« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月20日 (土)

リュドミラ・コワリョーワへのトリビュート公演

4月1日にマリインスキーで《Диана Вишнёва. Посвящение педагогу ディアナ・ヴィシニョーワ 恩師へ捧ぐ》と題する公演があります〜。
http://www.mariinsky.ru/playbill/playbill/2016/4/1/1_1930/

ディアナ・ヴィシニョーワによる恩師リュドミラ・コワリョーワ(日本語表記はコヴァレワ、コヴァリョーヴァなどいろいろあり)へのトリビュート公演らしい。

1部はコワリョーワの生徒たちによるディベルティスメント。出演はヴィシニョーワの他に、エカテリーナ・ボルチェンコ(ミハイロフスキー劇場バレエ)、ソフィア・グーメロワ、オルガ・エシナ(ウィーン国立バレエ)、アナスタシア・ルキナ、アリサ・ペトレンコ、オルガ・スミルノワ(ボリショイ・バレエ)、クリスティーナ・シャプラン、ズラータ・ヤリニチ、ティムール・アスケロフ、アンドレイ・エルマコフ、イーゴリ・コールプ、ダニーラ・コルスンツェフ、ウラジーミル・マラーホフ、アルチョム・オフチャレンコ(ボリショイ・バレエ)、アレクサンドル・セルゲーエフ。

2部はハンス・ファン・マーネン振付『LIVE』。出演はヴィシニョーワとコンスタンチン・ズヴェーレフ。
1部の詳細はそのうち発表されるかしらん?

海外公演の準備にレコーディングも重なって、ますます忙しくなってきた。ってことで、当分、舞台はお預け。無理すれば行けなくもないけど、無理する気になれない。ま、そんな時もあるさね。

【追記】※3月23日現在
1部に、ニカ・ツフヴィタリア(スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念 国立モスクワ音楽劇場バレエ)、Наиль Еникеев(ナイリ・エニケーエフ?)、エフゲニー・イワンチェンコ、ロマン・ラツィク(ウィーン国立バレエ)、デニス・ロヂキン(ボリショイシネマ・バレエ)が追加になった模様。

【さらに追記】※3月31日現在
1部に、ヴィタリー・アメリシコ、アレクサンドル・ベロボロドフ、ローマン・ベリャコフ、アレクセイ・チュチュンニックが追加になった模様。それと、ボリショイはロヂキンからオフチャレンコに戻ったみたい。
インターネット中継については、3月31日付の記事をご覧ください。

【さらに追記】※4月1日現在
1部に、ソフィア・イワノワ=スコブリコーワが追加になった模様。

◎本日の読書
 『ジャック・リッチーのびっくりパレード』ジャック・リッチー

|

2016年2月14日 (日)

新国立劇場 マンスリー・プロジェクト 2月

2016年2月14日(日) 新国立劇場 リハーサル室
http://www.nntt.jac.go.jp/

ワークショップ リーディングをやってみる?
講師:宮田慶子(演出)

人気のワークショップで、毎回、抽選で外れていたンだけど、今回ようやく当選した! 事前に送られてきた台本は、岸田國士作『命を弄ぶ男ふたり』と『葉桜』。どちらも二人芝居。旧仮名遣い(「歴史的仮名遣い」の方がいいのか?)で書かれているので、目を通すだけでも一苦労。

続きを読む "新国立劇場 マンスリー・プロジェクト 2月"

|

2016年2月13日 (土)

ТАНЦЫ О ЛЮБВИ

日本語にすると《愛のダンス》って感じですかね。明日のValentine's Dayに、Московский Государственный Театр Эстрады(モスクワ国家舞台劇場と訳しているのを見かけたけど、どうなんでしょう? 英語表記だとVariety Theatreになるらしい)で愛をテーマにしたガラ公演があるようです。
http://www.teatr-estrada.ru/index.php/component/content/article?id=134

プログラムはこちらのサイトが詳しい(出演者が↑と少し違いますね)。
http://www.danceoflove.info/

【第1部】

『シーソーゲーム 〜ブランコのふたり〜』
[振付]ラドゥ・パクリタル [音楽]ヨハン・セバスチャン・バッハ、チャベラ・バルガス

クリスティーナ・シャプラン、イーゴリ・コールプ

【第2部】

『ロミオとジュリエット』
[振付]レオニード・ラヴロフスキー [音楽]セルゲイ・プロコフィエフ

エフゲーニヤ・オブラスツォーワ、イーゴリ・コールプ

『オセロ』
[振付]ラル・リュボーヴィチ(でいいのか?) [音楽]エリオット・ゴールデンサール

スヴェトラーナ・イワーノワ、アレクサンドル・セルゲーエフ

『スパルタクス』
[振付]レオニード・ヤコブソン [音楽]アラム・ハチャトリアン

ヴィクトリア・テリョーシキナ、ユーリー・スメカロフ

『ロマンス』
[振付]ドミトリー・ブリャンツェフ [音楽]ゲオルギー・スヴィリードフ

クリスティーナ・シャプラン、イーゴリ・コールプ

『Keep Calm』
[振付]ウラジーミル・ワルナワ [音楽]ヨハン・シュトラウス、アントン・アレンスキー

ズラータ・ヤリニチ、マクシム・ジュージン

『別れ』
[振付]ユーリー・スメカロフ [音楽]ジョン・パウエル

エフゲーニヤ・オブラスツォーワ、ユーリー・スメカロフ

『ル・パルク』
[振付]アンジュラン・プレルジョカージュ [音楽]ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

ヴィクトリア・テリョーシキナ、アレクサンドル・セルゲーエフ

なかなか面白そうですね〜。シャプランはコールプにはデカ過ぎる気もするけど、今までちゃんと組んで踊ったこと、あったかしらん?

一応、Instagramもあります。
https://www.instagram.com/dance_of_love_2016/

◎本日の読書
 『ジャック・リッチーのびっくりパレード』ジャック・リッチー

|

2016年2月11日 (木)

東京文化会館のバックステージツアー

2016年2月9日(火) 東京文化会館 大ホール
http://www.t-bunka.jp/

一昨日は、行けなくなった友人の代わりに、東京文化会館のバックステージツアーに参加。仕事柄、あちこちのコンサートホールに行ってるけど、さすがに文化会館は縁がないし、噂に名高い舞台袖のサインも、ぜひ一度、見てみたかったし。

続きを読む "東京文化会館のバックステージツアー"

|

2016年2月 6日 (土)

牧阿佐美バレヱ団『白鳥の湖』

2016年2月6日(土)〜7日(日) 文京シビックホール 大ホール
http://www.ambt.jp/

[作曲]P・I・チャイコフスキー
[演出・振付]三谷恭三(マリウス・プティパ、レフ・イワノフ、テリー・ウエストモーランド版による)
[美術]ボブ・リングウッド
[指揮]アレクセイ・バクラン [管弦楽]東京オーケストラMIRAI

続きを読む "牧阿佐美バレヱ団『白鳥の湖』"

|

2016年2月 5日 (金)

先日のつづき

世間がパリ・オペラ座芸術監督の交代(ベンジャマン・ミルピエからオレリー・デュポンへ)で盛り上がっている中、相も変わらずマリインスキーの話題でいかせていただきます。

1月26日付の記事に書いたプリモルスキー劇場でのガラ公演について、VKに動画やら写真やらupされています〜。

『Дивертисмент короля』のゲネプロ動画に、主演のイーゴリ・コールプと振付のマキシム・ペトロフのインタビュー。ロシア語なので、内容まではわかりません。トホホ。
https://vk.com/wall-45601548_3744

ガラ公演の舞台写真。『白鳥の湖』のコール・ドはプリモルスキーのダンサーだそうな。ロットバルトもそうかな?
https://vk.com/wall-45601548_3746

以下、プログラムとキャストです。

『白鳥の湖』

オデット:アナスタシア・コレゴワ
ジークフリート王子:マクシム・ジュージン

『Глина』

マクシム・ジュージン
ワシーリー・トカチェンコ
アレクセイ・ネドヴィガ
タチヤナ・トカチェンコ
ズラータ・ヤリニチ
ヴィクトリア・ブリリョーワ

ダリウス・ミヨーの音楽を使用してウラジーミル・ワルナワが振り付けた作品で、初演は2015年の《Творческая мастерская молодых хореографов(若手振付家のためのクリエイティブなワークショップ)》だったかと。

『Дивертисмент Короля』

イーゴリ・コールプ
ソスラン・クラーエフ
ワシーリー・トカチェンコ
エフゲニー・コノヴァロフ
アレクサンドル・サヴェリエフ
デニス・ザイネトディノフ

初演のキャストと同じ……じゃなかった、ひとりだけ入れ替わってるわ(アンドレイ・ソロヴィヨフ→アレクサンドル・サヴェリエフ)。

それにしても、他のバレエ団はいろいろと動きがあるのに、マリインスキーは一向に変わらないのぉ。

◎本日の読書
 『キャロル』パトリシア・ハイスミス

|

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »