« 劇場から足が遠のく | トップページ | ようやく一段落 »

2016年6月17日 (金)

トランス=シベリア芸術祭 in Japan 2016 ザハーロワ&レーピン “パ・ド・ドゥ for Toes and Fingers”

2016年6月17日(金) サントリーホール
http://amati-tokyo.com/

サントリーホールは1階席の音響が最悪なので、今回は敢えてステージ横の席にしてみた。邪道かも知れないけど、普段とは違う風景が見えて、思いの外、面白かった〜。ロシア文化フェスティバルのオープニングということで、上演前にお偉方のご挨拶あり。

モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調 K.136より第1楽章

フェスティバル・アンサンブル(リーダー:南紫音)

「レーピンからのはじまりの挨拶のような1曲」だそうな。レーピンは入ってないけどな。
ステージ下手を上から見下ろす席だったので、下手側に位置する演奏者たちは半分くらい見えず。その代わり、音はなかなかよかった。

ちなみに、フェスティバル・アンサンブルの編成は4-4-3-2-1にハープでした。

『Distant Cries』
[振付]エドワード・リアン
[音楽]アルビノーニ:オーボエ協奏曲 ニ短調 作品9-2より第2楽章(ヴァイオリン独奏版)

スヴェトラーナ・ザハーロワ、ミハイル・ロブーヒン
ワディム・レーピン(ヴァイオリン)、フェスティバル・アンサンブル

コンテにおけるザハーロワのお相手と言えば、アンドレイ・メルクーリエフ。ンが、ロブーヒンも悪くなかった。そう言えば、ザハーロワもロブーヒンも(メルクーリエフも)マリインスキーからボリショイへの移籍組よね……と、思わず遠い目をするワタクシ。

メンデルスゾーン:ヴァイオリンと弦楽のための協奏曲 二短調より第2、3楽章

ワディム・レーピン、フェスティバル・アンサンブル

いよいよレーピン登場。なんつーか、肩の力が抜けた演奏で、とってもリラックスできた。

『Plus. Minus. Zero』
[振付]ウラジーミル・ヴァルナヴァ
[音楽]ペルト:フラトレス

スヴェトラーナ・ザハーロワ、ウラジーミル・ヴァルナヴァ
ワディム・レーピン、フェスティバル・アンサンブル

イーゴリ・コールプに作品を提供していたので、以前からヴァルナヴァの名前は知っていたのもの、実際に本人の踊りを観るのは初めて。いや〜、こんなに踊れる人だとは思ってもみなかったわ。身長はザハーロワとそれほど違わないのに、リフトもばっちり。お見逸れいたしました。

クライスラー:中国の太鼓

ワディム・レーピン、フェスティバル・アンサンブル

いやもう、緩急自在と申しましょうか。アンサンブルも含めて、実に、実に実に心地好い演奏でございました(ちと心地好過ぎる気がしないでもない)。

『Revelation』
[振付]平山素子
[音楽]ジョン・ウィリアムズ:『シンドラーのリスト』より ※録音音源を使用

スヴェトラーナ・ザハーロワ

音楽はほんっとにベタだけど、作品の完成度は高い。結局、一番印象に残ったのはこれだもの。

チャイコフスキー:レンスキーのアリア

ワディム・レーピン、フェスティバル・アンサンブル

出演者の希望により、新たに追加された曲。

モンティ:チャールダーシュ

ワディム・レーピン、フェスティバル・アンサンブル

今回はザハーロワの引き立て役に回っているレーピン。音色も美しいし、テクニックもあるンだけど、感銘を受けるほどではなかったり。う〜む。

『瀕死の白鳥』
[振付]ミハイル・フォーキン
[音楽]サン=サーンス:組曲『動物の謝肉祭』より「白鳥」

スヴェトラーナ・ザハーロワ
ワディム・レーピン、フェスティバル・アンサンブル

何とも大味な白鳥。いや、ま、確かに、昔から繊細なタイプではなかったけど、こういう踊りを目の当たりにすると、クラシックはもう難しいのかな、と。

ポンセ:エストリレータ(ハイフェッツ編)

ワディム・レーピン、フェスティバル・アンサンブル

えっと……よく覚えてないです。すみません。

『レ・リュタン』より(抜粋)
[振付]ヨハン・コボー
[音楽]バッジーニ:妖精の踊り 作品25

スヴェトラーナ・ザハーロワ、ドミトリー・ザグレビン、ミハイル・ロブーヒン
ワディム・レーピン、フェスティバル・アンサンブル

冒頭。日本語でギャグを言い合うロブーヒンとレーピン(結構、受けてましたよん)。そんな愉快なノリで始まる本作は、ダンサー(男性2人、女性1人)とヴァイオリニストがさながら掛け合い漫才でもしているような印象。自由な部分も多そうで、特に男性陣は、飛ぶわ回るわ、見せ場の連続。はあぁ、楽しかった!

カーテンコールでは、モンティ:チャールダーシュをバックにひとりずつ踊りを披露。最後は客席ほぼ全員スタンディングオベーション。コンパクトなプロダクションだし、この先、シリーズ化していただけないかしらん?

|

« 劇場から足が遠のく | トップページ | ようやく一段落 »

2016年鑑賞記録」カテゴリの記事