« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月27日 (水)

成田屋!

團十郎さんの葬儀告別式が行われました|歌舞伎美人

テレビで見ただけですけど、海老蔵の喪主挨拶、立派でした。

◎本日の読書
 『スケアクロウ』マイクル・コナリー

|

2013年2月24日 (日)

8月にもコルプが来る〜♪

《ディアナ・ヴィシニョーワ-華麗なる世界》の公演概要決定! だそうな。
とりあえず、予定される出演者。

ディアナ・ヴィシニョーワ(マリインスキー・バレエ)

ティアゴ・ボァディン(ハンブルク・バレエ)
エレーヌ・ブシェ(ハンブルク・バレエ)
アシュレイ・ボーダー(ニューヨーク・シティ・バレエ)
ホアキン・デ・ルース(ニューヨーク・シティ・バレエ)
マルセロ・ゴメス(アメリカン・バレエ・シアター)
マチアス・エイマン(パリ・オペラ座バレエ団)
イーゴリ・コルプ(マリインスキー・バレエ)
ミリアム・ウルド=ブラーム(パリ・オペラ座バレエ団)
上野水香(東京バレエ団) Aプロのみ

NBSの公演だからコルプの出演はないと思っていたので、嬉しいサプライズ。
ンが、予定される演目が……。

プログラムA

『海賊』マリウス・プティパ振付
上野水香、イーゴリ・コルプ

『チーク・トゥ・チーク』ローラン・プティ振付
上野水香、イーゴリ・コルプ

プログラムB

『カルメン』アルベルト・アロンソ振付
ディアナ・ヴィシニョーワ、マルセロ・ゴメス、イーゴリ・コルプ
東京バレエ団

民代様の次は水香ちゃんの子守りかよ。どんだけ面倒見いいンだか。

◎本日の読書
 『スケアクロウ』マイクル・コナリー

|

2013年2月23日 (土)

新国立劇場バレエ団『ジゼル』

2013年2月17日(日)〜24日(日) 新国立劇場 オペラ劇場(オペラパレス)
http://www.nntt.jac.go.jp/

[音楽]アドルフ・アダン
[振付]ジャン・コラリ、ジュール・ペロー、マリウス・プティパ
[改訂振付]コンスタンチン・セルゲーエフ 
[美術]ヴァチェスラフ・オークネフ [照明]沢田祐二
[指揮]井田勝大 [管弦楽]東京交響楽団

続きを読む "新国立劇場バレエ団『ジゼル』"

|

2013年2月22日 (金)

チャリティ・バレエ出演にあたってコルプからメッセージ

リンク: DANZA [ダンツァ] - バレエ・ダンス・フラメンコ情報誌.

”グラン・ガラ・コンサート”の出演者イーゴリ・コルプのメッセージ到着!

3月に上演される東日本大震災復興祈念チャリティ・バレエ公演にあたって、来日公演回数が最近特に増えているイーゴリ・コルプから特別にメッセージを頂いた。

◆演目に「タリスマン」と「グラン・パ・クラシック」を選んでいますが、作品に込めた思いなどありますか?

「じつは、私がオーベール作曲の『グラン・パ・クラシック』を日本で踊るのは初めてになるのでとても楽しみにしています。『タリスマン』からは新たなパ・ドゥ・ドゥを準備していますので、こちらもご期待ください」

◆ダンツァ読者にメッセージをぜひお願いします

「日本に行けることを大変嬉しく思っています。日本の観客の皆さんはいつも私を刺激してくださり毎回何かしらの発見があります。日本の伝統にも興味があるのでそれも日本が大好きな理由です。舞台でお会いできるのを楽しみしていますよ!」

牧阿佐美バレヱ団『眠れる森の美女』に出演した後、このチャリティ公演までずっと日本にいるのかしらん?

気がつけば、牧阿佐美バレヱ団の次回公演が発表になっておりました。
http://www.ambt.jp/schedule.html#swan1306
http://www.ambt.jp/schedule_swan.html

『白鳥の湖』
ゆうぽうとホール

6月15日(土)18:00開演[20:55終演予定]
青山季可、菊地研

6月16日(日)14:30開演[17:25終演予定]
伊藤友季子、京當侑一籠

ようやく青山&菊地ペアの『白鳥』が観られる〜。

◎本日の読書
 なし

|

2013年2月21日 (木)

配役変更のお知らせ

リンク: トピックス|歌舞伎 on the web.

歌舞伎座新開場柿葺落 4~6月興行の配役が変更になりました

十二代目市川團十郎 の逝去に伴い、歌舞伎座新開場柿葺落 4~6月興行の配役が以下のように変更されました。
なお、4月第一部『鶴寿千歳』は振付、演出が変更されて上演されます。

◆柿葺落四月大歌舞伎(4月2日~28日)
 第二部
 『弁天娘女男白浪』
   日本駄右衛門 : 中村吉右衛門

◆柿葺落五月大歌舞伎(5月3日~29日)
 第一部
 『三人吉三巴白浪』
   和尚吉三 : 松本幸四郎

 第三部
 『梶原平三誉石切』
   大庭三郎景親 : 尾上菊五郎

◆柿葺落六月大歌舞伎(6月3日~29日)
 第二部
 『土蜘』
   源頼光 : 中村吉右衛門

 ※第三部の『助六由縁江戸桜』は、「十二世市川團十郎に捧ぐ」と銘打って上演致します。
 第三部
 『助六由縁江戸桜』
   花川戸助六 : 市川海老蔵
   福山かつぎ : 尾上菊之助

至って順当な結果なのに、どうしてこんなに時間がかかったのかしらん?

そして、海老蔵は「今年8月、東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで初の自主公演《ABKAI(えびかい)》を行う」そうな。
http://www.sanspo.com/geino/news/20130221/oth13022105060017-n1.html

宮本亜門 オフィシャルブログより。
http://blog.amonmiyamoto.com/?eid=110

こちらの記事には、海老蔵、宮本亜門(演出)、宮沢章夫(脚本)のコメントあり。
http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2013/02/21.php

もっと他にやるべきことはあると思うンだけどね〜。

◎本日の読書
 なし

|

2013年2月19日 (火)

市川團十郎葬儀告別式のお知らせ

リンク: 新着情報 - 成田屋 市川團十郎・市川海老蔵 公式Webサイト.

市川團十郎葬儀告別式のお知らせ

 故市川團十郎(本名 堀越夏雄)の葬儀告別式を下記の通り執り行なうことになりましたので、ここに謹んでお報せ申し上げます。

 日   時 : 平成25年2月27日(水) 正午〜午後2時 葬儀告別式
 場   所 : 青山葬儀所
        住所 東京都港区南青山2-33-20
        電話 03-3401-3653(代表)
 葬儀委員長 : 大谷 信義様(松竹株式会社代表取締役会長)
 喪   主 : 市川 海老蔵(長男)

おめでたい話題のすぐ後に書くのもどうよ? と、自分でも思いましたけど……。

【追記】
成田屋からお知らせのハガキが届きました。

ご供花取扱店:松竹フラワーセンター
       TEL 03-3428-0229/FAX 03-3542-4357

◎本日の読書
 なし

|

2013年2月14日 (木)

菊之助が結婚! 続報

リンク: 尾上菊之助、3回目の会食でプロポーズ - 芸能ニュース : nikkansports.com.

尾上菊之助、3回目の会食でプロポーズ

 歌舞伎俳優尾上菊之助(35)が14日、都内ホテルで、中村吉右衛門(68)の四女波野瓔子(ようこ)さん(30)と結納を行った。結納後に会見した菊之助は「歌舞伎の偉大なる柱をこのごろ多く亡くしまして日数も浅いこの時期ですが、歌舞伎座の開場もせまっております。喪が明けてからが祝賀かと思いましたが、同じ環境で出会った女性とともにこの難局を乗り切っていきたい。瓔子さんは明るくてかわいらしい方。2人でいると楽しいと感じていた」と話した。

会見には菊五郎と吉右衛門も同席したそうな。朝日新聞の写真を見ると、瓔子さんはお父さん似ですね。

菊之助さんは羽毛ぶとん/一問一答(1)
パンツ一丁で来ればいい/一問一答(2)

末永くお幸せに〜。

【追記】
尾上菊之助:波野瓔子さんと結婚会見 父・菊五郎の“爆弾発言”に大慌て 会見詳報

人間国宝ふたりのはじけっぷりが微笑ましいっす(笑)。

◎本日の読書
 『キャサリン・カーの終わりなき旅』トマス・H・クック

|

2013年2月13日 (水)

菊之助が結婚!

リンク: 尾上菊之助、吉右衛門四女・瓔子さんと結婚:芸能:スポーツ報知.

尾上菊之助、吉右衛門四女・瓔子さんと結婚

 歌舞伎俳優・尾上菊五郎(70)と女優・富司純子(67)の長男で歌舞伎俳優の尾上菊之助(35)と歌舞伎俳優・中村吉右衛門(68)の四女・波野瓔子(ようこ)さん(30)が結婚することが12日、スポーツ報知の取材で分かった。14日に結納を交わし、今月26日に東京・神田明神で挙式の運び。きょう13日にも正式発表される。「音羽屋」と「播磨屋」。梨園の名門同士の縁組という驚きも加わり、歌舞伎界にとって久々の明るい話題となった。

播磨屋の後継者問題もこれで解決? 何はともあれ、おめでとうございます。

◎本日の読書
 『キャサリン・カーの終わりなき旅』トマス・H・クック

|

2013年2月 9日 (土)

連続セミナー 演劇から見る世界

2013年2月9日(土) 東京芸術劇場 シンフォニースペース
http://www.geigeki.jp/

演出家シルヴィウ・プルカレーテ 〜これまでの作品と『ルル』〜
講師:扇田昭彦(演劇評論家)、七字英輔(演劇評論家)

ルーマニア国立ラドゥ・スタンカ劇場『ルル』をより楽しむための事前レクチャー。プルカレーテの作風は、「グロテスクだけど美しい」らしい。まさに私の好みだわ。

続きを読む "連続セミナー 演劇から見る世界"

|

2013年2月 4日 (月)

成田屋逝く

リンク: トピックス|歌舞伎 on the web.

市川團十郎さんご逝去

日本俳優協会専務理事、伝統歌舞伎保存会理事の歌舞伎俳優・市川團十郎(いちかわ・だんじゅうろう、本名:堀越夏雄=ほりこし・なつお)さんが、2月3日(日)午後9時59分、肺炎のため東京都内の病院でご逝去されました。享年66歳。ご葬儀・告別式の日程は未定です。

富十郎、芝翫、雀右衛門、勘三郎ときて、今度は團十郎……。
どれだけ連れて行けば気が済むんだよぉ(泣)。

【追記】
成田屋通信 團十郎逝去のお知らせ
市川團十郎さんご逝去|歌舞伎美人
NHK NEWS WEB 團十郎さん 闘病続けた壮絶人生

新春浅草歌舞伎の海老蔵が神妙に見えたのは、ある程度、覚悟をしていたからなのか。

◎本日の読書
 『廻旋する夏空』津原泰水

|

2013年2月 3日 (日)

始まりました

花粉症の時期でございます。今年は飛散の量が多いとか。あー、憂鬱。

昨日は、友人夫妻が主催する公演を観に中野へ。
演劇×舞踊×音楽×影絵と盛り沢山。各ジャンルの第一人者が集まっているだけあって、部分部分は見応えあるンだけど、それが有機的に繋がっていかない。演出力の不足か。

◎本日の読書
 『廻旋する夏空』津原泰水

|

2013年2月 1日 (金)

冬のまつり終了

2012−2013 冬の香港傑作映画まつりにてロイ・チョウ監督『狼たちのノクターン〈夜想曲〉』を観る。

Nightfall

ロイ・チョウ監督と言えば、アーロン・クォック主演『殺人犯』の監督ですよね? WOWOWか何かで観て、とんでもないオチに仰け反りましたですよ。いや、まぢで。
今回もあんなんだったらどうしよう……と、戦々恐々として六本木へ出かけたけど、あれほどではなかった。ってゆうか、今度は逆に先が読めてしまった。何だかなぁ。

ラストは、結構、切ないっす。ただ、放置プレイのネタが多く散漫な印象も。ニック・チョンとサイモン・ヤムは言わずもがな、脇も揃ってるンだけどね〜。
ジャニス・マンは、昨年観たロー・ウィンチョン監督『やがて哀しき復讐者』のワガママ不良娘から一転、清楚なお嬢様ぶりが見事だったし、最近ご活躍のマイケル・ウォンも、広東語と英語を操りながらエキセントリックな父親を好演しておりました。他にも、青年時代のニックを演じたショーン・ドウやリュー・チァーフィー、ティエン・チュアンチュアンのカメオ出演があったり。

う〜む、いろんな意味で勿体ない。

ランタオ島のゴンピン360(観光用のロープウェイ)は床がガラス張りなのね。その狭い空間で繰り広げられるアクションは、CGとわかっていても怖かった!

◎本日の読書
 なし

|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »