将軍、足利義昭でございます。ずいぶん前に「スカパー! HDに変更したら、録画したDVDがMacで観られなくなった」とぼやいていた件は、奇特な友人からDVDを借りることで解決いたしました。

YouTubeに動画をupした方が早いンでしょうけど、とりあえず、画像のみで。

続きを読む "松橋登さまの足利義昭 その壱"

|

2010年11月13日 (土)

眠れない……

本日のコンサート無事終了。幕間に出したワインサービスの残りを何杯か飲んだ後の精算作業。間違ってないよね、数字(笑)。

眠れないままwebをふらふらしてたら、「ロシア:日本人ダンサー10人が公演 バレエの本場で」という記事がありました。ボリショイ・バレエの岩田守弘さんがプロデュースなさった公演ですね。出演者はこちら
出演者のひとり、三木雄馬さんのブログには終演後の写真も。

◎本日の読書
 『夏目家順路』朝倉かすみ

|

2010年11月10日 (水)

ナチョだ!

ミハイロフスキー劇場のfacebookにナチョ・ドゥアトの写真がっ!
Conocimiento|Facebook

何かのリハーサルかしらん? それにしても、なんて素敵なんでしょう。身体も締まってて、まだまだ動けそう。

そして、Dance Cubeには早々と合同ガラのレポート。例のすっげー衣裳に身を包んだコールプの写真もあります。
http://www.chacott-jp.com/magazine/world-report/from-tokyo/tokyo1011a.html

【追記】
ミハイロフスキー劇場の11月10日のつぶやきにナチョのインタビュー情報。ンが、ロシア語だから、全然、読めない(笑)。
http://www.fontanka.ru/2010/11/09/143/

◎本日の読書
 『豆腐小僧双六道中ふりだし』京極夏彦

|

2010年11月 9日 (火)

映画館でバレエ

リンク: 2010年お知らせ一覧|お知らせ/メディア掲載情報|Livespire - ライブスパイア.

「ワールドクラシック@シネマ2011」ラインナップ決定

「ワールドクラシック@シネマ」が2011年にお届けする作品が決定いたしました。
今年もヨーロッパのオペラとバレエ、計8作品を予定しています。
各作品の詳細につきましては、準備が整い次第、ホームページでお伝えしてまいります。

バレエは、

  • ロイヤル・バレエ(イギリス)
    『ロメオとジュリエット』(2010年上演)
  • ボリショイ・バレエ(ロシア)
    『白鳥の湖』(2010年上演)
    『クラスコンサート』、『ジゼル』(2011年上演予定)
  • パリ・オペラ座バレエ(フランス)
    『コッペリア』(2011年上演予定)

だそうな。

「これから上演される11年の最新作もラインアップされている」のは嬉しい限り。

◎本日の読書
 『豆腐小僧双六道中ふりだし』京極夏彦

|

2010年11月 7日 (日)

先日のチラシから

来年の牧阿佐美バレヱ団『ドン・キホーテ』で菊地研さんはバジルを踊るンですね! しかも、指揮はアンドレイ・アニハーノフさん。これは行かねば。
http://www.ambt.jp/schedule.html

※左からキトリ/バジル

◆3月5日(土)18:00 青山季可/清瀧千晴
◆3月6日(日)14:30 久保茉莉恵/菊地研

[会場]ゆうぽうとホール
[料金]S席10,000円、A席8,000円、B席6,000円、C席4,000円
[発売]一般前売11月24日(水)10:00より

MRB松田敏子リラクゼーションバレエの講師紹介によると、久保さんは牧阿佐美バレヱ団に今年入団したばかりみたい。どんなダンサーなのかしらん?

◎本日の読書
 『豆腐小僧双六道中ふりだし』京極夏彦

|

2010年11月 4日 (木)

妖し過ぎるぅ

ここ数日、検索ワード「新国立劇場」とか「ペンギン・カフェ」に混じって「松橋登」が増えているので、どうしてかしらん? と思っていましたけど、録画しておいた『服部半蔵 影の軍団 』(時代劇専門チャンネルで放送中)を観て、思いっきり納得いたしました。

松橋さんは第14話〈将軍蒸発! 女狐の陰謀〉と第15話〈地獄を招く妖僧〉にゲスト出演しておられて、これがもう、すんごい妖しさなんですわ。いやいやいやいや、ググりたくなる気持ちもよくわかります。
「どれくらい妖しいの?」とご興味を持たれた、そこの貴方、まだ間に合います。11/20(土)24:00と25:00に時代劇専門チャンネルをご覧下さいませ。

◎本日の読書
 『豆腐小僧双六道中ふりだし』京極夏彦

|

2010年11月 3日 (水)

新国立劇場バレエ団『ビントレーのペンギン・カフェ』

2010年10月27日(水)〜11月3日(水) 新国立劇場 オペラ劇場(オペラパレス)
http://www.nntt.jac.go.jp/

[指揮]ポール・マーフィー [管弦楽]東京フィルハーモニー交響楽団
[メゾソプラノ]渡辺敦子(『ペンギン・カフェ』)

最初は1回観ればいいかと思っていたけど、公開リハーサルで見学した古川和則のケープヤマシマウマを観たくて、2日続けて初台へ。キャストもほとんど違うし、結果的には、両日行ってよかったです。

続きを読む "新国立劇場バレエ団『ビントレーのペンギン・カフェ』"

|

2010年11月 2日 (火)

新国立劇場バレエ団『ビントレーのペンギン・カフェ』

2010年10月27日(水)〜11月3日(水) 新国立劇場 オペラ劇場(オペラパレス)
http://www.nntt.jac.go.jp/

[指揮]ポール・マーフィー [管弦楽]東京フィルハーモニー交響楽団
[メゾソプラノ]渡辺敦子(『ペンギン・カフェ』)

新しい芸術監督にデヴィッド・ビントレーを迎え、「20世紀初頭から現代までを俯瞰する」トリプル・ビルで開幕した新国立劇場バレエ団。合同ガラの余韻が残っているまま初台へ向かったけど、そこはそれ、別物として楽しめました。

続きを読む "新国立劇場バレエ団『ビントレーのペンギン・カフェ』"

|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »