« これは何の試合かと | トップページ | 歌舞伎座新開場 杮葺落六月大歌舞伎 第三部 »

2013年6月23日 (日)

マリインスキー・バレエ『白鳥の湖』ライブ・ビューイング

2013年6月23日(日) TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
http://www.liveviewing.jp/contents/079_mariinsky.html

ワタクシ的には、「観に行った」というより「聴きに行った」という方が正しいかも(録画も録音もクルーによって左右されるのは同じなんだけど、録音については、仕事柄、ある程度の予測がつくからね)。

ってことで、オーケストラは大迫力でございました。録音のバランスもまずまず。ゲルギエフの指揮もそれほどかっ飛ばしてなかったし。とは言え、あともう少し、テンポを落としてくれた方が心穏やかに観られたような。

オマケ映像が興味深く。

開演前にゲルギエフ、コンダウーロワ、アスケロフらの挨拶。続いて、案内役のモデル兼女優とパリッシュ(1幕の衣裳で登場)による作品解説。アスケロフは英語が苦手なのかしらん? ひとりだけロシア語でした。

幕間のインタビューは2回。1回目はパリッシュ、バイムラードフ、ズヴェレフの3人。出番の終わったパリッシュはスーツに着替えて、これから出番のバイムラードフはスペインの衣裳で、まったく出演しないズヴェレフはカジュアルなスタイルで。2回目はゲルギエフのみ。
案内役のモデル兼女優が素人臭く、コンダウーロワの名前を失念したり。それを、にこやかにフォローするバイムラードフ。偉いわ〜。

他に、ライブ・ビューイングのプロモーション映像やサンクト・ペテルブルクとワガノワ・バレエ・アカデミーの紹介映像も。う〜む、ロシアへ行きたくなってきた。

映像だけを観て云々するのは野暮だと思っているので、パフォーマンスについては触れません。とりあえず、カメラワークや照明は改善の余地ありかと。

【追記】
マリインスキー劇場のサイトにキャストがありました。
http://www.mariinskycinema.com/assets/cast-list2.pdf

日本語表記については、概ねジャパン・アーツに準じています(不明な場合は、英語表記のまま)。

[指揮]ワレリー・ゲルギエフ [管弦楽]マリインスキー劇場管弦楽団

オデット/オディール:エカテリーナ・コンダウーロワ
ジークフリート王子:ティムール・アスケロフ

王妃:エレーナ・バジェーノワ
王子の家庭教師:アンドレイ・ヤコヴレフ
道化:ワシーリー・トカチェンコ
悪魔ロットバルト:アンドレイ・エルマコフ
王子の友人たち:エカテリーナ・イワンニコワ、ナデジダ・バトーエワ、ザンダー・パリッシュ

小さな白鳥:Anastasia Milkheikina、スヴェトラーナ・イワーノワ、ヴァレーリヤ・マルトゥイニュク、オクサナ・マルチュク
大きな白鳥:ユーリア・ステパノワ、アリサ・ソドレワ、ユリアナ・チェレシケヴィチ、ダリア・ヴァスネツォーワ
2羽の白鳥:オクサーナ・スコーリク、アナスタシア・ニキーチナ

ナポリの踊り:アンナ・ラヴリネンコ、アレクセイ・ネドヴィガ
スペインの踊り:マリーヤ・シェヴィアコーワ、Maria Adzhamova、イスロム・バイムラードフ、カミル・ヤングラゾフ
ハンガリーの踊り:オリガ・ベリク、カレン・イオアンニシアン
マズルカ1:クセーニャ・ドゥブロヴィナ、マリア・レベデワ、リューボフ・コザルスカヤ、イリーナ・プロコフィエワ
マズルカ2:ミハイル・デグチャリョフ、ドミートリー・プィハチョーフ、アレクセイ・クズミン、イワン・シートニコフ
花嫁たち:ダリア・ヴァスネツォーワ、ヴィクトリア・ブリリョーワ、アリサ・ソドレワ、キーナン・カンパ、クセーニャ・オストレイコフスカヤ、ヴィクトリア・クラスノクツカヤ

|

« これは何の試合かと | トップページ | 歌舞伎座新開場 杮葺落六月大歌舞伎 第三部 »

2013年鑑賞記録」カテゴリの記事