« 第14回 世界バレエフェスティバルの追加出演者 | トップページ | しまった »

2015年3月28日 (土)

NHKバレエの饗宴 2015

2015年3月28日(土) NHKホール
http://www.nhk-p.co.jp/

[指揮]園田隆一郎 [管弦楽]東京フィルハーモニー交響楽団

新国立劇場バレエ団の小野絢子がすんばらしかったです! それまでのすべてが前座か露払いか……ってくらいの輝きを放っておりました。

牧阿佐美バレヱ団
『パキータ』

[振付]マリウス・プティパ [改訂振付]アレクサンドラ・ダニロワ、牧阿佐美
[音楽]レオン・ミンクス

プリンシパル:青山季可、菊地研
パ・ド・トロワ:織山万梨子、米澤真弓、清瀧千晴
ヴァリエーション:伊藤友季子

小橋美矢子、笠井裕子、日高有梨、杉本直央、尾形結実、茂田絵美子、久保茉莉恵、中川郁、佐藤かんな、田切眞純美、武本真利亜、三宅里奈、塩澤奈々

個々のダンサーのレベルはともかく、芸術監督のレベルはここが一番低いよな。舞台装置、衣裳のセンス、キャスティング、どれをとっても才気に乏しく、その結果、観客からは「“お教室バレエ”代表ですか?」と言われる始末。
どうせ前座扱いされるなら、いっそのこと、プリンシパルに若手(例えば、中川郁とか清瀧千晴とか)を起用しちゃえばよかったのに。

初っ端だったせいか、青山季可は硬かったかな。菊地研は衣裳が罰ゲーム。コール・ドは揃えることに汲々としている割には、見せ場の全員フェッテが揃わない。
ひとり気を吐いていたのが清瀧千晴で、伊藤友季子も二番手あたりを踊ってる分には、のびのびしていていいのよね。
伊藤と共にヴァリエーションを踊った中川郁。音楽性に優れたダンサーで、これからがほんっとに楽しみ。

Noism1
『supernova』(新作)

[演出振付]金森穣 [音楽]黛敏郎 [演奏]渡辺玲子(バイオリン)

井関佐和子、亀井彩加、角田レオナルド仁、簡麟懿、石原悠子、池ヶ谷奏、吉崎裕哉、梶田留以、佐藤琢哉

演出振付だけでなく、衣裳、装置、照明など、すべてに金森穣の美意識が行き渡り、ひっじょーに見応えありました。ただ、「また“井関佐和子と生徒たち”か……」と思ってしまったのも事実。今はこういう関係性でしか作品を構築できないのかしらん?

全身網タイツみたいな衣裳は奇を衒い過ぎというか、肝心の身体が美しく見えないのは如何なものかと。

下村由理恵バレエアンサンブル
『カルメン』から抜粋

[演出・構成・振付]篠原聖一 [音楽]ジョルジュ・ビゼー ほか

下村由理恵、山本隆之(ゲスト)、森田健太郎(ゲスト)

金子優、大長亜希子、平尾麻実、南部美和、大金歩、大山裕子、小野田奈緒、粕谷麻美、呉佳澄、佐藤友香、柴田由佳、谷みき子、徳永由貴、中村蓉子、林直美、星野姫、八木真梨子、渡辺幸

些か所帯染みたカルメンというか。とは言え、カルメンとホセとスニガの三角関係に絞った抜粋とか、山本隆之(ホセ)と森田健太郎(スニガ)という演技巧者のゲストとか、今回の上演に相応しい選択をしている点には感心いたしました。

新国立劇場バレエ団
『眠りの森の美女』から第3幕

[振付]ウエイン・イーグリング(マリウス・プティパ原振付による)
[音楽]ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー(ギャヴィン・サザーランド編曲)

オーロラ姫:小野絢子
デジレ王子:福岡雄大
リラの精:寺田亜沙子
国王:貝川鐵夫
王妃:佐々木美緒
式典長カタラビュート:輪島拓也
宝石 エメラルド:細田千晶
   サファイア:柴山紗帆
   アメジスト:奥田花純
   ゴールド:奥村康祐
フロリナ王女:米沢唯
青い鳥:井澤駿
白い猫:原田舞子
長靴を履いた猫:原健太
赤ずきん:広瀬碧
狼:福田紘也
親指トム:八幡顕光

豪華な装置を持ち込み、他の団体より上演時間も長く(ちなみに、牧阿佐美バレヱ団と下村由理恵バレエアンサンブルが35分、Noism1が15分、新国立劇場バレエ団が45分)、大所帯で『眠り』3幕を丸々上演するなんざ、いくら何でも大人気ないンじゃありませんか? と、皮肉のひとつも言いたくなるような全力投球ぶり。ンが、小野絢子の登場で何も彼もキレイサッパリ吹き飛びましたです。はい。

その美しさ、その神々しさ、まるで本当のお姫様のよう。彼女を観ているだけで、古典における現代性とか役の解釈とかが些末なことに思えてくる。音楽があり、振付があり、ダンサーがいる。ただそれだけで幸せな気分になれるのだ。いやいやいやいや、いつの間にこんな高みに達していたのよ?

ってことで、ワタクシ的には、今日は小野絢子に尽きる。

その他、宝石たちが音楽に追い捲くられているように見えたことと、フロリナ王女の米沢唯がやたらと手をビラビラさせていたことが気になった。フロリナ王女に関しては、たまにそういう踊り方をする人を見かけるンだけど、「フロリナ王女は鳥じゃありません!」と否定的に捉えるか、「青い鳥の真似をしてるのね〜」と好意的に捉えるかは、そのダンサーに対する愛情如何によるのかな、と。

放送予定

4月12日(日)21:00〜23:0023:30(30分延長されるようです)
Eテレ『クラシック音楽館』
http://www4.nhk.or.jp/ongakukan/

|

« 第14回 世界バレエフェスティバルの追加出演者 | トップページ | しまった »

2015年鑑賞記録」カテゴリの記事