« 市川海老蔵ブログ100万人&六本木歌舞伎スペシャルイベント | トップページ | 猫の日 »

2017年2月21日 (火)

赤坂文楽 #16 〜文楽の伝統を受け継ぐ 其の七〜

2017年2月21日(火) 赤坂区民センター 区民ホール
http://www.kissport.or.jp/

何でも、ここ最近、太夫も三味線も人形遣いもかつてない忙しさらしい。国立劇場の公演も2ヶ月続けて(1月の大阪と2月の東京)大入りが出たと話していたけど、今日も超満員。

【第一部】

人形浄瑠璃文楽 〜伝統を受け継ぐ〜

お話:桐竹勘十郎

約1時間のトーク。二部で上演される『本朝廿四孝』の八重垣姫のことや、芸歴50年の思い出話をあれやこれや。昼間はEテレ『にほんごであそぼ』のロケだったらしく、番組に出演している犬と河童と狸の人形も登場。人形遣いは人形の補修はもちろん、製作までするそうな。文楽劇場に眠っているたくさんのかしらを何とか生かしてあげたいと熱く語る姿が印象的だった。いや、ほんっとに人形が好きなんだな。

歌舞伎の『菅原伝授手習鑑 寺子屋』に子役で出演した際の失敗談を披露。その際、「姉も出てました」と話していたので、姉って? と思いググってみたら、女優の三林京子なのね。

【第二部】

『本朝廿四孝』より奥庭狐火の段

太夫:豊竹呂勢太夫
三味線:鶴澤藤蔵、鶴澤寛太郎
人形:桐竹勘十郎、吉田一輔、吉田簑紫郎、吉田簑太郎、桐竹勘次郎、桐竹勘介、吉田簑悠、桐竹勘昇
お囃子:望月太明蔵社中

「翼が欲しい、羽根が欲しい。飛んで行きたい、知らせたい」

歌舞伎の演目の中でも、もしかしたら一番好きかもしれない『本朝廿四孝』。文楽では初めて。三味線の寛太郎が琴も弾いていた。区民ホールなので、音響的に厳しいのは仕方ないかと。

諏訪法性の兜を手にした八重垣姫が、白狐の霊力によって諏訪湖を渡り勝頼のもとへ駆けつける姿の、何とダイナミックなこと! 赤姫姿から白地に狐火を散らした衣裳への早替わりや二匹の白狐と兜が宙を舞う(途中、左遣いが兜を担当し、その間、八重垣姫の左には足遣いがついていた)など、時間にすれば30分程度だったけど、見所満載。堪能した。と同時に、歌舞伎の方も観たくなった。

|

« 市川海老蔵ブログ100万人&六本木歌舞伎スペシャルイベント | トップページ | 猫の日 »

2017年鑑賞記録」カテゴリの記事