« 『Infinita Frida』の動画 | トップページ | 『あまちゃん』最終回 »

2013年9月24日 (火)

歌舞伎座新開場柿葺落 九月花形歌舞伎 夜の部

2013年9月1日(日)〜25日(水) 歌舞伎座
http://www.kabuki-bito.jp/

当初の予定では今日1回のみだったのに、勢いで初日を買い足し、結局、2回観ることに。作品の出来はイマイチだったけど、とりあえず、25日間の公演を通して新作が深化していくことは確認できたので、よしとしよう。

新開場記念 新作歌舞伎『陰陽師 滝夜叉姫』

[作]夢枕獏 [脚本]今井豊茂 [補綴・演出]齋藤雅文
[振付]藤間勘十郎 [美術]前田剛 [照明]池田智哉
[特殊効果・衣裳デザイン]田中義彦 [作調]田中傳左衛門
[作曲]今藤長龍郎 [作曲]市川慎 [主題曲]き乃はち
[音響]内藤博司 [狂言作者]竹柴康平

*配役はこちらをご覧ください。

初日に比べると、ぐっと締まった印象。段取りに追われている感がなくなり、様々な仕掛けもピタリと決まって、すべてがsmoothに流れている。
また、それぞれの人物造型にも奥行きが出てきたせいか、ただ座って話しているだけの、ややもすれば平板になりがちな場面にも、緊迫感が漂うようになっていた。
稽古日数の短い歌舞伎は、こうやって上演しながら作品を仕上げていくのだと、改めて思ったり(本来なら、初日にこれくらいの出来であって欲しいンだけど)。

ってことで、返す返すも脚本の拙さが残念。あ、あと、音楽がちょっと単調だったかな。

聞くところによると、昨日はカーテンコールがあり、染五郎だけ出てきたそうな。今日も割と長く拍手は続いていたけど、何事もなく客電がつく。歌舞伎はそれでいいンだよ。頼むから、あまり無粋な真似はしないでおくれ。

そうそう、今日は歌舞伎初心者が一緒だったンだけど、同じ人物が違う拵えで出てくると混乱するらしい。

|

« 『Infinita Frida』の動画 | トップページ | 『あまちゃん』最終回 »

2013年鑑賞記録」カテゴリの記事