« 牧阿佐美バレヱ団『眠れる森の美女』 | トップページ | いつの間にやらベスト8 »

2013年3月10日 (日)

牧阿佐美バレヱ団『眠れる森の美女』

2013年3月8日(金)〜10日(日) ゆうぽうとホール
http://ambt.jp/

*スタッフはこちらをご覧ください。

最初は2日間だけの予定が、菊地研がカラボスを踊るとなれば、観ないわけにはいかないでしょう……ってことで、結局、最終日も行ってしまいました。

オーロラ姫:伊藤友季子
フロリモンド王子:京當侑一籠

リラの精:久保茉莉恵
カラボス:菊地研
フロレスタン24世王:森田健太郎
王妃:笠井裕子

水晶の泉の精(美):日高有梨
魅惑の庭の精(強さ):坂本春香
森の聖地の精(優雅):小橋美矢子
歌い鳥の精(雄弁):米澤真弓
黄金のぶどうの木の精(活気):織山万梨子
カバリエール:塚田渉、逸見智彦、坂爪智来、今勇也、中家正博、ラグワスレン・オトゴンニャム

フランスの王子:逸見智彦
スペインの王子:今勇也
インドの王子:中家正博
ロシアの王子:ラグワスレン・オトゴンニャム

ギャリソン(王子の副官):坂爪智来
公爵夫人:坂西麻美

金の精:清瀧千晴
銀の精:米澤真弓
サファイアの精:上原大也
ダイヤモンド:織山万梨子
白猫:小橋美矢子
長靴をはいた猫:石田亮一
フロリン王女:茂田絵美子
ブルーバード:中家正博
赤ずきん:森脇友有里
狼:塚田渉

コレゴワ&コルプの後なので、どうしても主役を観る気にはなれず(すみません)、脇を中心に。総じて、脇は今日の方が充実していたと思われ。

リラの精の久保茉莉恵は暖かみのある陽性の踊りで、毅然とした印象は薄いものの、その分、舞台を包み込む大きさを感じる。
カラボスの菊地研はまだ若いから動きにキレがあり、凛々しく、それでいて色気もあって、素敵でした〜。ねずみたちとの絡みに関して言えば、ちょっとハラハラするところもあったかな。あまりにハマっていたので、このまま王子をすっ飛ばしてカラボスが定着しないか心配。

ディヴェルティスマンでは、金の精の清瀧千晴とサファイアの精の上原大也が、あの珍妙な振付を、それはそれは素敵に踊っていて感心いたしました。
白猫の小橋美矢子と長靴をはいた猫の石田亮一が妙に色っぽく、ある意味、今日一番のツボ。袖に引っ込む場所を間違えて装置に激突してたけど、何事もなくてよかったわ。

オーロラ姫の伊藤友季子は主役を踊るに相応しい音楽性もテクニックも有してはいるンだけど、如何せん、細過ぎて痛々しくて正視できないのよ。ま、あんなに細い身体でも『眠り』の全幕を踊り切る体力があるンだから、それはそれで凄いわけで。

マエストロ=アニハーノフの指揮は久しぶり。音作りが明快で、バレエ指揮者としてはやはり秀逸。東京ニューシティ管弦楽団も健闘していたけど、もう少し頑張っていただきたい。

ってことで、3日連続での『眠り』は、さすがに疲れました(笑)。

|

« 牧阿佐美バレヱ団『眠れる森の美女』 | トップページ | いつの間にやらベスト8 »

2013年鑑賞記録」カテゴリの記事