« 失われていくことども | トップページ | 結局 »

2012年11月 9日 (金)

東京バレエ団『くるみ割り人形』

2012年11月9日(金)〜11日(日) 東京文化会館
http://www.nbs.or.jp/

[振付]マリウス・プティパ、レフ・イワーノフ、ワリシー・ワイノーネン
[音楽]ピョートル・I・チャイコフスキー
[指揮]井田勝大 [演奏]シアターオーケストラトーキョー

クララ:小出領子
くるみ割り王子:ダニール・シムキン(アメリカン・バレエ・シアター)

クララの父:森川茉央
クララの母:高木綾
兄フリッツ:乾友子
くるみ割り人形:氷室友
ドロッセルマイヤー:木村和夫
ピエロ:長瀬直義
コロンビーヌ:岸本夏未
ムーア人:小笠原亮
ねずみの王様:梅澤紘貴

スペイン:田中結子、後藤晴雄
アラビア:西村真由美、柄本弾
中国:佐伯知香、氷室友
ロシア:乾友子、宮本祐宜
フランス:高村順子、吉川留衣、長瀬直義
花のワルツ:渡辺理恵、矢島まい、川島麻実子、二階堂由依、梅澤紘貴、森川茉央、安田峻介、松野乃知

なんつーか、華やかさに欠ける『くるみ』でした。プロダクションにも問題あるンだけど、ダンサーの質も一時期より落ちたような。いや〜、シムキンがいてくれてほんっとによかったよ。
このペアで『ドン・キホーテ』を観た時にも書いたけど、シムキンは私の琴線には1mmたりとも触れません。ンが、そんな私ですら、寒々とした舞台に彼が登場した瞬間、心からホッといたしましたです。はい。

クララの小出領子はいつになく凡庸な出来。身体も少し丸くなったかな。やけに老けて見えてしまいました。少女の憧れを描くバレエなんだし、伸び盛りの若手を起用してもよかったンじゃ?……って、他にいないか。
あと、木村和夫の頭頂部にもショックを受けてしまいました。いや、ま、爪先は相変わらず美しかったけど。
ピエロの長瀬直義、コロンビーヌの岸本夏未、ムーア人の小笠原亮は、見事な人形振りでした。

キャラクター・ダンスも盛り上がらなかったな〜。辛うじて印象に残ったのは、アラビアの西村真由美と柄本弾、中国の佐伯知香と氷室友くらい。
花のワルツも、女性陣はともかく、男性陣はまともに踊れてなかったし、かなり深刻な人材不足のような。
ま、どこのバレエ団も世代交替の時期というのはあるわけで、温かい目で見守っていきましょう。

|

« 失われていくことども | トップページ | 結局 »

2012年鑑賞記録」カテゴリの記事