« コルプの出番が減ってるー! | トップページ | 新国立劇場 マンスリー・プロジェクト 7月 »

2013年7月 7日 (日)

シネマ歌舞伎クラシックス

2013年6月29日(土)〜7月19日(金) 東劇
http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/index.html

基本的には、舞台公演を映像で観ることに興味はありません。ただ、今は亡き名優たちを大スクリーンで観られる機会もそうそうあるわけでもなく。ってことで、初めてシネマ歌舞伎に足を運んでみました。

『本朝廿四孝 十種香』

[上演月]1983年(昭和58年)1月 [上演劇場]歌舞伎座

八重垣姫:中村歌右衛門(六世)
花造り簑作 実は 武田勝頼:尾上梅幸(七世)
白須賀六郎:中村福助(現 中村梅玉)
原小文次:實川延若(三世)
腰元濡衣:中村芝翫(七世)
長尾謙信:片岡仁左衛門(十三世)

この頃の歌舞伎役者って、だいたい四頭身だよね。ほとんどSDキャラ(……すみません)。

いや〜、白須賀六郎の梅玉(当時は福助)が軽い軽い。吹けば飛ぶよう。ま、でも、30代半ばの歌舞伎役者なんて、こんなもんか。
原小文次の實川延若が、出番は短いながらも、その古風な容貌で印象に残る。

『梅雨小袖昔八丈 髪結新三』

[上演月]1981年(昭和56年)5月 [上演劇場]歌舞伎座

髪結新三:中村勘三郎(十七世)
手代忠七:尾上梅幸(七世)
白子屋お熊:中村芝翫(七世)
下剃勝奴:中村勘九郎(十八世 中村勘三郎)
家主長兵衛:市村羽左衛門(十七世)
弥太五郎源七:片岡仁左衛門(十三世)

中村屋の口跡は、親子共々、苦手であることを再認識してみたり、羽左衛門の家主長兵衛に團十郎のそれを重ねてみたり。なかなか楽しい顔合わせでございました。

十三世 仁左衛門の、姿形を当代が、声を我當が、それぞれ引き継いでる?

しっかし、この頃の大向こうは気持ちいいねぇ。近頃は野暮な掛け声が多くていけませんわ。

|

« コルプの出番が減ってるー! | トップページ | 新国立劇場 マンスリー・プロジェクト 7月 »

2013年鑑賞記録」カテゴリの記事