« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月30日 (土)

新しい歌舞伎座いろいろ

開場式やら手打ち式やら。

歌舞伎座開場式が行われました|歌舞伎美人
歌舞伎座で「柿葺落興行古式顔寄せ手打式」|歌舞伎美人
歌舞伎座で「とんぼ道場開き」が行われました|歌舞伎 on the web
歌舞伎座で「古式顔寄せ手打式」が行われました|歌舞伎 on the web

今回の手打式は最初から仕事で諦めていたけど、さよなら公演の手打式は抽選に当たって行ったのであった(その時の感想はこちら)。
四月大歌舞伎の初日、仕事帰りに幕見でもしようかと思ったけど、三部の切は高麗屋による『勧進帳』だということを思い出し、あっという間にその気が失せる。

WOWOWにて生中継! 三谷幸喜『ホロヴィッツとの対話』を観る。
芸術家と職人の物語かと思っていたら、単なる家族の物語だった。“海外芸術家シリーズ”と銘打ちながら、そっちかい? みたいな。
う〜む、やっぱ三谷幸喜とは合わない、ってゆうか、興味の対象がいつも微妙にズレてる気がする。野田秀樹目当てでチケットを取った『おのれナポレオン』は大丈夫だろうか???

◎本日の読書
 『隠し絵の囚人』ロバート・ゴダード

|

2013年3月29日 (金)

今更だけど

ARTE Live Webでマリインスキー・バレエ『ロミオとジュリエット』を観てる。主演はヴィシニョーワ&シクリャローフ。指揮は言わずと知れたワレリー・ゲルギエフ。
http://liveweb.arte.tv/fr/video/Romeo_Juliette_Theatre_Mariinsky_St_Petersbourg_Leonid_Lavrovski/

ちなみに、主なキャストはこんな感じ。

ジュリエット:ディアナ・ヴィシニョーワ
ロミオ:ウラジーミル・シクリャローフ

マキューシオ:アレクサンドル・セルゲーエフ
パリス:ユーリ・スメカロフ
ティボルト:イリヤ・クズネツォフ
ベンヴォーリオ:イスロム・バイムラードフ
キャピュレット:ウラジーミル・ポノマリョフ
ジュリエットの母(キャピュレット夫人):エレーナ・バジェーノワ
ジュリエットの乳母:ワレリア・カルピーナ

映像だけで判断すべきではないと思っているので、パフォーマンスについては何も言いません。ただ、フルスクリーンモードに耐えられる画質はいいな、と。これ、いずれは発売されるンすかね?

◎本日の読書
 『隠し絵の囚人』ロバート・ゴダード

|

2013年3月27日 (水)

銀座でお練り

リンク: 歌舞伎俳優が銀座で「お練り」 NHKニュース.

歌舞伎俳優が銀座で「お練り」
3月27日 11時40分

建て替えられた東京・銀座の新しい歌舞伎座でのこけら落とし公演を前に、歌舞伎俳優60人余りが、銀座の大通りを練り歩く初めての大規模な「お練り」が行われ、3万2000人のファンが声援を送りました。

練り歩く方も声援を送る方も、霧雨が降る中、お疲れ様でした。
あー、あと6日で新しい歌舞伎座が初日を迎えるのか……。来月の10日過ぎまで仕事が立て込んでいる私は、当分お預けだけどな。

ってことで、新国立劇場バレエ団『DANCE to the Future 2013』も行けなかったわ。

【追記】
「GINZA 花道」で歌舞伎俳優が堂々のお練り|歌舞伎美人
歌舞伎座の新開場を記念し、歌舞伎俳優63人がお練りを行いました|歌舞伎 on the web

◎本日の読書
 『隠し絵の囚人』ロバート・ゴダード

|

2013年3月26日 (火)

ようやくget

野田秀樹×三谷幸喜『おのれナポレオン』の追加席が当たったー!
これでダメだったら当日券かよ……と、すでにやさぐれかけていたので、何とか確保できてよかった。

そう言えば、海老蔵クンのところ、男児が産まれたのよね? おめでとうございます〜。

◎本日の読書
 『隠し絵の囚人』ロバート・ゴダード

|

2013年3月24日 (日)

イーゴリ・コルプの画像

まだコルプ・モードから抜け切れていないワタクシ。

YouTubeにアップされている『ビギニング』を撮影した際のバックステージでしょうか。
http://me-lizabet.livejournal.com/8850.html

全員で口にリンゴをくわえてるのが微笑ましい。
向かって左の男性が振付家のウラジーミル・ワルナワかな。彼は、今年のマリインスキー国際バレエ・フェスティバルの《A Creative Workshop of Young Choreographers》でも“Window on deep midwinter”という作品を振り付けてます。その時のリハーサル風景とワルナワのインタビュー。
http://mariinsky.tv/n/599-en

こちらはワークショップなどを主催しているKASOKのVK(フコンタクテとかいうロシアのSNS)。
https://vk.com/albums-35091742

コルプ以外にも、ドゥムチェンコ、グーメロワ、サラファーノフなどの画像もあります。

◎本日の読書
 『隠し絵の囚人』ロバート・ゴダード

|

2013年3月21日 (木)

未だに

コルプ君の余韻に浸っています。
いろいろたいへんだったけど、思い切って仙台まで行ってよかった〜。

このところマリインスキーでは出番のないコルプ君。この後は、23日にブリュッセルのガラに出演。オブラスツォーワ嬢と『タリスマン』『シンデレラ』を踊るらしい。
http://www.lanuitdesetoiles.be/

今週末はル テアトル銀座の三月花形歌舞伎に行こうかと思っていたけど、もういいや。

◎本日の読書
 『隠し絵の囚人』ロバート・ゴダード

|

2013年3月20日 (水)

東日本大震災復興祈念チャリティ・バレエ“グラン・ガラ・コンサート” 〜私たちはひとつ!!〜

2013年3月19日(火)〜20日(水・祝) Bunkamura オーチャードホール ほか
http://blog.kahoku.co.jp/events/
http://www.tbs.co.jp/event/

ただ観ていただけの私でさえ仙台往復は疲れたのに、移動して踊って、移動して踊って……を繰り返すダンサーって、改めてダフだな、と。
リニューアル後のオーチャードホールは今日が初めて。1階前方のセンターブロックは前後で互い違いの座席配置になったものの、バレエに不向きなホールであるのは相変わらず。

続きを読む "東日本大震災復興祈念チャリティ・バレエ“グラン・ガラ・コンサート” 〜私たちはひとつ!!〜"

|

2013年3月19日 (火)

東日本大震災復興祈念チャリティ・バレエ“グラン・ガラ・コンサート” 〜私たちはひとつ!!〜

2013年3月19日(火)〜20日(水・祝) 東京エレクトロンホール宮城 ほか
http://blog.kahoku.co.jp/events/
http://www.tbs.co.jp/event/

[舞台監督・演出]アラ・ラゴダ [プロデューサー]田北志のぶ

本来なら東北の人にひとりでも多く観ていただいた方がいいンだろうけど、コルプ観たさに、東京から駆け付けてしまいました。でも、行ってよかったです。心が籠ったいい公演でした。

続きを読む "東日本大震災復興祈念チャリティ・バレエ“グラン・ガラ・コンサート” 〜私たちはひとつ!!〜"

|

2013年3月18日 (月)

明日

事務所を早退することを、まだ誰にも言ってない。

……大丈夫だろうか?

ま、何とかなるだろう。うん。

◎本日の読書
 なし

|

2013年3月14日 (木)

いつの間にやらベスト8

UEFAチャンピオンズリーグ12/13シーズン。今朝のベスト16 2nd legを終え、5ヶ国8クラブが準々決勝進出を決める。

バルセロナ、レアル・マドリー、マラガ(スペイン)
バイエルン・ミュンヘン、ドルトムント(ドイツ)
ユベントス(イタリア)
パリ・サンジェルマン(フランス)
ガラタサライ(トルコ)

あらら。イングランドのクラブはひとつも残らなかったのね。

◎本日の読書
 なし

|

2013年3月10日 (日)

牧阿佐美バレヱ団『眠れる森の美女』

2013年3月8日(金)〜10日(日) ゆうぽうとホール
http://ambt.jp/

*スタッフはこちらをご覧ください。

最初は2日間だけの予定が、菊地研がカラボスを踊るとなれば、観ないわけにはいかないでしょう……ってことで、結局、最終日も行ってしまいました。

続きを読む "牧阿佐美バレヱ団『眠れる森の美女』"

|

2013年3月 9日 (土)

牧阿佐美バレヱ団『眠れる森の美女』

2013年3月8日(金)〜10日(日) ゆうぽうとホール
http://ambt.jp/

*スタッフ&キャストはこちらをご覧ください。

『眠れる森の美女』2日連続主演は体力的にも厳しいと思われ。昨日に比べて、コレゴワもコルプも抑え気味に踊っていた感じ。ま、でも、2日目だけあって、牧阿佐美バレヱ団のダンサーとは、より有機的な関係を築けていたかな。

続きを読む "牧阿佐美バレヱ団『眠れる森の美女』"

|

2013年3月 8日 (金)

牧阿佐美バレヱ団『眠れる森の美女』

2013年3月8日(金)〜10日(日) ゆうぽうとホール
http://ambt.jp/

[演出・振付]テリー・ウエストモーランド(マリウス・プティパによる)
[作曲]ピョートル・I・チャイコフスキー
[脚本]マリウス・プティパ、イワン・フセボロージスキー(シャルル・ペローの原作より)
[美術]ロビン・フレーザー・ペイ
[指揮]アンドレイ・アニハーノフ [管弦楽]東京ニューシティ管弦楽団

続きを読む "牧阿佐美バレヱ団『眠れる森の美女』"

|

2013年3月 6日 (水)

フィーリン襲撃事件 続報

リンク: 現役ダンサー 襲撃指示容疑を認める NHKニュース.

現役ダンサー 襲撃指示容疑を認める
3月6日 21時53分

世界最高峰のバレエ団の1つ、ロシア国立のボリショイバレエ団の芸術監督が酸性の液体をかけられて大けがをした事件で、内務省は、襲撃を指示した疑いで身柄を拘束したバレエ団の現役ダンサーが容疑を認めたと発表しました。

ボリショイバレエ団の芸術監督を務めるフィーリン氏が、ことし1月、強い酸性の液体をかけられて顔に大けがをした事件で、ロシア内務省は5日、バレエ団の現役のダンサーで、日本での公演で主役級を演じたこともあるドミトリチェンコ容疑者と、実行犯とみられる2人の男の身柄を拘束したと発表しました。
さらに内務省は6日、調べに対し、ドミトリチェンコ容疑者が容疑を認めたとして、本人の供述を撮影したビデオ映像を発表しました。この中でドミトリチェンコ容疑者は「私が襲撃を指示したが、ここまでのことになるとは思ってはいなかった」と話しています。
そのうえで内務省は「バレエ団の活動を巡ってフィーリン氏に敵意を抱いたのが動機だとみられる」と発表し、さらに詳しく調べることにしています。
ロシアのメディアは、関係者の話として、ドミトリチェンコ容疑者は、自分と親しいバレリーナが配役で冷遇されたとして、フィーリン氏と対立していたと伝えています。
ロシアが誇るボリショイバレエの華やかな舞台の裏で激しい対立や陰謀が渦巻き、事件につながったとみられることに、ロシアでは改めて衝撃が広がっています。

ここに出てくる「自分と親しいバレリーナ」というのがヴォロンツォーワで、彼女の教師がツィスカリーゼだそうな。なるほど……と、思わないでもないけど、団内の事情は他所からは窺い知れないわけで。
何はともあれ、一日も早くフィーリンが回復しますよう、そして、一日も早くバレエ団に平穏な日々が戻ってきますよう、お祈り申し上げます。

Asami Maki Ballet Hot Lineによると、コレゴワ&コルプは無事に来日したそうです〜。

◎本日の読書
 『跡形なく沈む』D・M・ディヴァイン

|

2013年3月 5日 (火)

何が何やら

リンク: 朝日新聞デジタル:ボリショイ監督襲撃、実行犯?を拘束 ソリスト宅捜索 - 国際.

ボリショイ監督襲撃、実行犯?を拘束 ソリスト宅捜索

 【モスクワ=副島英樹】ロシアのボリショイ劇場バレエ団の元トップダンサーで芸術監督のセルゲイ・フィーリン氏(42)が今年1月、顔面に硫酸を浴びせられて大けがを負った事件で、捜査当局は5日、実行犯とみられる1人を拘束した。劇場内部の人物ではないという。一方、バレエ団の上級ソリストの自宅を家宅捜索した。バレエの殿堂を揺るがした事件の全容解明につながるか注目される。

 ノーボスチ通信などによると、家宅捜索を受けたのは上級ソリストのパーベル・ドミトリチェンコ氏で、昨年の日本公演でも「白鳥の湖」などで主役級を演じていた。ボリショイ劇場のノビコワ報道官は「フィーリン監督との対立については劇場内では知られていなかった」と述べた。ロシア国営テレビによると、捜索の結果、有力な証拠などは見つからなかったという。

解決へ向けて前進かと思いきや、ますますわからなくなっていく……。

【追記】
リンク先の記事は刻々と更新されていくようで、現在(3月6日)は

ボリショイ監督襲撃、ソリストら3人逮捕

 【モスクワ=副島英樹】ロシアのボリショイ劇場バレエ団の元トップダンサーで芸術監督のセルゲイ・フィーリン氏(42)が今年1月、顔面に硫酸を浴びせられて大けがを負った事件で、捜査当局は5日、同バレエ団の上級ソリスト、パーベル・ドミトリチェンコ容疑者ら3人を逮捕した。世界屈指のバレエの殿堂を揺るがした事件は、内部犯行との見立てで捜査が進むことになる。

 インタファクス通信によると、ほかに逮捕されたのは、実際に硫酸をかけた実行犯とみられる男と、この男を犯行現場まで運んだとされる運転手の男。ドミトリチェンコ容疑者が犯行を依頼したとみられている。

となっています。
昨年の来日公演で『スパルタクス』のタイトルロールを踊ったドミトリチェンコが逮捕だなんて……俄には信じ難い。

◎本日の読書
 『跡形なく沈む』D・M・ディヴァイン

|

2013年3月 3日 (日)

ルーマニア国立ラドゥ・スタンカ劇場『ルル』

2013年2月27日(水)~3月3日(日) 東京芸術劇場 プレイハウス内特設ステージ
http://www.geigeki.jp/

[作]フランク・ヴェデキント [演出・脚色]シルヴィウ・プルカレーテ
[翻訳]ヴィクトル・クコラデツ
[舞台美術・照明デザイン]ヘルムト・ストゥルメル
[衣裳デザイン]リア・マンツォク [音楽]ヴァシレ・シルリ

※ルーマニア語上演・日本語イヤホンガイド付

続きを読む "ルーマニア国立ラドゥ・スタンカ劇場『ルル』"

|

2013年3月 2日 (土)

仙台も行くことにしました

チケットぴあで「予定枚数終了」になっていた《東日本大震災復興祈念チャリティ・バレエ グラン・ガラ・コンサート》仙台公演のチケットが少し戻っていて、センターブロック前方にあった空席が「私を買ってー!」と訴えていたので、後先なしにポチっとな。

……だって、コルプが日本で踊る姿を、そういつまでも観られるとは思えないし。

そろそろ牧阿佐美バレヱ団『眠れる森の美女』(サイトがリニューアルされてる!)のために来日よね? Asami Maki Ballet Hot Lineに登場するのを、今か今かと楽しみにしております。

◎本日の読書
 なし

|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »