« バルセロナが4度目の欧州制覇 | トップページ | 今更な話題 »

2011年6月 2日 (木)

美輪明宏版『愛の讃歌 〜エディット・ピアフ物語〜』

2011年6月2日(木) グリーンホール相模大野 大ホール
http://www.hall-net.or.jp/

*スタッフ&キャストはこちらをご覧下さい。

電車1本で帰って来られるし(小田急線沿線在住者)、ってことで、何となく取ってしまったチケット。ル テアトル銀座では前方の席だったので、今回は敢えて2階席にしてみました。美輪様を見下ろす──これはこれで、また趣がございましたです。はい。

2回目ということもあって、ある程度、覚悟はしてたけど、やっぱ冗長。2幕のマルセルに捧げる《愛の讃歌》で終わっていいンじゃ? 最後の夫テオ・サラポが出てくる3幕はいらないっしょ。

いや、ま、美輪様にとっては、それこそが肝要みたいですけど、でも、3幕は下手なコントを見せられているようなグダグダ感満載。特に、テオがレッスンで歌うシーン! 昭和歌謡を思わせるメロディラインといい、歌と声による回想がクロスフェードする演出といい、笑うしかないっす。

あと、役の年齢と実年齢があまりにも乖離し過ぎ。頭の中でいちいち修正しながら観るのは、非常に疲れます。

……とか何とか言いながら、美輪様ワールドにハマっている気がしないでもない。気がつけば、最早ビブラートとも言えない「をうをうをうをう」を心待ちにしていたり(笑)。恐るべし、美輪様。

レーモン・アッソーの松橋登さんは、本日も素敵でございました。美輪様のピアフ相手に、知性や教養の大切さを熱く語れば語るほど滑稽味は増すンだけど、品があるからあくまでも綺麗なの。
新人・佐藤雄一クンは前回より台詞に説得力が出てたかな。

今日は客席の反応がよく、暗転の度に拍手が起こるわ、歌い終わると「ブラボー」が掛かるわ、メチャメチャ盛り上がっておりました。
ってことで、終わってみれば楽しかったです〜。

|

« バルセロナが4度目の欧州制覇 | トップページ | 今更な話題 »

松橋登」カテゴリの記事

2011年鑑賞記録」カテゴリの記事