« シアターコクーン・オンレパートリー2017+キューブ20th,2017『陥没』 | トップページ | 国立劇場開場五十周年記念 二月文楽公演 近松名作集 第三部 »

2017年2月12日 (日)

国立劇場開場五十周年記念 二月文楽公演 近松名作集 第二部

2017年2月4日(土)〜20日(月) 国立劇場 小劇場
http://www.ntj.jac.go.jp/

昨年の文楽鑑賞教室に続いて2度目の『曾根崎心中』(どーでもいいけど、昨年の表記は「曽根崎」で今年の表記は「曾根崎」。そこに違いはあるのか?)。

『曾根崎心中』

生玉社前の段
    竹本文字久太夫
    竹澤宗助

天満屋の段
  切:豊竹咲太夫
    鶴澤燕三

天神森の段
お 初:竹本津駒太夫
徳兵衛:豊竹咲甫太夫
    豊竹芳穂太夫
    豊竹亘太夫
    鶴澤寛治
    鶴澤清志郎
    鶴澤寛太郎
    鶴澤清公

〈人形役割〉
手代徳兵衛:吉田玉男
丁稚長蔵:吉田蓑之
天満屋お初:桐竹勘十郎
油屋九平次:吉田玉輝
田舎客:吉田玉延
遊女:桐竹紋吉
遊女:吉田玉誉
天満屋亭主:吉田文哉
女中お玉:桐竹紋臣
町衆:大ぜい
見物客:大ぜい

◇登場するかしら
手代徳兵衛:源太
丁稚長蔵:丁稚
天満屋お初:ねむりの娘
油屋九平次:陀羅助
田舎客:端役
遊女:娘
遊女:娘
天満屋亭主:端役
女中お玉:お福

「この世の名残、夜も名残。死にに行く身をたとふれば」に始まる道行文、その完璧なまでの美しさに目眩いがする。ってゆうか、それしか記憶にない。介護疲れに寝不足(うちのイーゴリしゃんは毎朝5時に起こしにきます)も加わり、前半はほとんど意識が飛んでおりました。あー、勿体ない。

|

« シアターコクーン・オンレパートリー2017+キューブ20th,2017『陥没』 | トップページ | 国立劇場開場五十周年記念 二月文楽公演 近松名作集 第三部 »

2017年鑑賞記録」カテゴリの記事