« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月28日 (土)

NHKバレエの饗宴 2015

2015年3月28日(土) NHKホール
http://www.nhk-p.co.jp/

[指揮]園田隆一郎 [管弦楽]東京フィルハーモニー交響楽団

新国立劇場バレエ団の小野絢子がすんばらしかったです! それまでのすべてが前座か露払いか……ってくらいの輝きを放っておりました。

続きを読む "NHKバレエの饗宴 2015"

|

2015年3月27日 (金)

第14回 世界バレエフェスティバルの追加出演者

リンク: 第14回世界バレエフェスティバル 追加出演者決定!:What's New:NBS日本舞台芸術振興会.

第14回世界バレエフェスティバル 追加出演者決定!

この夏開催される世界でもっとも豪華なバレエの祭典、世界バレエフェスティバル。既報の30名の出演者に加えて、このたび調整中だった下記の7人の参加が決定いたしました。

マリーヤ・アレクサンドロワ Maria Alexandrova
(ボリショイ・バレエ)

アリシア・アマトリアン Alicia Amatriain
(シュツットガルト・バレエ団)

アシュレイ・ボーダー Ashley Bouder(Aプロのみ)
(ニューヨーク・シティ・バレエ)

ウリヤーナ・ロパートキナ Ulyana Lopatkina
(マリインスキー・バレエ)

マルセロ・ゴメス Marcelo Gomes(Bプロのみ、8/9から参加)
※本人の都合によりBプロの初日(8/8)に出演することができません。ご了承ください。
(アメリカン・バレエ・シアター)

ウラディスラフ・ラントラートフ Vladislav Lantratov
(ボリショイ・バレエ)

イーゴリ・ゼレンスキー Igor Zelensky
(モスクワ音楽劇場バレエ、ノヴォシビルスク・バレエ)

一気にロシア勢が増えましたね〜。プログラムの発表が待たれます。

今週は珍しく毎日更新してしまったよ。

◎本日の読書
 『乙女の家』朝倉かすみ

|

2015年3月26日 (木)

いつだってテリョーシキナは正しく美しい♪

フォトグラファーのJack Devant氏のサイトに、ヴィクトリア・テリョーシキナのガラ公演の写真が続々とupされている〜。

The Legend of Love act II
http://www.jackdevant.com/viktoria-tereshkina-yekaterina-osmolkina-kimin-kim-yuri-smekalov-the-legend-of-love/

Viktoria Tereshkina and Danila Korsuntsev in Scheherazade
http://www.jackdevant.com/viktoria-tereshkina-danila-korsuntsev-scheherazade/

Viktoria Tereshkina and Vladimir Shklyarov in Paquita Grand Pas
http://www.jackdevant.com/viktoria-tereshkina-vladimir-shklyarov-paquita/

Viktoria Tereshkina in Spanish Miniature
http://www.jackdevant.com/viktoria-tereshkina-in-spanish-miniature/

他に、『パキータ』のヴァリエーションもあります。個別にリンクするのが面倒になってきたので(笑)、TOPページのURLを書いておきます。
http://www.jackdevant.com/

YouTubeにも第15回マリインスキー国際バレエフェスティバルの動画がいろいろupされてます。ンが、どれも公式ではないのでリンクは控えます。あしからず。

◎本日の読書
 『乙女の家』朝倉かすみ

|

2015年3月25日 (水)

いよいよ雀右衛門襲名かぁ

リンク: 五代目中村雀右衛門 襲名披露を発表 | 歌舞伎美人(かぶきびと).

五代目中村雀右衛門 襲名披露を発表

 3月24日(火)、中村芝雀改め五代目中村雀右衛門の襲名披露が、平成28(2016)年3月歌舞伎座より始まることが発表され、芝雀が発表記者会見で襲名に向けての心境を語りました。

 来年3月、4年ぶりに女方の大名跡の一つ、雀右衛門の名前が復活、その襲名披露興行が3月の歌舞伎座に続き、6月博多座、7月大阪松竹座、12月南座で行われます。四代目雀右衛門の二男、芝雀は五代目襲名の発表にあたり、緊張の中にもやわらかな笑顔で会見に臨みました。

襲名披露については、「父が大切にしていたもの、京屋の芸にちなんだものをさせていただければ」と語ったうえで、三姫(『本朝廿四孝』の八重垣姫、『金閣寺』の雪姫、『鎌倉三代記』の時姫)、『娘道成寺』や『豊後道成寺』といった道成寺物、『藤娘』、『葛の葉』、『毛谷村』のお園などを挙げたそうな。

四代目一世一代の八重垣姫(1999年3月の歌舞伎座)は今も鮮明に覚えている。何はともあれ、楽しみです。

こちらの記事も併せてどうぞ〜。
トピックス|歌舞伎 on the web

それはそれとして、福助の歌右衛門襲名はこのまま立ち消えになってしまうのかしらん???

◎本日の読書
 『乙女の家』朝倉かすみ

|

2015年3月24日 (火)

田北志のぶさんによるプロデュース公演 追加情報

f-Squarのサイトに《ロシアバレエ トップダンサー達によるグラン・ガラ》の追加情報が出てます〜。
http://fsquare-freedomstudio.co.jp/concertschedule.html#201507takita

7月23日(木)18:30開場 19:00開演
ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)大ホール
http://www.n-bunka.jp/
S席5,000円、A席4,000円、B席3,000円(全席指定・税込)
お問い合わせ:一般財団法人 長野市芸術文化振興財団 026-219-3100
*4月4日(土)一般発売

7月24日(金)
詳細続報

7月28日(火)
詳細続報

7月30日(木)
詳細続報

23日はなくなったのかと思ったら、復活。さらに、28日が追加になってます(なくなったようです)。
ちなみに、23日は長野市芸術館の開館プレイベントです。「特別出演:二山治雄」で、1部冒頭で「ハーレキナード」、2部冒頭で「グラン・パ・クラシック」を踊るようです。こちらも併せてご覧ください。
http://www.nagano-arts.or.jp/info/?p=332

それから、関連企画としてワークショップもあります。

7月19日(日)
長野市生涯学習センター 大学習室2・3
講師:マリア・アラシュ、イーゴリ・コルプ、アレクサンドル・ザイツェフ
お申し込み・お問い合わせ:一般財団法人 長野市芸術文化振興財団 026-219-3100

う〜む、聴講だけでもしてみたい……。

◎本日の読書
 『乙女の家』朝倉かすみ

|

2015年3月23日 (月)

長谷部浩著『野田秀樹の演劇』刊行記念 野田秀樹×長谷部浩トークイベント

2015年3月23日(月) 蔦屋書店1号館2階 イベントスペース
http://tsite.jp/daikanyama/

野田秀樹(劇作家・演出家・役者)
長谷部浩(演劇評論家)

続きを読む "長谷部浩著『野田秀樹の演劇』刊行記念 野田秀樹×長谷部浩トークイベント"

|

2015年3月22日 (日)

松竹創業百二十周年 三月大歌舞伎 夜の部

2015年3月3日(火)〜27日(金) 歌舞伎座
http://www.kabuki-bito.jp/

久しぶりに昼夜通しにしたら、途中から腰が痛くて痛くて……。おまけに、芝居の出来もそこはかとなく残念なことになっていて、気分はほとんど罰ゲーム。トホホ。

続きを読む "松竹創業百二十周年 三月大歌舞伎 夜の部"

|

松竹創業百二十周年 三月大歌舞伎 昼の部

2015年3月3日(火)〜27日(金) 歌舞伎座
http://www.kabuki-bito.jp/

花形に幹部がちょこっと付き合うだけで「大歌舞伎」とするのはやめてくれませんかね。>松竹
夜の部なんて、「花形歌舞伎」で充分じゃん。

続きを読む "松竹創業百二十周年 三月大歌舞伎 昼の部"

|

2015年3月20日 (金)

ヴィクトリア・テリョーシキナのガラ公演

途中で寝落ちしつつ、とりあえず最後まで観る。日本時間で5:20終了。ってことは、4時間近くやってたってこと?
http://mariinsky.tv/n/

ソリストが次から次へと登場する『パキータ』も見応えあったけど、その後のテリョーシキナと12人の男性陣によるサプライズ? も楽しかったですよん。白組がダニーラ・コルスンツェフ、ウラジーミル・シクリャローフ、ティムール・アスケロフ、アントン・コールサコフ(いろんな意味でびっくりした!)、黒組上手(stage left)がキミン・キム、コンスタンチン・ズヴェレフ、ユーリー・スメカロフ、Иван Оскорбин(イワン・オスコールビンでいいのか?)、黒組下手(stage right)がアレクサンドル・セルゲーエフ、フィリップ・スチョーピン、アレクセイ・ティモフェーエフ、マクシム・ジュージンだったかな。スペイン風の小品で、振付はスメカロフ。たぶん。

改めて、プログラムとキャスト。

『愛の伝説』

シリン:エカテリーナ・オスモールキナ
フェルハド:キミン・キム
メフメネ=バヌー:ヴィクトリア・テリョーシキナ
大臣:ユーリー・スメカロフ

『シェヘラザード』

シャリヤール王:ウラジーミル・ポノマリョーフ
ゾベイダ:ヴィクトリア・テリョーシキナ
黄金の奴隷:ダニーラ・コルスンツェフ
オダリスク:オリガ・ベリク、ヴィクトリア・ブリリョーワ、アナスタシア・ザクリンスカヤ

『パキータ』

ソリスト:ヴィクトリア・テリョーシキナ、ウラジーミル・シクリャローフ
ヴァリエーション:フィリップ・スチョーピン、アナスタシア・マトヴィエンコ、クリスティーナ・シャプラン、ティムール・アスケロフ、エカテリーナ・オスモールキナ、エカテリーナ・コンダウーロワ、キミン・キム

幕間にインタビューがあったような(寝落ちしていたので詳細は不明)。あと、開演前にはテリョーシキナのワガノワ時代の舞台映像も。これがまたメチャメチャ巧いンだわ。
今ならまだ観られるみたいなので、お早めにどうぞ〜(次のインターネット中継が始まったらNGかも)。

【追記】
結局、アーカイブ映像は1日しか観られなかったような。
フォトグラファーのJack Devant氏のサイトにより詳しいキャストが載っていたので、ご参考までに。舞台写真も載せてくれると嬉しいな。
Viktoria Tereshkina Artistic Evening in Mariinsky Theatre − programme

フェルハドのキムはデビューだったのか。ふーん。

【さらに追記】
スペイン風の小品がYouTubeにupされました。

◎本日の読書
 なし

|

あれから20年

……死んだ者たちの祈りは、届かなかった。
けれども、こうして生きている者たちの祈りは、なおさら届かない。

だったら、生きとし生ける者たちは、忘れるために祈るのか?

それとも忘れないために祈るの?

もちろん、忘れるために祈るのよ。
でもね、それでも忘れきれないものがのこるでしょう。
そのことを忘れないために私は祈るしかない……

野田秀樹『ザ・キャラクター』より

|

2015年3月19日 (木)

いろいろ諦める

CDジャケットの校了直前につき、今週はあれもこれも諦める。

一番観たかったのは、シネマヴェーラ渋谷での神代辰巳監督特集上映の1本、『悪女の仮面 扉の陰に誰かが』(1980年)。原作はシャーロット・アームストロングの「悪の仮面」改め「あほうどり」。これ、過去にも何度か映像化されていて、石井輝男監督の連続ドラマ『喪服の訪問者』(1971年)も貞永方久監督の映画『影の爪』(1972年)も観てるので、神代監督の2時間ドラマ(土曜ワイド劇場だったか?)も押さえておきたかったのよねぇ。ちえっ。

あとは、新国立劇場バレエ団《トリプル・ビル》とか、谷桃子バレエ団『海賊』とか。《トリプル・ビル》はナチョ・ドゥアトの作品が『ポル・ヴォス・ムエロ』だったら、万難を排してでも駆けつけるンだけどな。

本日、日本時間25:30からインターネット中継されるヴィクトリア・テリョーシキナのガラ公演はちゃんと観られるかしらん?
http://mariinsky.tv/n/

ロシア語を読むのが面倒という方は、2月24日付の記事にプログラムを書いておきましたので、ご覧ください。

そうそう、マリインスキーもInstagramを始めたようですよん。
https://instagram.com/mariinsky/

◎本日の読書
 なし

|

2015年3月16日 (月)

三上博史主演で『タンゴ・冬の終わりに』を上演!

リンク: 三上博史主演、行定勲演出で清水邦夫作『タンゴ・冬の終わりに』が上演決定 - 2015年3月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド.

三上博史主演、行定勲演出で清水邦夫作『タンゴ・冬の終わりに』が上演決定

清水邦夫作『タンゴ・冬の終わりに』が、三上博史主演&行定勲演出でPARCO劇場にて上演される。

日本海に面した町の古びた映画館を舞台に、狂気に陥った元俳優・清村盛らの姿を描いた本作。84年に平幹二朗の主演と、蜷川幸雄の演出で同劇場で初演された。

同劇場での上演は、86年以来29年ぶりとなる今回。三上のほか、キャストには、倉科カナ、神野三鈴、岡田義徳、有川マコト、小椋毅、梅沢昌代、ユースケ・サンタマリアが名を連ねる。

PARCO劇場の速報チラシもありました。
http://www.parco-play.com/web/play/tango2015/sokuho.pdf

三上博史の清村盛かぁ。これは観る! 絶対、観るっ!!
他のキャストを予想すると……倉科カナが名和水尾、神野三鈴が盛の妻、岡田義徳が盛の弟、ユースケ・サンタマリアが水尾の夫、って感じ?

う〜む、倉科カナが水尾だとすると、かなり不安。水尾は「彼女がすっと舞台を横切るだけで、それはもうまぎれもない演劇になるんです」とまで言われる女優なわけで。若くて綺麗なだけではダメなんだよね。

先週末のコンサートで一緒になった舞台監督さん、物腰が柔らかで気持ちよく仕事ができたわ。ゲイオーラ、出まくってたけど。

【追記】
三上博史主演で31年ぶり「タンゴ・冬の終わりに」 - 芸能 : 日刊スポーツ

やはり倉科カナが水尾でユースケ・サンタマリアが水尾の夫でしたね。

◎本日の読書
 『わたしたちはその赤ん坊を応援することにした』朝倉かすみ

|

2015年3月12日 (木)

光藍社も頑張ってるね

光藍社の4月一般発売分の公演ラインナップが出たンだけど、これが、結構、頑張ってるのよ。
http://www.koransha.com/pickup/lineup/

毎年恒例の《親子で楽しむ夏休みバレエまつり》には、ミハイロフスキーのイリーナ・ペレン、アナスタシア・ロマチェンコワ、イリーナ・コシェレワ、ミハイル・シヴァコフをゲストに呼んでいるし(コール・ドはサンクトペテルブルグ・シティ・バレエ)、サンクトペテルブルグ・バレエ・シアター(タッチキン・バレエ)『白鳥の湖』『眠れる森の美女』には、英国ロイヤルのワディム・ムンタギロフとボリショイのデニス・ロヂキンを呼んでいる。

夏は日程的に無理だけど、タッチキンは9月だから行けるかな?
ちなみに、タッチキンの日程と出演者はこんな感じ。会場はすべてBunkamura オーチャードホール(ちえっ)、開場はすべて30分前です。

9月2日(水)19:00開演
『白鳥の湖』コレスニコヴァ&ロヂキン

9月3日(木)19:00開演
『白鳥の湖』コレスニコヴァ&ムンタギロフ

9月4日(金)19:00開演
『白鳥の湖』サモストレーロワ&未定&ロヂキン(ロットバルト)

9月5日(土)14:00開演
『眠れる森の美女』サモストレーロワ&ムンタギロフ

9月5日(土)19:00開演
『眠れる森の美女』コレスニコヴァ&ロヂキン

9月6日(日)14:00開演
『眠れる森の美女』コレスニコヴァ&未定

只今、4月9日(木)までの期間限定で先行予約中だそうな。

ところで、「Родькин」の日本語表記は「ロヂキン」で定着しちゃったのね〜。

◎本日の読書
 『わたしたちはその赤ん坊を応援することにした』朝倉かすみ

|

2015年3月10日 (火)

マリインスキー・バレエ2015年日本公演の特設サイト

マリインスキー・バレエ2015年日本公演の特設サイトが開設されました〜。
http://www.japanarts.co.jp/mb2015/index.html

『愛の伝説』の紹介動画でテリョーシキナと踊ってるのはコールプよね? はあぁ、観たかったなぁ(泣)。

◎本日の読書
 『わたしたちはその赤ん坊を応援することにした』朝倉かすみ

|

2015年3月 7日 (土)

本日は田北志のぶさんプロデュース公演のチケット発売日

まずは友人を誘っている横須賀芸術劇場に電話。思いの外、早く繋がり、ほぼ希望の席をget。
郵送の場合、クレジットカード決済(事務手数料300円)とコンビニ支払い(事務手数料500円)が選べるそうな。

続いて川口リリア。ンが、これが、全然、繋がらない。オペレーターが少ないのかしらん? 仕方がないので、先に仙台の方を済ませることにする。こちらはあっさり繋がり、まあまあ希望の席をget。
支払いは代引引換。代引手数料は地域によって違うみたい。東京は700円だったような(もう忘れてる)。

その後、あれやこれや用事を片付けつつ川口リリアに電話。12時近くにようやく繋がる。ちょっと困ったのは、発売初日は列とブロックしか指定できないこと。ど真ん中とか通路側とか、そういう細かい希望は明日以降でないと対応してくれないらしい。ちえっ。しかも、初めて行くホールだから、客席の様子がまったくわからないし(時間がなくてリサーチできなかった)。結局、ホール断面図を参考に、あとはもう勘。
郵送の場合、指定の期限(予約から1週間)までに銀行振込。送料は普通郵便なら82円、簡易書留なら392円。

ってことで、一足先に発売になっていたフェスティバルホールと昨日の先行で購入したオーチャードホールを含む計5回、すべての手配を無事終了。マリインスキーの来日公演からコールプが外れちゃったから、夏は行けるだけ行くよ!

あとは、f-Squarのサイトで詳細続報となっている7月23日(木)と(いつの間にか消えてましたやっぱりやるようです)7月24日(金)か……ん? 30日(木)も増えてるぞ。やるならやるで、早く情報出してくださいまし。

◎本日の読書
 なし

|

2015年3月 5日 (木)

團菊祭とは言うものの

歌舞伎座 團菊祭五月大歌舞伎の公演情報が公開されました〜。
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/2015/05/post_87.html

演目と配役はこんな感じ。

平成27年5月2日(土)〜26日(火)

【昼の部】

一、摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)
  合邦庵室の場

            玉手御前   菊之助
             俊徳丸   梅 枝
             浅香姫   尾上右近
             奴入平   巳之助
            合邦道心   歌 六
            母おとく   東 蔵

通し狂言
二、天一坊大岡政談(てんいちぼうおおおかせいだん)
  序 幕 紀州平野村お三住居の場
      紀州加太の浦の場
  二幕目 美濃国長洞常楽院本堂の場
  三幕目 奉行屋敷内広書院の場
  四幕目 大岡邸奥の間の場
  大 詰 大岡役宅奥殿の場

           大岡越前守   菊五郎
            池田大助   松 緑
           山内伊賀亮   海老蔵
             天一坊   菊之助
           大岡妻小沢   時 蔵

【夜の部】

一、慶安太平記(けいあんたいへいき)
  丸橋忠弥

            丸橋忠弥   松 緑
           女房おせつ   梅 枝
           松平伊豆守   菊之助

二、歌舞伎十八番の内 蛇柳(じゃやなぎ)

 丹波の助太郎 実は 蛇柳の精魂
             金剛丸   海老蔵
            住僧定賢   松 緑

三、神明恵和合取組(かみのめぐみわごうのとりくみ)
  め組の喧嘩
  品川島崎楼より
  神明末社裏まで

           め組辰五郎   菊五郎
            女房お仲   時 蔵
         九竜山浪右衛門   又五郎
           柴井町藤松   菊之助
          江戸座喜太郎   彦三郎
           四ツ車大八   左團次
          焚出し喜三郎   梅 玉

團菊祭にしては音羽屋色が強い。ま、團十郎がいないンだから、致し方あるめぇ。
海老蔵が一昨年のABKAIで復活させた『蛇柳』が、早くも歌舞伎座に登場。彼が手掛けた新作や復活物の中では、あれは割とまともな方かと。

◎本日の読書
 なし

|

2015年3月 1日 (日)

牧阿佐美バレヱ団『眠れる森の美女』

2015年2月28日(土)〜3月1日(日) ゆうぽうとホール
http://ambt.jp/

[演出・振付]テリー・ウエストモーランド(マリウス・プティパ原振付による)
[音楽]ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
[脚本]マリウス・プティパ、イワン・フセボロージスキー(シャルル・ペローの原作より)
[美術]ロビン・フレーザー・ペイ
[指揮]デヴィッド・ガルフォース [管弦楽]東京ニューシティ管弦楽団

続きを読む "牧阿佐美バレヱ団『眠れる森の美女』"

|

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »