« 歌舞伎座新開場 杮葺落興行の演目と配役発表 | トップページ | Noism1 & Noism2『solo for 2』『中国の不思議な役人』 »

2012年12月22日 (土)

Iwaki Ballet Company『ジゼル』

2012年12月22日(土) メルパルクホール東京
http://ibc.yukie.net/

新国立劇場バレエ団『シンデレラ』とどちらにしようか散々悩んで、結局、こちらにいたしました。井脇幸江のジゼルなんて、そうそう観られるものではないですから。音楽はテープ演奏。チラシもプログラムも入手しなかったので、キャストはわかる範囲のみ。
ついでに(?)、ライトアップされた東京タワー。

Tokyotower

ジゼル:井脇幸江
アルブレヒト:清水健太
ヒラリオン:正木亮
ミルタ:柴田有紀

ウィルフィード:浅田良和
バチルド姫:宮下今日子

よくここまで仕上げたものだと感嘆しきり。確かに踊りのレベルは玉石混淆なんだけど、こと芝居に関しては、驚くほど手堅くまとまっていた。とにかく、マイムがわかりやすい。そして、オーディションで選んだというコール・ドが、皆、表情豊かで芝居心に溢れている。正直に言えば、プロポーションや踊りに統一感がなく、なんだかな……と思う瞬間もあるにはあった。ンが、それを補ってなお余りあるドラマを感じさせてくれたので、最後は気持ちよく劇場を後にすることができた。

ジゼルの井脇は、殊更、悲劇を強調するのではなく、恋愛を通して成長していくひとりの女性を等身大で描いていく。ウィリが支配する世界からアルブレヒトを救い出し、再び生へと歩ませることでジゼルも救われたのだと納得できる、実に、実に実に清々しい幕切れでございました。
もちろん、テクニック的にも無問題。あと、2幕のジゼル登場&退場における演出も巧かった。

アルブレヒトの清水健太、見た目はともかく(もう少し身体を絞った方がよくないか?)、踊りは見事。特に、2幕のアントルシャ・シスの連続はすんばらしかったです!

ヒラリオンの正木亮とミルタの柴田有紀には懐かしさを禁じ得ない。私がバレエを観始めた頃は、まだ牧阿佐美バレヱ団に在籍してたンじゃ?
正木は近所の気のいい兄ちゃん風なヒラリオン。清水同様、もう少し身体を絞った方がよろしいかと。
柴田は峻厳なミルタを好演。

ドゥ・ウィリはふたりともとてもよく踊っていた。名前はわかりません。あしからず。

バレエ団と言っても、ダンサーは今回の公演のためだけに集まったわけで、この先、どうなるのかまったく予測がつかない。とりあえず、来年の3月にはガラ公演が決まっていて、これがまた、そこそこ出演者が揃っているのよね。井脇団長、かなりのやり手かも。

|

« 歌舞伎座新開場 杮葺落興行の演目と配役発表 | トップページ | Noism1 & Noism2『solo for 2』『中国の不思議な役人』 »

2012年鑑賞記録」カテゴリの記事