« ロシアバレエ トップダンサーたちによるバレエ・グラン・ガラ | トップページ | 情報収集 »

2015年7月26日 (日)

ロシアバレエ トップダンサー達によるグラン・ガラ

2015年7月26日(日) よこすか芸術劇場
http://fsquare-freedomstudio.co.jp/
http://www.yokosuka-arts.or.jp/

[芸術監督]アラ・ラゴダ [プロデューサー・演出]田北志のぶ

本日の公演から演目が一部変更となる。アラシュ&ヴォロチコフは『白鳥の湖』から『スパルタクス』へ、田北&コルプは『ロミオとジュリエット』から『シェヘラザード』へ。当初から決まっていたとは言え、コルプのロミオをもっともっと観たかったので、変えないで欲しかったわ。

さすがに4回目ともなると、そうそう書くこともないので、新しい演目(とコルプ)を中心に。

【第1部】

『カルメン組曲』抜粋
[音楽]ジョルジュ・ビゼー/ロジオン・シチェドリン編曲
[振付]アルベルト・アロンゾ

田北志のぶ、アレクサンドル・ザイツェフ、イーゴリ・コルプ

今日は3人の息がイマイチ合ってなかったような。ま、こちらの席の状況も影響していたかも。前の人の頭が少しだけ視界を遮るものだから、微妙にストレスを感じてしまって……。ちなみに、連れは背が高いので、大丈夫だったらしい。

コルプの無精髭は『シェヘラザード』仕様かしらん?

『バヤデルカ』第二幕より ガムザッティとソロルのグラン・パ・ド・ドゥ
[音楽]レオン・ミンクス [振付]マリウス・プティパ

オレーサ・シャイターノワ、ブルックリン・マック

シャイターノワのイタリアン・フェッテがそれはそれは美しく。

『DEUX』
[音楽]ジャック・ブレル [振付]クレール・ブリアン

エレーナ・エフセエワ、アンドレイ・エルマコフ

川口公演でエルマコフが踊ったソロのヴァージョンも哀切でよかったので、もう一度、観たいな。

『瀕死の白鳥』
[音楽]カミーユ・サン=サーンス [振付]ミハイル・フォーキン

田北志のぶ

今まで観た誰よりも静謐な『瀕死』かも。

『スパルタクス』より エギナとクラッススのパ・ド・ドゥ
[音楽]アラム・ハチャトリアン [振付]ユーリー・グリゴローヴィチ

マリア・アラシュ、アレクサンドル・ヴォロチコフ

一昨年のグラン・ガラ・コンサートは全幕の興奮が蘇るくらいの好演だったのに、今回はそれには遠く及ばず。
ヴォロチコフはほんっとに頑張っていたけど、最後は気の毒なくらいヘロヘロに。日本の夏の蒸し暑さには勝てなかったか?

【第2部】

『海賊』より メドーラとアリのグラン・パ・ド・ドゥ
[音楽]リッカルド・ドリゴ
[振付]ワフタング・チャブキアーニ、アレクサンドル・チェクルイギン

オレーサ・シャイターノワ、ブルックリン・マック

結構、手拍子が起こっていた。微妙にズレるのが気持ち悪いのよね。ま、でも、手拍子はマリインスキー劇場でもあったからな。

『愛の伝説』より メフメヌ・バヌーとフェルハドのパ・ド・ドゥ
[音楽]アリフ・メーリコフ [振付]ユーリー・グリゴローヴィチ

マリア・アラシュ、アレクサンドル・ヴォロチコフ

最後のリフトでアラシュを下ろす際、ヴォロチコフはかなり手間取っていた。いや〜、落とさなくてよかったよ。

『Notation I-Ⅳ』
[音楽]ピエール・ブーレーズ [振付]ウヴェ・ショルツ

アレクサンドル・ザイツェフ

連れはブーレーズの音楽がバレエに使われていることに思いっきり受けていた。

『シェヘラザード』より ゾベイダと金の奴隷のパ・ド・ドゥ
[音楽]リムスキー=コルサコフ [振付]ミハイル・フォーキン

田北志のぶ、イーゴリ・コルプ

マリインスキー劇場で観てきたばかりなのに加え(その時のキャストはオリガ・ベリクとエフゲニー・イワンチェンコ)、ますます狭量になっていることもあって、田北のゾベイダが受け入れ難く。身体が薄く、装飾品のせいで頭が大きく見え、それでいて腕だけは長く、とにかくアンバランス。あと、背中や腰のラインも物足りない。彼女の資質に合っていた『ロミオとジュリエット』のままでよかったのに〜。

コルプは驚くほど踊りが好調で、それだけが救いでございました。

『ドン・キホーテ』第三幕より キトリとバジルのグラン・パ・ド・ドゥ
[音楽]レオン・ミンクス [振付]マリウス・プティパ

エレーナ・エフセエワ、アンドレイ・エルマコフ

エルマコフの衣裳が黒から赤に変わっていた。これはこれで素敵。
エフセエワはグラン・フェッテの途中で落ちてしまい、彼女にしては珍しいな、と。今日が終わったら少し空くので、皆さん、ゆっくり休んでください。

【フィナーレ】

『花は咲く』

カーテンコールではスタンディングオベーションをする人も見受けられ、盛り上がったと言えなくもないけど、空席の多さは目を覆いたくなるほど。東京近郊での複数回開催には疑問が残る。

連れはいちいち衣裳に受けていた。ま、わからないでもないけど。

ってことで、終演後は急な坂道を駆けのぼって海を見てきました(わかる人だけわかってください)。

|

« ロシアバレエ トップダンサーたちによるバレエ・グラン・ガラ | トップページ | 情報収集 »

2015年鑑賞記録」カテゴリの記事

イーゴリ・コールプ」カテゴリの記事