« 俳優祭のチケット | トップページ | 中村恩恵×新国立劇場バレエ団『ベートーヴェン・ソナタ』 »

2017年3月18日 (土)

神奈川県民ホール・オペラ・シリーズ2017『魔笛』

2017年03月18日(土)〜19日(日) 神奈川県民ホール
http://www.kanagawa-kenminhall.com/

[作曲]ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
[台本]エマヌエル・シカネーダー
[指揮]川瀬賢太郎 [演出・装置・照明・衣裳]勅使川原三郎
[合唱]二期会合唱団 [管弦楽]神奈川フィルハーモニー管弦楽団

ザラストロ:大塚博章
夜の女王:安井陽子
タミーノ:鈴木准
パミーナ:嘉目真木子

パパゲーノ:宮本益光
パパゲーナ:醍醐園佳
侍女Ⅰ:北原瑠美
侍女Ⅱ:磯地美樹
侍女Ⅲ:石井藍
弁者&神官Ⅰ:小森輝彦
モノスタトス:青柳素晴
神官Ⅱ:升島唯博
武士Ⅰ:渡邉公威
武士Ⅱ:加藤宏隆
童子Ⅰ:安齋里江
童子Ⅱ:宮下あずみ
童子Ⅲ:櫻井日菜子

ダンス&ナレーション:佐東利穂子
ダンス:東京バレエ団

台詞をすべてカットし、佐東利穂子のナレーションで物語を進めていく。ジングシュピール(歌芝居)としての面白さは皆無。歌唱とダンスの相乗効果も、然程、感じられず。言ってみれば、初心者向けダイジェスト版といった趣。でも、制作サイドにそのつもりはなさそう。ま、私には勅使川原三郎の演出は合わなかった、ってことなんでしょう。

そんな中、パミーナの嘉目真木子に救われる。いや、聴き惚れました〜。
あと、歌手の中では、ある程度、演技を許されていた(?)パパゲーノの宮本益光もチャーミングでした。「演技を許されていた」と書いたのは、他の歌手は演技らしい演技を封じられていた(衣裳の制約もあったかと)、もしくは、演技の為所がなかった、ように見えたので。

「大小様々なサイズの金属のリングが浮遊」する舞台装置はシンプルで美しい。ンが、衣裳は微妙。オバQなモノスタトス、徳利な神官、ベイマックスな童子など、あれで歌い難くはないのかしらん?
あ、でも、「タミーノに愛されないなら、いっそ死んでしまおうと思いつめたパミーナ」の背後で手足をただバタバタさせるだけのベイマックスな童子たちは笑っちゃうほど可愛かった!

たぶん、歌手には歌に専念してもらい、本来なら台詞や演技で表現する部分をナレーションとダンスで補完していく、という演出意図なんだろうけど、作品からこぼれ落ちてしまったものも多かったような。
ってことで、終演後に連れとふらりと入った中華料理店で激旨の麻婆豆腐をつつきながら、また別のオペラを観てみよう、という話になったり。

そう言えば、県民ホールの3階最前列(舞台が近くて好きなのよ)、今日はやけに音が遠かったな……。

|

« 俳優祭のチケット | トップページ | 中村恩恵×新国立劇場バレエ団『ベートーヴェン・ソナタ』 »

2017年鑑賞記録」カテゴリの記事