« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月31日 (火)

ダニール・シムキンのガラ公演概要決定

11月のダニール・シムキンのガラ公演〈インテンシオ〉概要が決定したそうな。
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/cat16/post-417.html#001570

シムキン以外の出演者はこんな感じ。

ジュリー・ケント(アメリカン・バレエ・シアター)
ヤーナ・サレンコ(ベルリン国立バレエ団)
イリーナ・コレスニコワ(サンクトペテルブルグ・バレエ・シアター)
マリア・コチェトコワ(サンフランシスコ・バレエ団)
マシュー・ゴールディング(オランダ国立バレエ団) ほか

ちなみに、当初発表されていた出演者はこんな感じ。

シルヴィア・アッツォーニ(ハンブルク・バレエ)
アレクサンドル・リアブコ(ハンブルク・バレエ)
マルセロ・ゴメス(アメリカン・バレエ・シアター)
マチルド・フルステー(パリ・オペラ座バレエ団)
イリーナ・コレスニコヴァ(サンクトペテルブルク・バレエ・シアター)
セミョーン・チュージン(ボリショイ・バレエ) ほか

ってことで、まったく別物ですね。アッツォーニもリアブコもチュージンも出ないなら、マリインスキーと重なってるし、観なくてもいいかな。

ナターリヤ・オシポワは無事に来日して『ドン・キホーテ』を踊ったのね。よかった、よかった……と言っても、私が観るのはBプロ最終日とガラだけなので、まだまだ先だわ。

◎本日の読書
 『ピカルディの薔薇』津原泰水

続きを読む "ダニール・シムキンのガラ公演概要決定"

|

2012年7月29日 (日)

暑い夏

始まりましたね、オリンピック。
そして、第13回世界バレエフェスティバルも本日の全幕特別プロ『ドン・キホーテ』で開幕です。

会場ではチャリティー・オークションを実施。さらに、「NHKがA・Bプロを収録し、テレビ放映(11月予定)するとともに、その映像を被災地の映画館等で無料公開する」そうな。
http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/renew/13-6.html#001567

ところで、ミハイロフスキー劇場の7月27日付Twitterによると、ナターリヤ・オシポワは病気降板したンですね。無事に来日できるといいけど。

◎本日の読書
 『ピカルディの薔薇』津原泰水

|

2012年7月26日 (木)

そろそろ買い替える?

昨夜、ミハイロフスキー劇場『ドン・キホーテ』のInternet Liveを観ようとしたンだけど、私のMacは古過ぎて必要なプラグインがインストールできず、結局、観られなかったよ。OS X Mountain Lion搭載のMacBook Air買おうかな。

◎本日の読書
 『蘆屋家の崩壊』津原泰水

|

2012年7月25日 (水)

ナンバープレートは“NTGUILTY”

ブラッド・ファーマン監督『リンカーン弁護士』を観る。

Lincoln

大型高級車リンカーンの後部座席を事務所代わりに、広大なロサンジェルスを走り回る刑事弁護士ミッキー・ハラー。彼を主人公としたマイクル・コナリーの同名小説の映画化。

清濁併せ呑む辣腕刑事弁護士をマシュー・マコノヒーが好演している。元妻役のマリサ・トメイ、調査員役のウィリアム・H・メイシーなど、脇役も渋い。ただ、観終わった後の印象は呆気ない。依頼人ルイス・ルーレとその母親の描き方が弱いからかしらん?

それより何より、担当検事役がAXNミステリーで放送中の『ザ・ファーム 法律事務所』の主人公ミッチを演じているジョシュ・ルーカスなので、どうしても弁護士がふたりいるように思えてしまって……。役名もさぁ、ミックとミッチで似てるし。

とりあえず、音楽(劇伴ではなく挿入曲)はよかったっす。

◎本日の読書
 『蘆屋家の崩壊』津原泰水

|

2012年7月23日 (月)

関係者席をget

「第13回世界バレエフェスティバル(Aプロ/Bプロ)の関係者席を、7月23日(月)10時よりNBSチケットセンターとNBS WEBチケットで発売いたします」ってことで、WEBの方でBプロを1枚getいたしました。ナチョ・ドゥアトの作品が3つも入ってる〜。

全日チェックしたわけではないけど、だいたい20列サイドブロックが出ていた模様。その後、11時半から発売になったe+は21列センターブロックがごっそり出ていたり。どんだけ関係者席を押さえてるンだよ?
ま、でも、当日券に並ぶつもりでいたので、事前に買えたのは有難いっす。

◎本日の読書
 『猫ノ目時計』津原泰水

|

2012年7月20日 (金)

玉三郎が人間国宝に認定

リンク: 玉三郎が重要無形文化財保持者各個認定(人間国宝)に | 歌舞伎美人(かぶきびと).

玉三郎が重要無形文化財保持者各個認定(人間国宝)に

 坂東玉三郎が重要無形文化財「歌舞伎女方」保持者の各個認定(人間国宝)を受けたことが発表され、南座で取材会を行いました。「皆さんのおかげで、ありがたいと思っております。それに恥じないよう、なおなお充実した作品、舞台づくりに励みたいと思います」との挨拶とともに、認定に当たって思うところを玉三郎が語りました。

芝翫と雀右衛門が相次いで亡くなり、歌舞伎女方の人間国宝が不在であることを考えれば、今回の認定は順当とも言えるンだけど、團十郎や仁左衛門を飛び越えてるわけで。う〜む。

しっかし、玉三郎も62歳ですか。それが一番の驚きだったり(笑)。

◎本日の読書
 『猫ノ目時計』津原泰水

|

2012年7月19日 (木)

七月大歌舞伎 夜の部

2012年7月4日(水)〜29日(日) 新橋演舞場
http://www.kabuki-bito.jp/

Saru

二代目市川猿翁、四代目市川猿之助、九代目市川中車の襲名披露、ならびに、五代目市川團子の初舞台。
三階B席だったので、“観る”より“聴く”って感じ。すぐ近くに謎の大向こう。なんつーか、しゃっくりのような。間は悪くないンだけど、何を言ってるのかまったく不明。
ちなみに、筋書の舞台写真はまだでした。この土日あたりに入るらしい。

続きを読む "七月大歌舞伎 夜の部"

|

2012年7月17日 (火)

高円宮憲仁親王殿下の十年式年祭にあたり新演出・新振付

牧阿佐美バレヱ団『時の彼方に 〜ア・ビアント〜』の配役が決定したそうな。

カナヤ:メリッサ・ハミルトン(ゲスト、英国ロイヤルバレエ)
リヤム:ドメニコ・ルチアーノ(ゲスト、ドミニク・ウォル シュ・ダンスシアター)
冥界の女王:吉岡まな美

主役はふたりともゲストなんですね。前回カナヤを踊った田中祐子さんもよかったけどな。

◎本日の読書
 なし

|

2012年7月14日 (土)

夏は香港映画の季節?

香港映画の特集上映。

2012 夏の香港傑作映画まつり
ニュー香港ノワール・フェス

このところスクリーンで彦祖を観ていなかったので、『盗聴犯』は行こうかと。

明日、明後日はLIVEの仕事。お客さんがたくさん入りますように。

◎本日の読書
 なし

|

2012年7月11日 (水)

イーゴリ・コルプの画像

フォトグラファーの方のFacebookより。いつでも見られるようにφ(.. )メモメモ。

コルプのソロ『Beginning』リハーサル風景。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.412014742182627.120331.221945861189517&type=3

レッスン風景かな。コルプが若い子たちを指導してるみたいっす。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.418895031494598.121770.221945861189517&type=3

◎本日の読書
 『吊るされた女』キャロル・オコンネル

|

2012年7月 7日 (土)

新国立劇場 マンスリー・プロジェクト 7月

2012年7月7日(土) 新国立劇場 小劇場
http://www.nntt.jac.go.jp/

演劇講座 ハロルド・ピンターの世界
講師:喜志哲雄(京都大学名誉教授)

ハロルド・ピンターの『誕生日のパーティ』や『背信』をJ・B・プリーストリーの『警部来訪(夜の来訪者)』と比較しながら、ピンターの読み方をわかりやすく解説。講師の喜志先生は声にも張りがあり、70代後半とは思えぬ若々しさでございました。
遠慮がちに宣伝していた自著。高いっす。

続きを読む "新国立劇場 マンスリー・プロジェクト 7月"

|

新国立劇場『温室』

2012年6月26日(火)〜7月16日(月・祝) 新国立劇場 小劇場
http://www.nntt.jac.go.jp/

[作]ハロルド・ピンター [翻訳]喜志哲雄 [演出]深津篤史
[美術]池田ともゆき [照明]小笠原純 [音響]上田好生
[衣装]半田悦子 [ヘアメイク]川端富生

続きを読む "新国立劇場『温室』"

|

2012年7月 5日 (木)

8年ぶりの舞台復帰

昨日、初日を迎えた新橋演舞場 七月大歌舞伎。猿翁の芝居復帰は8年ぶりだそうな。五右衛門の投げた小柄をちゃんと受け止められたンだろうか?

後見の黒衣は中車なのね。
http://www.kabuki-bito.jp/news/2012/07/8_6.html

ンで、五右衛門を勤めた海老蔵は、来年3月に團十郎と共にシェイクスピア初挑戦。
誰だよ、こんな無謀なキャスティングしたの。「これは、凄いことになる」って、別の意味で凄いことになりそう(笑)。

オセロー
http://www.shochiku.co.jp/play/others/schedule/2013/3/post_85.php

[日時]2013年3月1日(金)〜24日(日)
[劇場]ル テアトル銀座
[料金(税込)]S席13,000円、A席6,500円 ※1月下旬チケット販売開始予定
[作]W・シェイクスピア [訳]小田島雄志 [演出]栗山民也
[出演]オセロー:市川團十郎
    デズデモーナ:朝海ひかる
    エミリア:水野美紀
    イアーゴー:市川海老蔵

◎本日の読書
 なし

|

2012年7月 2日 (月)

スペインが偉業達成!

UEFA EURO 2012決勝、スペイン vs イタリア。完璧に試合を支配したスペインが4-0で勝利。EURO連覇と同時に、主要国際大会3連覇も達成しちまったよ。いや〜、ビックリ。
イタリアは負傷退場が痛かったな。試合後に見せたピルロの涙、忘れられません。

ンで、いつになったらWOWOWはサッカー中継から撤退してくれるの?

◎本日の読書
 なし

|

2012年7月 1日 (日)

新国立劇場バレエ団『マノン』

2012年6月23日(土)〜7月1日(日) 新国立劇場 オペラ劇場(オペラパレス)
http://www.nntt.jac.go.jp/

マノン:小野絢子
デ・グリュー:福岡雄大
レスコー:菅野英男
娼家のマダム:楠元郁子
物乞いのリーダー:八幡顕光
看守:山本隆之
6月30日と違うキャストのみ

続きを読む "新国立劇場バレエ団『マノン』"

|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »