« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月31日 (木)

今年一番の出来事

それはやはりマリインスキー劇場でイーゴリ・コールプを観たことですかね。近いうちにまたサンクトペテルブルクへ行けることを願いつつ……。

それでは、皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

◎本日の読書
 『暗闇の薔薇』クリスチアナ・ブランド

|

2015年12月30日 (水)

シルヴィ・ギエム ファイナル

2015年12月30日(水) 神奈川県民ホール
http://www.nbs.or.jp/

正直なことを言うと、シルヴィ・ギエムより東京バレエ団初演の『イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレヴェイテッド』がお目当てのワタクシ。ってことで、若干、アウェイな空気を感じながらの鑑賞。

続きを読む "シルヴィ・ギエム ファイナル"

|

2015年12月26日 (土)

50周年おめでとうございます!

本日のお仕事。

裏と表を行ったり来たり。7時間にも及ぶ長丁場なので、客席の出入りも至って自由。いや〜、楽しかった!

記念本も出てます。

◎本日の読書
 『暗闇の薔薇』クリスチアナ・ブランド

|

2015年12月23日 (水)

松竹創業百二十周年 十二月大歌舞伎 昼の部一幕目

2015年12月2日(水)〜26日(土) 歌舞伎座
http://www.kabuki-bito.jp/

七之助が歌舞伎座で八重垣姫を演るとなれば、やはり観ておかなくては。ってことで、朝一で幕見に並ぶ。10時頃について50番台。ま、そんなものでしょう。うっかり1列目に座ってしまい、若干、手すりが目障り。ちえっ。

続きを読む "松竹創業百二十周年 十二月大歌舞伎 昼の部一幕目"

|

2015年12月16日 (水)

ボリショイ・バレエ in シネマ『くるみ割り人形』

2015年12月16日(水) TOHOシネマズ 新宿
http://bolshoi-cinema.jp/

今年の年末は『くるみ割り人形』を観られそうもないので、ボリショイ・バレエ in シネマへ。チケットは今日の0時を待って映画館のサイトで購入。中央の席は前売の段階でほぼ売れてしまっていた模様。

続きを読む "ボリショイ・バレエ in シネマ『くるみ割り人形』"

|

2015年12月14日 (月)

今度はドロッセルマイヤー

マリインスキーの来年1月の予定をチェックしていたら、イーゴリ・コールプは7日と8日の『くるみ割り人形』(ミハイル・シェミャーキンが台本やら演出やら美術やら衣装やらを担当し、キリル・シーモノフが振付を担当した2001年初演の改訂版)でドロッセルマイヤーを踊るみたいです。
http://www.mariinsky.ru/company/ballet/principals/premery/kolb/

たぶんデビューかと。一体どこまで芸域を広げるつもりなんでしょうね、この人。いや、ま、こうしていつまでも踊り続けてくれることは嬉しいですよ。嬉しいですけど、もう本当に王子は踊らないのかしらん?

ちなみに、他のキャスト(マーシャ、王子、雪の女王)は、7日がエレーナ・エフセーエワ、アレクサンドル・セルゲーエフ、タチアナ・トカチェンコ、8日がオクサーナ・ボンダレワ、エルネスト・ラティポフ、アナスタシア・ペトゥシコーワです。

◎本日の読書
 『天国でまた会おう』ピエール・ルメートル

|

2015年12月12日 (土)

雀右衛門襲名披露の演目発表

来年三月の五代目中村雀右衛門襲名披露の演目が発表されてます〜。
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/play/436

【昼の部】

鎌倉三代記(かまくらさんだいき)
絹川村閑居の場

              時姫   芝雀改め雀右衛門
           佐々木高綱   吉右衛門
          三浦之助義村   菊五郎

※襲名演目以外については後日、発表になり次第掲載します。

【夜の部】

祇園祭礼信仰記(ぎおんさいれいしんこうき)
金閣寺

              雪姫   芝雀改め雀右衛門
            松永大膳   幸四郎
          狩野之介直信   梅 玉
            此下東吉   仁左衛門
            慶寿院尼   藤十郎

※襲名演目以外については後日、発表になり次第掲載します。

三姫(『本朝廿四孝』の八重垣姫、『金閣寺』の雪姫、『鎌倉三代記』の時姫)のうちの二姫をやるのか。できれば八重垣姫もお願いします!

ちなみに、料金は三等が据え置き、それ以外の席種は通常より1,000円UP。

◎本日の読書
 『天国でまた会おう』ピエール・ルメートル

|

2015年12月 8日 (火)

ストラヴィンスキー・トリプル・ビル

2015年12月8日(火)〜 9日(水) 草月ホール
http://stravinsky3.com/

久しぶりの草月ホール。小ぢんまりとした空間はいいンだけど、1階席は段差があまりなくて、前の人の頭が気になる気になる。う〜む、ダンスを観るにはストレスが大きいかも。無料配布のプログラム、作品データが詳細で親切だわ。

続きを読む "ストラヴィンスキー・トリプル・ビル"

|

2015年12月 7日 (月)

仁左さんの『情熱大陸』

見逃してしまったTBS『情熱大陸 歌舞伎俳優・片岡仁左衛門』が12月13日(日)22時45分までオンデマンドで観られることを発見!
http://www.mbs.jp/catchup/jounetsu/20151206.shtml

河内山を教わる海老蔵クンもちらりと出てきたり。30分じゃ物足りないよね〜。

◎本日の読書
 『天国でまた会おう』ピエール・ルメートル

|

2015年12月 5日 (土)

マリインスキー・バレエ日本公演ももうすぐ終わり

リンク: マリインスキー・バレエ団公演中 | ロシアNOW.

マリインスキー・バレエ団公演中
2015年12月4日 ナタリア・ススリナ

 マリインスキー劇場は3年ごとに日本公演を行っている。今年は日本のファンに初めて、「ジュエルズ」と「愛の伝説」を披露する。ロシアNOW記者は東京で、マリインスキー劇場バレエ団のユーリー・ファテエフ団長代行にインタビュー。ファテエフ氏は、日本への愛や、新たな才能、そしてロシア・バレエが海外で人気を博している理由などについて語った。

フェテーエフのインタビューを読んでいると、すっげーモヤモヤするンですけど。特にこのあたり。

我々はサッカーみたいに、高いギャラをもらっているスターを引き抜くようなことはしません。我々は、いわば「粘土の半製品」を集め、年月をかけてそれを捏ねて、スターを育て上げていくんです。これがマリインスキーの原則ですよ。

今のマリインスキーに育ってますかね、スター? 男性に限って言えば、ファテーエフが連れてきたダンサーを何としてもスターに育てようとしてるけど、結果は……としか思えないンですけど。ま、でも、芸術監督の意向に左右されるのは何処も同じだし。

ってことで、今回、『白鳥の湖』はパスいたしました。だって、私の王子(言わずと知れたイーゴリ・コールプでございます)がいないンだもの。

◎本日の読書
 『天国でまた会おう』ピエール・ルメートル

|

2015年12月 2日 (水)

マリインスキー・バレエ 2015年日本公演『ロミオとジュリエット』

2015年11月26日(木)〜12月6日(日) 東京文化会館 ほか
http://www.japanarts.co.jp/

[音楽]セルゲイ・プロコフィエフ [振付]レオニード・ラヴロフスキー
[原作]ウィリアム・シェイクスピア
[台本]レオニード・ラヴロフスキー、セルゲイ・プロコフィエフ、セルゲイ・ラドロフ、アンドリアン・ピョートロフスキー(ウィリアム・シェクスピア作の悲劇に基づく)
[舞台装置・衣装デザイン]ピョートル・ウィリアムス
[指揮]アレクセイ・レプニコフ [管弦楽]マリインスキー歌劇場管弦楽団

続きを読む "マリインスキー・バレエ 2015年日本公演『ロミオとジュリエット』"

|

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »