« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

甘かった……

昨日は午後からマスタリングだったンだけど、いつも夕方には終わるので、新国立劇場のマンスリー・プロジェクトを申し込んでいたところ、思っていた以上に時間がかかってしまい、結局、スタジオを後にしたのは20時半過ぎ。はあぁ、残念。

◎本日の読書
 『野田秀樹の演劇』長谷部浩

|

2015年2月25日 (水)

40日間で13キロ減!

シネマート六本木ダンテ・ラム監督『クリミナル・アフェア 魔警』を観る。

Demonwithin

香港で実際に起こった警察官による警察官射殺事件からインスパイアされた作品だそうな。
心にトラウマを持つ警察官デイブにダニエル・ウー。デイブのトラウマを刺激する武装強盗団の一員にニック・チョン。アンディ・オン、リウ・カイチー、ドミニク・ラム、そして、往年の功夫俳優チー・クワンチュンらが脇を固める。

「40日間で13キロ減のダイエットにトライして」頬がげっそり痩けた彦祖が何とも痛々しい。ほんっとに死んじゃうンじゃないか? ってくらい。いや、まぢで。う〜む、監督がSなのか、本人がMなのか。
そのくせ、終わってみればニック・チョンの憎々しげな笑顔の方が印象に残っていたり。ま、その報われなさも含めて彦祖なんだけど(ごめんね)。

市街地での銃撃戦や壮絶なカークラッシュなど、相変わらずアクションが秀逸。ただ、音楽はうるさかったかな。ちょっと鳴り過ぎでしょう。

そうそう、制服私服関係なく、シャツの第一ボタンまできちんと締めている彦祖は、実に、実に実にセクスィでございました。

◎本日の読書
 『野田秀樹の演劇』長谷部浩

|

2015年2月24日 (火)

先日のつづき

2月9日付の記事で書いた第15回マリインスキー国際バレエフェスティバルは、その後、パリ・オペラ座からのゲストに変更が出たみたいです。
http://www.mariinsky.ru/playbill/festivali/fest_2014_2015/ballet_fest_232/
※さらに変更が出たので、2月26日に追記しました。
※ゲストはパリ・オペラ座以外からも呼ぶようです。3月5日に追記しました。
※3月18日にも追記しました。

3月15日『ドン・キホーテ』ナデージダ・バトーエワ、フランソワ・アリュイサック・エルナンデス(オランダ国立バレエ団)
3月16日『バヤデルカ』セウン・パク(パリ・オペラ座)、ウラジーミル・シクリャローフ
3月17日『ジゼル』オレリー・デュポン(パリ・オペラ座) → アリーナ・ソーモワ、ティムール・アスケロフ
3月18日『白鳥の湖』エカテリーナ・コンダウーロワ、オドリック・ベザールルスラン・スクヴォルツォフ(ボリショイ・バレエ)
※下線がゲスト

3月19日のヴィクトリア・テリョーシキナのガラ公演はインターネット中継があるようですよん。
http://mariinsky.tv/n/

現地時間の19:30からなので、日本時間だと同日25:30(20日1:30)になりますね。起きていられるかしらん?
プログラムはこんな感じ。

『愛の伝説』

シリン:アリーナ・ソーモワ → エカテリーナ・オスモールキナ
フェルハド:キミン・キム
メフメネ=バヌー:ヴィクトリア・テリョーシキナ
大臣:ユーリー・スメカロフ

『シェヘラザード』

シャリヤール王:ウラジーミル・ポノマリョーフ
ゾベイダ:ヴィクトリア・テリョーシキナ
黄金の奴隷:ダニーラ・コルスンツェフ
オダリスク:オリガ・ベリク、ヴィクトリア・ブリリョーワ、アナスタシア・ザクリンスカヤ

『パキータ』

ソリスト:ヴィクトリア・テリョーシキナ、ウラジーミル・シクリャローフ

アナスタシア・ザクリンスカヤはアルティナイ・アスィルムラートワコンスタンチン・ザクリンスキーのお嬢さんですね。お母さんに似てる〜。

ついでに、最終日3月22日のガラ公演も。

『アダージョ・ハンマークラヴィーア』

クセーニヤ・オストレイコフスカヤ、アレクセイ・ティモフェーエフ
ナデージダ・バトーエワ、コンスタンチン・ズヴェレフ
クリスティーナ・シャプラン、ユーリー・スメカロフ

『マルグリットとアルマン』

ウリヤーナ・ロパートキナ、ザンダー・パリッシュ

ディヴェルティスマン(何の記載もないけど、何をするのかしらん?)
※3月5日に出演者を追記しました。
※3月18日にも追記しました。

マリインスキー・バレエ;
エカテリーナ・コンダウーロワ、アナスタシア・マトヴィエンコ、オクサーナ・スコーリク、アリーナ・ソーモワ、ヴィクトリア・テリョーシキナ、ズラータ・ヤリニチ、ティムール・アスケロフ、キミン・キム、デニス・マトヴィエンコ、ウラジーミル・シクリャローフ

パリ・オペラ座;
レオノール・ボーラック、マリ=アニエス・ジロ、リュドミラ・パリエロ、オドリック・ベザール、ジェレミー=ルー・ケール、ユーゴ・マルシャン、ジョシュア・オファルト

これもインターネット中継して欲しいぞ。

◎本日の読書
 『野田秀樹の演劇』長谷部浩

|

2015年2月23日 (月)

絶句……

リンク: 坂東三津五郎さんご逝去 | 歌舞伎美人(かぶきびと).

坂東三津五郎さんご逝去

 歌舞伎俳優の十代目坂東三津五郎<ばんどう みつごろう、本名:守田 寿=もりた ひさし>さんが、2月21日(土)午前2時3分、東京都内の病院でご逝去されました。享年59。謹んでご冥福をお祈りいたします。

嘘だと言ってー!(泣)

【追記】
トピックス|歌舞伎 on the web
三津五郎さんの葬儀告別式が行われました|歌舞伎美人

後進への芸の伝授においては本当に大事な人だっただけに、悲しみはより深い。
花形世代に愚にもつかない新作をやらせるのはいい加減やめにして、大幹部が元気なうちにしっかり勉強させろー!>松竹

◎本日の読書
 『野田秀樹の演劇』長谷部浩

|

2015年2月21日 (土)

シス・カンパニー公演 KERA meets CHEKHOV Vol.2/4『三人姉妹』

2015年2月7日(土)〜3月1日(日) Bunkamura シアターコクーン
http://www.siscompany.com/

[作]アントン・チェーホフ
[上演台本・演出]ケラリーノ・サンドロヴィッチ
[美術]二村周作 [照明]服部基 [音響]水越佳一
[衣装デザイン]伊藤佐智子 [ヘアメイク]河村陽子

続きを読む "シス・カンパニー公演 KERA meets CHEKHOV Vol.2/4『三人姉妹』"

|

2015年2月18日 (水)

ヴィシニョーワもコールプも来ないなんて……

昨日、東京芸術劇場を出てスマホをチェックしたら、新国立劇場バレエ団を観てきたという知人から「マリインスキーの来日公演、ヴィシニョーワもコールプも来ないよ!!!」というメールが入っておりました。がーん。

発表になったキャストはこんな感じ。
※5月20日にキャスト変更がありました。
※11月11日にキャスト変更がありました。

11月26日(木)18:30 文京シビックホール ジュエルズ
〈エメラルド〉マリーヤ・シリンキナ、ヤナ・セリーナ、ヴィクトリア・クラスノクツカヤ、アレクサンドル・セルゲーエフ、ヴィクトリア・ブリリョーワ、ロマン・ベリャコフ
〈ルビー〉ナデージダ・バトーエワ、キミン・キム、エカテリーナ・チェブキナ、エカテリーナ・コンダウーロワ
〈ダイヤモンド〉クリスティーナ・シャプラン、ティムール・アスケロフ

11月27日(金)18:30 東京文化会館 愛の伝説
ウリヤーナ・ロパートキナ、アリーナ・ソーモワ、クリスティーナ・シャプラン、アンドレイ・エルマコフ、ユーリー・スメカロフ

11月28日(土)13:00 東京文化会館 愛の伝説
ヴィクトリア・テリョーシキナ、アリーナ・ソーモワ、マリーヤ・シリンキナ、ウラジーミル・シクリャローフ、コンスタンチン・ズヴェレフ

11月30日(月)18:30 東京文化会館 ロミオとジュリエット
アリーナ・ソーモワ、マリーヤ・シリンキナ、ウラジーミル・シクリャローフ、フィリップ・スチョーピン

12月1日(水)18:30 東京文化会館 ロミオとジュリエット
ヴィクトリア・テリョーシキナ、ザンダー・パリッシュ

12月2日(木)13:00 東京文化会館 ロミオとジュリエット
クリスティーナ・シャプラン、ティムール・アスケロフ

12月4日(金)18:30 東京文化会館 白鳥の湖
アリーナ・ソーモワ、ヴィクトリア・テリョーシキナ、キミン・キム

12月5日(土)12:30 東京文化会館 白鳥の湖
オクサーナ・スコーリク、ザンダー・パリッシュ

12月5日(土)18:30 東京文化会館 白鳥の湖
ウリヤーナ・ロパートキナ、ダニーラ・コルスンツェフ

12月6日(日)13:00 東京文化会館 白鳥の湖
ヴィクトリア・テリョーシキナ、エカテリーナ・コンダウーロワ、ティムール・アスケロフ

マリインスキー劇場での公演を思えば、『ジュエルズ』が若手中心というのは、ある程度、予想できたけど、ヴィシニョーワもコールプも来ないというのは想定外だったわ。はあぁ、ショック。こうなったら、夏の《グラン・ガラ》は全部行くぞー!

ちなみに、最初に発表されたメンバーがこちらにあります。
http://juka.cocolog-nifty.com/yoigoshi/2014/12/post-b2d4.html

そうか、イワンチェンコも来ないのか。ま、半年以上も先の話だし、今後も変更は出ると思いますけど。
ワタクシ的には、これが日本では最後になるかも知れないロパートキナの『白鳥の湖』と、そうそう観られるとも思えない『愛の伝説』と、若手チェックのための『ジュエルズ』を押さえておけばいいかな。

【追記】
地方公演の情報もいくつかありました。ただし、キャストは不明です。
※2月23日にさらに追記しました。
※5月26日にキャストを一部追記しました。
※6月3日にキャストを一部追記しました。
※6月27日にキャストを一部追記しました。
※11月11日にキャスト変更がありました。
※11月21日にキャスト変更がありました。

11月20日(金)三重県文化会館 大ホール ロミオとジュリエット
クリスティーナ・シャプラン、ティムール・アスケロフ
http://www.center-mie.or.jp/bunka/event/detail/2238

11月21日(土)大阪フェスティバルホール 白鳥の湖
ヴィクトリア・テリョーシキナ、アナスタシア・マトヴィエンコ、ウラジーミル・シクリャローフ
http://www.festivalhall.jp/program_information.html?id=744

11月22日(日)大阪フェスティバルホール ロミオとジュリエット
アリーナ・ソーモワ、マリーヤ・シリンキナ、フィリップ・スチョーピン
http://www.festivalhall.jp/program_information.html?id=745

11月23日(月・祝)15:00 滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール 白鳥の湖
オクサーナ・スコーリク、ザンダー・パリッシュ
https://www.biwako-hall.or.jp/performance/2015/02/13/post-21.html

11月29日(日)17:00 愛知芸術劇場 大ホール 白鳥の湖
オクサーナ・スコーリク、エカテリーナ・コンダウーロワ、ティムール・アスケロフ
http://cte.jp/detail/15/151129/index.html

◎本日の読書
 『今日も一日きみを見てた』角田光代

|

2015年2月17日 (火)

東京芸術劇場 RooTS Vol.02『狂人なおもて往生をとぐ 〜昔、僕達は愛した〜』

2015年2月10日(火)〜26日(木) 東京芸術劇場 シアターウエスト
http://www.geigeki.jp/

[作]清水邦夫 [ドラマターグ]木内宏昌 [演出]熊林弘高
[美術]二村周作 [照明]笠原俊幸 [音響]長野朋美(オフィス新音)
[衣装]伊藤佐智子(ブリュッケ)[ヘアメイク]鎌田直樹

続きを読む "東京芸術劇場 RooTS Vol.02『狂人なおもて往生をとぐ 〜昔、僕達は愛した〜』"

|

2015年2月14日 (土)

Iwaki Ballet Company『眠れる森の美女』

2015年2月14日(土)〜15日(日) ゆうぽうとホール
http://ibc.yukie.net/

2012年の第1回公演『ジゼル』が、思いの外、よかったので(感想はこちら)、久しぶりにまた観てみようかと。前の方はそこそこ埋まっていたものの、通路を挟んだ後ろは見事にガラッガラ。サイドブロックの後方席を取ってしまったものだから、何列にもわたる空席越しに舞台を観るわけで。ガラガラの客席って、結構、観客にも応えるね。音楽はテープ演奏。

続きを読む "Iwaki Ballet Company『眠れる森の美女』"

|

2015年2月11日 (水)

NODA・MAP 第19回公演『エッグ』

2015年2月3日(火)〜22日(日) 東京芸術劇場 プレイハウス
http://www.nodamap.com/

[作・演出]野田秀樹 [音楽]椎名林檎 [美術]堀尾幸男
[照明]小川幾雄 [衣裳]ひびのこづえ [音響・効果]高都幸男
[振付]黒田育世 [映像]奥秀太郎 [美粧]柘植伊佐夫

続きを読む "NODA・MAP 第19回公演『エッグ』"

|

2015年2月 9日 (月)

第15回 マリインスキー国際バレエフェスティバルの情報

数日前に第15回 マリインスキー国際バレエフェスティバルの情報が出たンですね(と言っても、詳しいキャストは未定)。

XV МЕЖДУНАРОДНЫЙ ФЕСТИВАЛЬ БАЛЕТА《МАРИИНСКИЙ》
13 − 22 марта 2015 года
http://www.mariinsky.ru/playbill/festivali/fest_2014_2015/ballet_fest_232/

今年の目玉はパリ・オペラ座からゲスト。ん? 今朝は3月20日の『眠れる森の美女』にエルヴェ・モローの名前があったのに、今はないぞ(どうやらまた怪我したらしい)。

3月15日『ドン・キホーテ』フランソワ・アリュ
3月16日『バヤデルカ』リュドミラ・パリエロ、ウラジーミル・シクリャローフ
3月17日『ジゼル』オレリー・デュポン、エカテリーナ・コンダウーロワ
※下線がゲスト

その他では、3月19日《Творческий вечер Виктории Терёшкиной(ヴィクトリア・テリョーシキナとのクリエイティブな夜──要するにガラ公演ですかね)》や3月21日《Творческая мастерская молодых хореографов(若手振付家のためのクリエイティブなワークショップ)》が面白そう。

ちなみに、オープニングは『Бэмби(バンビ)/В джунглях(ジャングルの中で)。振付はファースト・ソリストのアントン・ピモノフとなっている(彼は確か前回のワークショップで作品を発表していた筈)ので、新作なんでしょう。シーズン開幕時に発表されたクリストファー・ウィールダン振付『不思議の国のアリス』やその他の復刻作品はまだ先なのかしらん?

【追記】
新しい情報を2月24日付の記事に載せました。

◎本日の読書
 なし

|

2015年2月 8日 (日)

第14回 世界バレエフェスティバルの日程などが決定

リンク: 第14回世界バレエフェスティバル 日程・入場料決定!:What's New:NBS日本舞台芸術振興会.

第14回世界バレエフェスティバル 日程・入場料決定!

3年に一度東京で開催される、バレエの祝典、世界バレエフェスティバル。
このたび、今夏に開かれる第14回世界バレエフェスティバルの日程、入場料、予定される出演者が決定いたしましたので、お知らせいたします。

■公演日程

【Aプロ】
8月1日(土) 2:00p.m.
8月2日(日) 2:00p.m.
8月4日(火) 6:00p.m.
8月5日(水) 6:00p.m.
8月6日(木) 6:00p.m.

【Bプロ】
8月8日(土) 2:00p.m.
8月9日(日) 2:00p.m.
8月11日(火) 6:00p.m.
8月12日(水) 6:00p.m.
8月13日(木) 6:00p.m.

■会場:東京文化会館

■入場料(税込)
S=¥26,000 A=¥23,000 B=¥20,000 C=¥16,000 D=¥12,000 E=¥8,000

■予定される女性舞踊手
シルヴィア・アッツォーニ / アリーナ・コジョカル / オレリー・デュポン / マリア・アイシュヴァルト / ミリアム・ウルド=ブラーム / タマラ・ロホ / ディアナ・ヴィシニョーワ / アマンディーヌ・アルビッソン(Aプロのみ) 他

■予定される男性舞踊手
マチアス・エイマン / ヨハン・コボー / マニュエル・ルグリ / ウラジーミル・マラーホフ / スティーヴン・マックレー / エルヴェ・モロー / マライン・ラドメーカー / アレクサンドル・リアブコ / マチュー・ガニオ(Aプロのみ) 他

引退を表明し、現役最後となる世界ツアーを行うシルヴィ・ギエムの名前はないけど、マニュエル・ルグリとウラジーミル・マラーホフは今回も出演するのね〜。追加発表されるキャストにもよるけど、ガラだけでいいかな(もちろん、チケットが取れれば……の話です)。

昨年末から続いていた病院通いも一段落。まだ当分、薬は飲み続けないといけないけど、とりあえず胸を撫で下ろす。そんなこんなで、今年の観劇は超マイペースでまいります。

【追記】
追加出演者と発売日の情報が更新されました〜。
第14回世界バレエフェスティバル 出演者・発売日決定!

【さらに追記】
7名の追加出演者が発表されました〜。
第14回世界バレエフェスティバル 追加出演者決定!

◎本日の読書
 『ポアロとグリーンショアの阿房宮』アガサ・クリスティー

|

2015年2月 6日 (金)

私のアンナ・パブロワ

2月23日にトムスク州立フィルハーモニー コンサートホールで《私のアンナ・パブロワ》というガラ公演が開催されるそうな。
http://bkz.tomsk.ru/ru/article/1-bkz/2374-2014-12-03-07-12-25

出演者はマリーヤ・アラシュ、ナターリヤ・レドフスカヤ、イーゴリ・コールプ、他。
演目は、『薔薇の精』『シェヘラザード』『瀕死の白鳥』『アルレキナーダ』『ジゼル』『くるみ割り人形』『白鳥の湖』に、アンナ・パブロワのレパートリーから『ロンディーノ』と『トンボ』。

コールプのインタビューもありました。
http://bkz.tomsk.ru/ru/component/content/article/7-2011-05-07-15-41-43/2437---q--q------

最近はあまり上演されなくなっているアンナ・パブロワのレパートリーと“銀の時代”に触れるいい機会になるのでは(ロシア語なので、すっげーアバウトです)、とのこと。ここでは『牧神の午後』(新作?)『薔薇の精』『白鳥の湖』を踊る、とある。今回のパートナーはアラシュで、彼女と出会ったのはファルフ・ルジマトフのガラ公演だった、などなど。
あとは、ロミオからティボルトへ、アルブレヒトからハンスへ、踊る役も変わってきて、キャリアの後半に差し掛かって云々。やはり、ダンサーとして難しい時期にきているのかしらん?
ファンとしては、いつまでも踊る姿を観ていたいけど、ティボルトやハンス、カラボスばかりでは切ないし……。

ンで、マリインスキー劇場のVKをチェックしていたら、昨年、キエフでワールドプレミアを開催した『華麗なるギャツビー』上演に関する記事を発見。
https://vk.com/wall81344132_77617

デニス・マトヴィエンコ制作(でいいのか?)で、振付・演出はドワイト・ローデン。日程は2月12日と13日、会場は第2劇場。主なキャストはこんな感じ。

デイジー・ブキャナン:アナスタシア・マトヴィエンコ
ジェイ・ギャツビー:デニス・マトヴィエンコ
トム・ブキャナン:マクシム・ジュージン
マートル・ウィルソン:ダリア・パブレンコ
ニック・キャラウェイ:アレクサンドル・セルゲーエフ
ジョージ・ウィルソン:セルゲイ・シドルスキー(ウクライナ国立歌劇場←要するにキエフ・バレエっすね)
ジョーダン・ベイカー:エカテリーナ・カルチェンコ(ウクライナ国立オデッサ歌劇場)
マイヤー・ウルフシャイム:クリフォード・ウィリアムズ(コンプレクションズ・コンテンポラリー・バレエ)

ほとんどがマリインスキーのダンサーなのよね。当初の予定では、マリインスキーでワールドプレミアだったような。

こちらがプロダクションのサイト。動画や写真も満載ですよん。
http://gatsbyballet.com/

◎本日の読書
 『ポアロとグリーンショアの阿房宮』アガサ・クリスティー

|

2015年2月 3日 (火)

何もわざわざ上方でやらんでも

南座 市川海老蔵特別舞踊公演の公演情報が公開されました〜。
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kyoto/2015/04/post_45.html

平成27年4月17日(金)〜25日(土)

一、道行初音旅(みちゆきはつねのたび)
  吉野山

      佐藤忠信実は源九郎狐   道行改め九團次
             静御前   吉 弥

二、口上(こうじょう)
  四代目市川九團次 襲名披露

                   海老蔵
                   道行改め九團次

三、新古演劇十種の内 身替座禅(みがわりざぜん)

            山蔭右京   海老蔵
            太郎冠者   道行改め九團次
            侍女千枝   廣 松
            同 小枝   京 蔵
           奥方玉の井   市 蔵

道行改め九團次は上方の竹三郎さんとこを破門になった役者だぞ。それをわざわざ南座で襲名披露とは……ったく、付き合わされる吉弥さんが気の毒だわ。

本日初日の六本木歌舞伎は名古屋・大阪公演が決まったそうな。ふーん。
http://www.roppongikabuki.com/news/20150203.html

ついでに、市川海老蔵 第三回自主公演 ABKAI 2015の情報も。
http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/15_abkai.html

相変わらず忙しいね、海老蔵クン。
そう言えば、今日はお父上の命日だったような。もう三回忌か……。

◎本日の読書
 なし

|

2015年2月 1日 (日)

マリインスキー・バレエからまた移籍者が

久しぶりにミハイロフスキー劇場のサイトをチェックしていたら、ファースト・ソリストにアリサ・ソドレワの名前を発見。
http://www.mikhailovsky.ru/theatre/company/first-soloists-f/alisa_sodoleva/

写真はまだないので(数日後に掲載された模様)、マリインスキー・バレエから移籍したばかり? イーゴリ・コールプと『シェヘラザード』を踊ったりしていたので、注目していたンだけどな……。

そう言えば、昨年の秋頃にマリインスキーを退団したユーリア・ステパノワとカミル・ヤングラゾフは揃ってスタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念 国立モスクワ音楽劇場バレエに入団したのね。ステパノワはファースト・ソリスト、ヤングラゾフはアーティスト。
http://stanmus.ru/person/4653
http://stanmus.ru/person/5467

5月の来日公演には来るのかしらん?

【追記】
いつの間にかステパノワはボリショイ・バレエに移籍してました。コール・ドのひとつ上だから、コリフェって感じ?
http://www.bolshoi.ru/persons/ballet/2881/

旦那のヤングラゾフも一緒だと思うンだけど、名前が見当たらないような?

◎本日の読書
 なし

|

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »