« 新国立劇場2015/2016シーズンラインアップ発表! | トップページ | 田北志のぶさんによるプロデュース公演 詳細 »

2015年1月18日 (日)

新国立劇場バレエ団『DANCE to the Future −Third Steps− NBJ Choreographic Group』

2015年1月16日(金)〜18日(日) 新国立劇場 小劇場
http://www.nntt.jac.go.jp/

[アドヴァイザー]平山素子 [照明]鈴木武人 [音響]河原田健児

思っていた以上にこぢんまりしていたな……というのが正直なところ。ま、私自身のコンディションも悪く、ただ漫然と眺めていたせいもあるかも。とりあえず、作品としての強度が傑出していた『Revelation』と、あの狭い空間でバランシン風のアブストラクト・バレエをやってのけた『Dancer Concerto』は気に入りました。

『はなわらう』
[振付]宝満直也
[音楽]高木正勝「Rama」 [衣裳]堂本教子

福岡雄大、米沢唯、奥田花純、五月女遥、朝枝尚子、石山沙央理、フルフォード佳林、盆子原美奈

センターのふたり(福岡と米沢)を囲む6人の女性ダンサーが、あたかも咲いたばかりの花々のよう。予定調和な展開で驚きはなかったけど、如何にも“等身大の作品”といった仕上がりが微笑ましく。

『水面の月』
[振付]広瀬碧
[音楽]久石譲「6番目の駅」 [衣裳]広瀬碧、本城真理子

川口藍、広瀬碧

同じ振付を踊っていながら、微妙にズレたり揺らいだりして、こちらの予想の先の先を考えていそうな気がする。気がするだけだけど。

『Chacona』
[振付]貝川鐵夫
[音楽]ヨハン・セバスティアン・バッハ「シャコンヌ」 [衣裳]千歳美香子

奥村康祐、堀口純、輪島拓也、田中俊太朗

振付家自身が語っているように、この曲は「今までにいろいろな方が表現してきた有名な曲」だから、観る側にもある程度のイメージができあがっていて、それを超えられなかったかな。

招待作品『Revelation』
[振付]平山素子
[音楽]ジョン・ウィリアムズ「シンドラーのリスト」 [衣裳]鳥海恒子

本島美和

平山曰く、「コンクール出品のため、1999年に私が初めて振付したものです」。
選曲や照明はややベタに感じられるものの、作品としての出来は一頭地を抜いている。それを思うと、新国立劇場のダンサーには申し訳ないけど、恵まれた環境の割には成果が低いと言わざるを得ない。

スヴェトラーナ・ザハロワが踊った『Revelation』の舞台写真があったので、ご参考までに(動画もあったけど、公式ではないので)。
http://www.jackdevant.com/svetlana-zakharova-revelation/

『The Lost Two in Desert』
[振付]高橋一輝
[音楽]グレゴリー・プリヴァ「Ritournelle」 [衣裳]竹内さや香

高橋一輝、盆子原美奈

記憶がないです。すみません。

『Andante behind closed curtain』
[振付]マイレン・トレウバエフ
[音楽]ダン・クレアリー「Andante in steel」

湯川麻美子

幕が下りた後のダンサーを描いた作品。当て書きというか、同じ釜の飯を食ってきた仲だからこその作品に思えて、思わず遠い目をするワタクシ。

『Phases』
[振付・衣裳]福田圭吾
[音楽]スティーブ・ライヒ「New York Counterpoint : Fast」
    ヨハン・セバスティアン・バッハ & シャルル・グノー「アヴェ・マリア」

菅野英男、寺田亜沙子、五月女遥、丸尾孝子、石山沙央理、成田遥

これも記憶がないです。すみません。

『Dancer Concerto』
[振付]小口邦明
[音楽]ヨハネス・ブラームス「ピアノ協奏曲第二番 Op.83 第二楽章」

細田千晶、小口邦明、小柴富久修、林田翔平、原健太、若生愛、柴田知世、原田舞子

小劇場の狭い空間でバランシン風をやっちゃうなんて、かなりのチャレンジャーやな(笑)。
ま、でも、人の出入りを含めた構成力はなかなかのものだったし、ここのダンサーを観るなら、やっぱクラシックのテクニックを基調とした作品の方がいいし。

ってことで、招待作品を除けば、ワタクシ的にはこれが一番かな。

|

« 新国立劇場2015/2016シーズンラインアップ発表! | トップページ | 田北志のぶさんによるプロデュース公演 詳細 »

2015年鑑賞記録」カテゴリの記事