« マリインスキー・バレエ 2012年日本公演『白鳥の湖』 | トップページ | マリインスキー・バレエ 2012年日本公演《オールスター・ガラ》 »

2012年11月29日 (木)

マリインスキー・バレエ 2012年日本公演『白鳥の湖』

2012年11月15日(木)〜12月2日(日) 東京文化会館 ほか
http://www.japanarts.co.jp/

オデット/オディール:エカテリーナ・コンダウーロワ
ジークフリート王子:イーゴリ・コールプ

道化:イリヤ・ペトロフ
王子の友人たち:マリーヤ・シリンキナ、ナデジダ・バトーエワ、アレクセイ・ティモフェーエフ
2羽の白鳥:ユリアナ・チェレシケヴィチ、アナスタシア・ニキーチナ
18日と違うキャストのみ

私はそれほど熱心にサイトを回るタイプではないので、コールプがコンダウーロワと踊ったのって、チャコットwebマガジンのワールドレポートにあった『シェヘラザード』くらいしか思い当たらない(これはこれで観てみたいけど)。

コンダウーロワのパートナーにしてはコールプは背が低いし、ふたりの役の作り込み方にも温度差があるので、どこかチグハグな印象は否めず。やはりコンダウーロワなら正統派のイワンチェンコや前回観たコルスンツェフあたりで観たかったし、コールプなら毎度お馴染みヴィシニョーワで観たかった。

と言いつつ、今夜の私は……

あなたがそこにいてくれるだけでいい。

……そんな心境に達しておりました。

だって、コールプのいない『白鳥の湖』を観たすぐ後に、1階A席L列ブロック前方という王子をガン見する以外やることないような席に座っちゃったンだもの。コールプ愛に浸ってしまうのも当然ですがな。

美しいライン。音楽性溢れる所作。完璧な舞台マナー。そして、お伽噺の王子に瑞々しい現代性を与える演技力。好きだー!
勝手にいろいろ言えるのも、彼がそこで踊っているからこそ。そんな当たり前のことを、今更ながら思いましたです。はい。

それにしても、コールプで観る3幕はほんっとに興奮する。
ロットバルトと対峙する彼の、あの虹彩の薄いブルーの瞳に、壮絶な、あまりに壮絶な王子の覚悟を見た。

ロットバルトのズヴェレフは、名古屋に続いての好演。
道化のペトロフ、メチャメチャ芝居が細かくて感心いたしました。
王子の友人たちは、今日が一番バランスよかったかな。やればできるじゃん!>ティモフェーエフ

カーテンコール。コールプは幕が降りてくるタイミングに合わせて幕前に出ることが多く、それに対してヴィシニョーワはすぐに反応してくれるのに、コンダウーロワは、一瞬、「えっ?」という顔をしていた。それだけ見ても、滅多に組まないンだろうな、と。

|

« マリインスキー・バレエ 2012年日本公演『白鳥の湖』 | トップページ | マリインスキー・バレエ 2012年日本公演《オールスター・ガラ》 »

2012年鑑賞記録」カテゴリの記事

イーゴリ・コールプ」カテゴリの記事