« 国立劇場開場五十周年記念 二月文楽公演 近松名作集 第三部 | トップページ | 赤坂文楽 #16 〜文楽の伝統を受け継ぐ 其の七〜 »

2017年2月13日 (月)

市川海老蔵ブログ100万人&六本木歌舞伎スペシャルイベント

2017年2月13日(月) EX シアター六本木
http://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/
https://thunderparty.jp/

「成田屋後援会」改め「成田屋倶楽部」の会員宛に案内が送られてきたので、何とはなしに申し込む。短いながらもなかなか面白い話が聞けたし、観劇の際に買い忘れたプログラムもgetできたし、とりあえずよしとしよう。

市川海老蔵×市川右團次 トークショー
市川新蔵による「歌舞伎講座」
おたのしみ抽選会

トークショーはMCがおらず、右團次さんが話題を振って、ゆるゆると進行。主な話題は、右團次襲名と六本木歌舞伎。

海老蔵クンが右團次さんに襲名の件を持ちかけたのが2008年。その後、海老蔵クンの結婚や澤瀉屋の四人同時襲名(二代目市川猿翁、四代目市川猿之助、九代目市川中車、五代目市川團子)を経て、昨年1月に本格始動し、今年1月の実現に漕ぎ着けたそうな。

海老蔵クンは歌舞伎の将来を見据え、門閥だけでは駄目、名前に相応しい役者なら継がせればいいし、相応しくなければ他の者に継がせればいい、とのお考え。そのためにもいい役者を育てないといけない、ってことで、着々と一門を増やしているご様子。最近、一座することが多い大谷廣松クンも一門に加わったそうな。

今回の『座頭市』は「愛だろ、愛」。何でも、勝新太郎氏と一緒に仕事をしていた人に挨拶に行った際、「大事なのは勝さんの姿形を真似することではなく、作品から他者への愛情や思いやりが感じられるかどうか」というようなことを言われたらしい。

トークショーの最後は撮影タイム。ンが、私のスマホではまともに撮れず。トホホ。

「歌舞伎講座」は三月大歌舞伎の『助六由縁江戸桜』の宣伝。見所は豪華な出演者と助六の出端だそうですよん。

おたのしみ抽選会の賞品は公演のチケットやらプログラムやら。お手伝い要員はお子たち(福太郎クン、福之助クン、福丸クン)。

最後にちょこっとだけQ&A。「好きな女性のタイプは? どんな女性になったら海老蔵さんと付き合えますか?」と質問して、海老蔵クンとイベント参加者をドン引きさせていた女子中学生は自称“女優”らしい。道理でね……。

|

« 国立劇場開場五十周年記念 二月文楽公演 近松名作集 第三部 | トップページ | 赤坂文楽 #16 〜文楽の伝統を受け継ぐ 其の七〜 »

2017年鑑賞記録」カテゴリの記事