« ボリショイ・バレエ in シネマ『くるみ割り人形』 | トップページ | 50周年おめでとうございます! »

2015年12月23日 (水)

松竹創業百二十周年 十二月大歌舞伎 昼の部一幕目

2015年12月2日(水)〜26日(土) 歌舞伎座
http://www.kabuki-bito.jp/

七之助が歌舞伎座で八重垣姫を演るとなれば、やはり観ておかなくては。ってことで、朝一で幕見に並ぶ。10時頃について50番台。ま、そんなものでしょう。うっかり1列目に座ってしまい、若干、手すりが目障り。ちえっ。

『本朝廿四孝 十種香』

八重垣姫:中村七之助
武田勝頼:尾上松也
腰元濡衣:中村児太郎
白須賀六郎:坂東亀寿
原小文治:坂東亀三郎
長尾謙信:市川右近

花形による古典歌舞伎。皆、神妙に勤めているのには好感が持てる。中では、八重垣姫の七之助が一日の長か。姫らしい品格が備わっていたし、勝頼の絵姿を拝む後ろ姿や柱巻きの姿などはなかなかのもの。義太夫狂言らしい濃厚さに欠けるのは、年齢や経験を考えれば致し方ないかと。とりあえず、今後に期待。

濡衣は児太郎。二十歳そこそこの役者にこの役は早いわ〜。今のうちに教えておきたいという玉三郎の意向なのかしらん?
勝頼の松也は形が決まらず、ハラハラし通し。美しければいい、ってわけではないンだよね。

謙信の右近がさすがの貫禄。
白須賀六郎の亀寿、原小文治の亀三郎の登場で、ようやく歌舞伎を観た気になれた。

【関連記事】
歌舞伎座「十二月大歌舞伎」初日開幕|歌舞伎美人

|

« ボリショイ・バレエ in シネマ『くるみ割り人形』 | トップページ | 50周年おめでとうございます! »

2015年鑑賞記録」カテゴリの記事