« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月28日 (火)

日本俳優協会再建設立六十周年記念 第三十八回 俳優祭 夜の部

2017年3月28日(火) 歌舞伎座
http://www.actors.or.jp/event/haiyusai/

仕事があるので、最初はチケットを取るつもりなかったンだけど、試しにチャレンジした立見席があっさり取れて、模擬店の途中から参加。素踊好きなので、初っ端の『二つ巴』を観られなかったのは、返す返すも残念。

続きを読む "日本俳優協会再建設立六十周年記念 第三十八回 俳優祭 夜の部"

|

2017年3月19日 (日)

中村恩恵×新国立劇場バレエ団『ベートーヴェン・ソナタ』

2017年03月18日(土)〜19日(日) 新国立劇場 中劇場
http://www.nntt.jac.go.jp/

[演出・振付]中村恩恵
[音楽]ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
[音楽監修・編曲]野澤美香 [音響]内田誠 [照明]足立恒
[美術]瀬山葉子 [衣裳]山田いずみ [ヘアメイク]小林雅美

続きを読む "中村恩恵×新国立劇場バレエ団『ベートーヴェン・ソナタ』"

|

2017年3月18日 (土)

神奈川県民ホール・オペラ・シリーズ2017『魔笛』

2017年03月18日(土)〜19日(日) 神奈川県民ホール
http://www.kanagawa-kenminhall.com/

[作曲]ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
[台本]エマヌエル・シカネーダー
[指揮]川瀬賢太郎 [演出・装置・照明・衣裳]勅使川原三郎
[合唱]二期会合唱団 [管弦楽]神奈川フィルハーモニー管弦楽団

続きを読む "神奈川県民ホール・オペラ・シリーズ2017『魔笛』"

|

2017年3月15日 (水)

俳優祭のチケット

本日は俳優祭4階立見席の発売日。ダメ元でチャレンジしたら、あっさり取れたわ。と言っても、この日は仕事の状況が見えなくて、途中参加はほぼ確実。何とか模擬店に間に合うといいけど。

◎本日の読書
 『ルート66』キャロル・オコンネル

|

2017年3月12日 (日)

NODA・MAP 第21回公演『足跡姫 時代錯誤冬幽霊』

2017年1月18日(水)〜3月12日(日) 東京芸術劇場 プレイハウス
http://www.nodamap.com/

*スタッフ&キャストはこちらをご覧ください。

そう言えば、まだA席を試してなかったな……ってことで、千穐楽は敢えてのA席。2階のサブセンターで、思いの外、観やすかった。阿国/足跡姫が舞台に敷かれた紙の上に残す足跡までしっかり見えたし(1階席前方ではまったく見えなかった)。

続きを読む "NODA・MAP 第21回公演『足跡姫 時代錯誤冬幽霊』"

|

2017年3月 9日 (木)

The 3rd BALLET TRADITION

2017年3月9日(木) きゅりあん(品川区立総合区民会館)大ホール
http://www.shinobutakita.com/ballettradition/

[プロデューサー]田北志のぶ [芸術監督]アラ・ラーゴダ
[アドバイザー]薄井憲二

田北志のぶは2016年にキエフ・バレエ団を退団し、活動の拠点を日本に移していたのね。その前年には土井由希子と“Spring of Arts”を立ち上げ、年1回のペースでプロデュース公演を開催。3回目の今年は「スペシャル・ゲスト・ダンサーとして、マリインスキー劇場のプリンシパル・ダンサー、イーゴリ・コルプが出演!」。コルプ効果かどうかわからないけど、客席はそこそこ埋まっていたかな。

続きを読む "The 3rd BALLET TRADITION"

|

2017年3月 4日 (土)

三月大歌舞伎 夜の部

2017年3月3日(金)〜27日(月) 歌舞伎座
http://www.kabuki-bito.jp/

今年最初の歌舞伎座。最近はもっぱら三階席なんだけど、“出端”が命の『助六』で花道が見えなきゃ意味ないじゃん……ってことで、久しぶりの一階席だよ!(思わずエクスクラメーションマークをつけてしまうくらい久しぶり)

続きを読む "三月大歌舞伎 夜の部"

|

2017年3月 2日 (木)

取捨選択

週末介護に加え、虚弱体質気味の猫と暮らしている身としては、以前のように「あれもこれも」と観劇予定を入れるわけにはいかず、常に「あれかこれか」の取捨選択を迫られる。

今週末も、歌舞伎座の三月大歌舞伎にするか、牧阿佐美バレヱ団の『三銃士』にするか、散々、迷った挙げ句、偶然、良席の戻りを発見した歌舞伎座をポチッとな。ま、海老蔵の助六はともかく、雀右衛門の揚巻初役は見逃せないさね。牧は次回の『ドン・キホーテ』までお預けといたしましょう。ちなみに、パリ・オペラ座は早々に私の選択肢からは消えておりまする。

昨日は久しぶりに映画。神保町でルキーノ・ヴィスコンティ監督『家族の肖像』デジタル完全修復版。やっぱこの映画は岩波ホールで観ないと。

Piece_1

教授の部屋に並ぶ調度品や蔵書。壁を埋め尽くす家族団欒画のコレクション。登場人物が身にまとう華麗な衣装。改装された階上の部屋の鮮明な白。完全修復版だけあって、さすがに色彩が美しい。

バート・ランカスター、シルヴァーナ・マンガーノ、ヘルムート・バーガー、ドミニク・サンダ、クラウディア・カルディナーレといった名優たちが奏でる見事なアンサンブルにもうっとり〜。あぁ、もう、エンドレスで観ていたい。

若い頃は、野卑でありながら知性も感じさせるコンラッドしか目に入らなかったけど(演じるヘルムート・バーガーの美しさと言ったら!)、今回は、「ほんっとに乙女なんだからぁ」とバート・ランカスター演じる教授にニマニマしっ放し。

そうそう、ヘルムート・バーガーの衣装って、イブ・サンローランなのね。バギーパンツが可愛かった。あれ、脚が長いから似合うンだよな。写真を探してみたンだけど、適当なものが見つからなかった(↓だと、わかりづらいかも)。

Piece_2

それにしても、今月はちょっと予定を入れ過ぎてしまった。疲れで体調を崩さないといいけど。とりあえず、来月は大人しくしていよう。

◎本日の読書
 『クロニクル・アラウンド・ザ・クロック』津原泰水

|

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »